adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2016年にバーミンガムで行われたWBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ

カリッド・ヤファイvs.ルイス・コンセプシオンの一戦です!!

ゴンサレスに勝って欲しいのは山々やけど…カリッド・ヤファイvs.ローマン・ゴンサレス予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はコンセプシオン2度目の防衛戦になるはずだったもののウェイトオーバーでタイトル剥奪。フライ級とスーパーフライ級でタイトルを獲得しているパナマのハードパンチャーですね。

ヤファイはここまで無敗の元オリンピアン。打ってはすぐにサイドに流れるボクシングを得意としておりWBAインターコンチネンタルタイトルを獲得。止まらない脚とボリュームのある手数が武器ですな。

そしてこの試合はヤファイが開始からサイドに回ってパンチを打ち込むボクシングでコンセプシオンをリード。コンセプシオンは効果的なパンチを打ち込めないままポイントを失って10ラウンドにはダウン。ヤファイが完璧な試合運びで判定勝ちしました!

それではこの試合を振り返ります!

バック転決まってるなぁ…ルイス・コンセプシオンvs.ロベール・バレラ

試合経過

1ラウンド

ヤファイは開始からサイドに回って足を使って下がる。

コンセプシオンは前に出てきてジャブをついてくる。

しかしヤファイは間合いが詰まると左右フックを大きく返してジャブで顔を弾く。

コンセプシオンは間合いが詰まると右アッパーを繰り出す。

ヤファイはサイドに回ってコンセプシオンの前に立たないことを徹底。

2ラウンド

コンセプシオンは左アッパーからワンツーで襲いかかる。

ヤファイは落ち着いてクリンチしてジャブで顔を弾く。

さらに左フックをボディに刺して接近戦でも打ち返す。

ヤファイはワンツーを伸ばしてそのままクリンチとうまい。

コンセプシオンはガードを固めるもののやはり反応はあまり良くない。

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

3ラウンド

コンセプシオンは大きな左フックを振ってパワーはやはりある。

しかしヤファイはガードして左フックをカウンターする。

そして速いジャブを当ててコツコツ顔を弾くとコンセプシオンはホールディングをクレーム。

ヤファイはホールディングしてボディをねじ込む。

コンセプシオンはめちゃくちゃやりにくそうで腕を振り回すスペースをもらえない。

バーミンガムのサイドムーバー!カリッド・ヤファイ!

4ラウンド

コンセプシオンはイライラしながらオーバーハンドの右を出す。

ヤファイはホールドしながらボディをねじ込む。

そして動き出しにジャブを当てるがコンセプシオンも止まらず前に来る。

ヤファイは左ボディをねじ込んでコンセプシオンは右クロスをコネクト。

しかしヤファイは下がって右打ち下ろしをお返し。

5ラウンド

コンセプシオンはガンガン前に来て右を打ち込む。

ヤファイはジャブを返してガードをガッチリと固める。

コンセプシオンはガードの上からコンビネーションを当てて追いかけ回す。

ヤファイは左フックをリードで返してガードの外から当てる。

ヤファイはインサイドで右を返してパンチをスリップするのがうまい。

6ラウンド

コンセプシオンはジャブをついてアグレッシブにくる。

ヤファイは左フックを受けて左フックをすぐさま返す。

どうしても被弾するコンセプシオンはそれでもガードにパンチを当てる。

ヤファイは動き出しにジャブを当ててより見栄えの良いパンチを当てる。

そしてロープに肩で押し込むがコンセプシオンもスイングで抵抗。

思ったより良い試合ではなかったな…カル・ヤファイvs.ノルベルト・ヒメネス 試合後のコメントもあり!

7ラウンド

ヤファイは右オーバーハンドを伸ばしてジャブをつく。

そしてボディにジャブを伸ばしてそのままクリンチ。

前に出てきてコンセプシオンが来ると大きく下がる。

ヤファイはロープに押し込んでのボディを打ち込む。

コンセプシオンは押し合いで負けており下の階級から来たことが響いている。

8ラウンド

コンセプシオンはジャブからアッパーを返すが疲れている。

ヤファイはフットワークがめちゃくちゃ軽くスルスル下がる。

コンセプシオンは明らかにプレッシャーが弱くなる。

ヤファイは簡単にジャブで顔を弾いてスキルにはかなり差がある。

そして左右フックで前に押し込んでそのままホールディング。

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

9ラウンド

ヤファイは入り際に左ボディを合わせてこれはうまい。

そして打ち終わりに左フックを返して顔面を弾く。

さらにもみ合いでも左右ボディをねじ込んでポイントを荒稼ぎ。

コンセプシオンは明らかについていけず苦しい。

そして間合いを詰められると右ボディを打ち込んでまた下がってしまう。

河野さん意地を見せるも陥落…河野公平vs.ルイス・コンセプシオン

10ラウンド

ヤファイはジャブを飛ばして間合いをキープする。

コンセプシオンは前半よりもプレッシャーが完全に落ちる。

そして手数も減ってカウンターの一撃を狙っている。

そしてラウンド中盤左フックから右、左をフォローするとコンセプシオンは尻餅をつくダウン!

そこまでダメージはないもののポイントがコンセプシオンはめっちゃ苦しい。

11ラウンド

ヤファイはサイドに回ってとにかく安全運転をする。

コンセプシオンは間合いを詰めてきてパンチを叩きつける。

そして体が流れても大きなストレートを出してくる。

ヤファイはワンツーをカウンターで返してボディをねじ込む。

そして左ボディを打ち込んでコンビネーションを当ててクリンチ。

12ラウンド

ヤファイは左フックを放ってそのままクリンチ。

完全に安全運転に切り替えてきており打ち合いを避ける。

コンセプシオンは逆転を狙うが露骨にクリンチされる。

そして打ち終わりにはしっかりとパンチを返してパーフェクトなゲーム。

イライラしているコンセプシオンは振り回すものの届かない。

判定は120-108.117-110.119-108の3-0でヤファイ!

ちなみに僕は119-108でヤファイでした!

ヤファイさんのムーブは厄介やな…カル・ヤファイvs.村中優

所感

ヤファイパーフェクトや…

この時のヤファイを見てこれはかなり長期政権を築くだろうなと思いましたね。そしてその通りになってるからな。試合はつまらんけど。

ヤファイはとにかくリスクを避ける。コンセプシオンにはパンチを当てるスペースがいるしどうきてもパンチがオープン。ヤファイはそこをうまくついてきましたね。

コンセプシオンもよく頑張ってたけどやはり大振りですね。ウェイトオーバーしてた割にはよく動いてたけど一辺倒なオフェンスは苦しいところだな。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

メキシコのノンストップ男!ファン・フランシスコ・エストラーダ!!

adsense
おすすめの記事