adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2020年ロンドンで行われたWBOフェザー級ヨーロピアン王座タイトルマッチ10回戦

王者レイ・ウッドvs.ジャザ・ディッケンズの一戦です!

面白い組み合わせかもよ…シュ・チャンVSレイ・ウッド予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はウッドの初防衛戦。前回の試合で無敗のデビッド・オリバー・ジョイスをノックアウトしたウッドは元コモンウェルスチャンピオン。スイッチヒッターで動き回ることができるアウトボクサーですな。

ディッケンズはリバプールのサウスポーでアウトボクサー。IBFヨーロピアンチャンピオンでありかつてスーパーバンタム級でギレルモ・リゴンドーに挑んだもののノックアウト負けを喫してますな。

そしてこの試合は開始からディッケンズがプレッシャーをかけてウッドがより重いパンチを当てて迎撃する展開に!どちらもふらついている凄い壮絶な試合となりましたがディッケンズがアグレッシブさで押し切って銀座判定勝ちとなりました!

それではこの試合を振り返ります!

教科書にはない動きで翻弄や…キッド・ガラハドvs.ジャザ・ディッケンズ予想

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

試合経過

1ラウンド

サウスポーのディッケンズはワンツーをボディへ。

そしてガードを固めて前に来て潜り込んでくる。

ウッドは間合いを取って前に来られるとクリンチ。

そして右ストレートをガードに当ててディッケンズもニヤリ。

ディッケンズは押し倒してきてこれはスリップ。

2ラウンド

ディッケンズはジリジリ出てきてワンツーを打ち込む。

そしてそのままホールドしてきて頭を当ててくる。

ウッドはワンツーからの右ボディをねじ込んでくる!

そしてワンツーをガードに当ててきて前にくる。

さらにアッパーからのフックをガードの上から打ち込む。

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

3ラウンド

ディッケンズは間合いを取って打ち終わりに左を伸ばす。

そしてホールドしてきてワンツーをボディに打ち込む。

ウッドはジャブをついてきてボディを打ち下ろしてくる。

ディッケンズはジャブに合わせてワンツーをヒット!

そしてフェイントをかけてきて動きのキレはある。

大国の期待を担うチャイニーズ・ファイター!シュ・チャン!

4ラウンド

ウッドは潜り込んできてボディを打ち込んでくる。

そしてアッパーを返してきて一撃のパンチはより重い。

ディッケンズはプレッシャーをかけてきてインサイドへくる。

そしてのしのし出てきてスペースを奪ってくる。

ディッケンズは右目が腫れているが構わず前にくる。

5ラウンド

ディッケンズは打ち終わりにジャブをついてくる。

ウッドはワンツーをガードの上から打ち込んでくる。

そして前に来られるとクリンチしてガードに右を打つ。

ディッケンズはガードを固めて前に出てジャブをついてくる。

ウッドはスイッチしてくるが回転力では劣っている。

6ラウンド

ウッドはボディを打ち込んできてパワーはより高い。

そしてジャブを飛ばしてきてすぐにサイドに回る。

しかしディッケンズは飛び込んでの左をヒット!

ディッケンズは左右フックを振り回して前にくる。

ウッドは下がって接近戦はかなり嫌がっている。

どこに行っても消化不良…ギレルモ・リゴンドーvs.ジャザ・ディッケンズ

7ラウンド

ディッケンズは押し込んできてなかなかフィジカルが強い。

そしてプレッシャーをかけてウッドもボディとフックを返す。

しかしディッケンズは左ストレートを振り回してくる。

そして左のショートを打ち込んできて前にくる。

ウッドは下がらされてしまい、押し負けてしまう。

8ラウンド

ウッドはスイッチしてきてディッケンズは振り回してくる。

そして突っ込んできて無理やりロープに押し込む。

ディッケンズは頭を振ってきてワンツーを打ち下ろす。

ウッドはフックを打ち返してボディを打ち込む!

ディッケンズは耐えて前に来てスペースを奪う。

ベテランと若手のせめぎ合い…レイ・ウッドvs.リース・モールド

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

9ラウンド

ウッドはジャブをボディに伸ばしてきて前にくる。

そしてガードをだらりと下げてきてワンツーを打ち込む。

ディッケンズはジリジリ前に来てボディに左を打ち込む。

そして左右ボディからの打ち下ろしでウッドはふらつく!

ディッケンズはコンビネーションを出してストップ寸前に追い込む。

10ラウンド

ディッケンズは前に出てきてフックを振り回す。

ウッドはワンツーを打ち込んできてホールドする。

そしてアッパーを打ち込んできてすぐに下がる。

ディッケンズは止まらず前に出てきてジャブを合わせる。

そしてロープに追い込んで手数で試合を締める。

判定は95-94.96-94.95-95の2-0でディッケンズ!

ちなみに僕は96-94でディッケンズでした!

長い間合いで打ち合いや・・・エマヌエル・ナバレッテvs.ジョエト・ゴンサレス予想

所感

物凄いやん…

すごい試合でしたね。どちらもふらついていたし、死力を出し尽くした試合だったと思います。とても良い試合を見させてもらったし拍手だな。

でも勝ったのはディッケンズで問題ない。プレッシャーをかけまくるスタイルでウッドを押し込むシーンが目立ったし、全体的に見たら勝ちでしたね。

ただ、そんなに差はないね。12ラウンドの試合だったらわからなかったし本当に良い組み合わせだった。世界タイトルマッチとかでステージ変えてみたいな。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

カタールの変則イズム!キッド・ガラハド!

adsense
おすすめの記事