adsense
adsense
pickup

WBO世界ウェルター級チャンピオンで無敗の3階級制覇チャンピオンのテレンス・クロフォードさん。今週末に元IBFチャンピオンのケル・ブルックとの試合を控えてますが、自分は試合を途中で投げ出したことはないけどブルックはそうではないと話しておりますな。

当て逃げボンバーやな( ̄ー ̄)テレンス・クロフォードvs.ケル・ブルック予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ブルックはこれまで2度負けており、ミドル級統一チャンピオンだったゲンナジー・ゴロフキンにはコーナーにやるタオル投入でストップ負け。エロール・スペンスには11ラウンドノックアウト負けを喫しておりますがこの時に目の骨を骨折。自分から手をついてダウンしてストップされていたため試合を投げ出したとよく言われておりますな。

"ブルックは自分が話していたことをリングの上で証明しないといけない。俺はリングの上で試合を投げ出すなんてことをしたことはない。ブルックには俺と同じことは言えないよね。"

ブルック"俺はあの試合で骨を折ったんだ。そして目が見えなくなってしまった。それはクロフォードの意見だよね。だったら彼が俺のことを棄権させられるのか見てようよ。俺はリングの上で死ぬ覚悟があるから彼が俺の心を折れるのか見てみようよ。みんなに言っておくけど俺はタフガイだよ。俺はこの試合に全てをかけてきた。ジョークなんかじゃない。シリアスなスポーツだからね。"

まぁ状況があるからね。

俺的現代のパウンドフォーパウンド テレンス・クロフォード

続いてスーパーウェルター級プロスペクトのチャールズ・コンウェルさん。ウェンディ・トゥーサントとの試合をアナウンスしておりますな。

スーパーウェルター級ではWBOのハイメ・ムンギアが王座を返上してここにはパトリック・テイシェイラが引き継ぎ。WBA.IBF王者のジェイソン・ロサリオ、WBC王者のジャーメル・チャーロ、WBAレギュラー王者のエリスランディ・ララらの王者勢の他にも元王者のジャレット・ハード、ジュリアン・ウィリアムス、トニー・ハリソンらがおりますな。

ちなみにスーパーウェルター級はかなりチャンピオンの交代が激しく、今いるチャンピオン達は誰も初防衛戦をクリアしてませんね。チャーロとララは2度目の王座のという意味ですが。ウィリアムスはハードに勝って戴冠したものの初防衛戦で地元のフィラデルフィアにてまさかのロサリオにノックアウト負けしてしまいましたからね。

"この試合はメディアとボクシングファン以外の注目も集められる試合だ。メディアにより取り上げられることで俺の名前もより広まる。それが俺のファイターとしての価値を高めてレガシーを高めてくれるよ。それによりビッグネームの奴らとの試合に近くなれるね。みんなコンウェルって誰だって言えなくなるからね。"

ほう。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

インサイドワークで決まるね…セバスチャン・ファンドラvs.ホルヘ・コタ予想

adsense
おすすめの記事