adsense
adsense
pickup

ライト級コンテンダーで先日カリフォルニアにてハードパンチャーのジョン・フェルナンデスを痛烈なノックアウトで下してWBA指名挑戦者となったミシェル・リベラさん。WBO.WBA.WBC.IBFチャンピオンのテオフィモ・ロペスやWBC暫定チャンピオンのライアン・ガルシアとジョークではなくファイトできると話しておりますな。

顔面ダイブやん…ミシェル・リベラvs.ジョン・フェルナンデス

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

リベラはドミニカのコンテンダーでアメリカを主戦場としているハードパンチャー。フェルナンデスとの試合ではフェルナンデスのパワーの前に苦戦させられてしまったものの8ラウンドに痛烈な右のカウンターを決めて一撃でノックアウトしておりますな。

"ジョークではなくて俺ならガルシアやテオフィモとの試合をやれるよ。俺ならライト級のトップ5の誰とでもファイトできるとわかっているよ。俺はジムで生活してるしグレートになるために犠牲を払っている。そして俺にはグレートなチームがついているよ。俺は世界タイトルマッチをやりたいね。俺はモハメド・アリになぞらえてもらいたい。みんな俺がライト級で才能があることを見たよね。俺にはそのポジションに行くためのパワーとスキルがあるよ。"

リベラのタイミングはなかなか良いよね。

リベラはワイも楽しみや…ミシェル・リベラvs.アンソニー・メルカド

続いてスーパーウェルター級プロスペクトのジミー・ウィリアムスさん。ユーリ・フォアマンとの試合を控えており大きなチャンスだと話してますな。スーパーウェルター級ではWBOのハイメ・ムンギアが王座を返上してここにはブライアン・カスターノが君臨しています。WBA.IBF、WBC王者のジャーメル・チャーロ、WBAレギュラー王者のエリスランディ・ララらの王者勢の他にも元王者のジャレット・ハードらがおりますな。ちなみにスーパーウェルター級はかなりチャンピオンの交代が激しく、今いるチャンピオン達は誰も初防衛戦をクリアしてませんね。チャーロとララは2度目の王座のという意味ですが。ウィリアムスはハードに勝って戴冠したものの初防衛戦で地元のフィラデルフィアにてまさかのロサリオにノックアウト負けしてしまいましたからね。

"俺は刑務所に服役するところだったよ。だからセラピーとしてボクシングをやれて感謝してる。俺とユーリはニュージャージーのジムで共に育った。彼は世界チャンピオンになって彼のトレーナーに俺はニックネームをもらってるんだ。俺はジムに毎日きてるしボクシングに人生を救われてるんだ。"

なかなかやるやないかいな。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

大人の色気漂ういぶし銀…ウィンキー・ライト!

adsense
おすすめの記事