adsense
adsense
pickup

WBOのパコ・バルカセル会長がマウリシオ・スレイマンがアナウンスしたメイアンベルトなどの乱立のことをかなり嫌がっております。

フューリー vs.ワーリンとムンギアvs.アローテイに WBCメイアンベルトがかけられる模様…パーカーupdates!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

これは当然といえば当然でメイアンベルトがかけられることになるとアナウンスされたWBO世界スーパーウェルター級タイトルマッチのハイメ・ムンギアとパトリック・アローテイの試合はWBOのタイトルマッチに横から入ってきた形になりますからね笑笑。

"他の団体のどこかの話になるけどあいつらが作ってるパールやらシルバーやらダイヤモンドやらフランチャイズやらアステカやらメイアンやらのベルトは一体なんなんだ?コンテンダーのみんなはこんなベルトのことを気にかけてすらないよ。もうこんなことは十分だし今すぐにでもやめるべきだ。"

これは同意見とも言えるなぁ。ちょっとアホらしくなってきたしカジュアルなボクシングファンの皆様はこんなにベルトがあってかなり混乱してしまいますよね。WBAの暫定王者の乱立もひどいけど世界王者よりも格上のベルトを何本も作ってるのはよくわからんし勝ってもそのベルト奪えないとかそもそもボクシングのチャンピオンじゃねぇやんって言いたくなりますよね。ちょっと方向性が変わってきてるなぁ。

フロッチとネルソンがWBCのフランチャイズベルトを批判…updates!

続いてWBOヨーロピアンスーパーフェザー級王者のアーチー・シャープさん。9月27日に保持しているWBOヨーロピアンスーパーフェザー級タイトルをアイルランドのデクラン・ゲラフティと2度目の防衛戦を行うことをアナウンスしましたな。

シャープはウェリング出身で24歳。ここまで15戦全勝無敗で昨年の10月にリオン・ウッドストックを破ってこのタイトルを獲得。英国スーパーフェザー級王者のサム・ブラウンとの対戦が期待されております。

スーパーフェザー級はガーボンタ・デービス、ミゲール・ベルチェット、テビン・ファーマー、ジャメル・ヘリング、アンドリュー・カンシオが王者として君臨しておりかなり熱い階級の1つ。ロマチェンコも将来的には戻ってきそうですな。しかも元WBOフェザー級王者で無敗のオスカー・バルデスも参戦することになっておりこの階級はとても熱い階級になっておりますな。

"俺の最近の試合は前にくるやつばかりだったから彼がゲームプランに沿ってくれるといい試合になる。俺は自分のことを長い間合いのサウスポーと試したいんだ。このレベルの試合に勝ち続けるとこで俺は世界レベルにたどり着けることになるしね。"

スーパーフェザー級あたりになると一気にレベルが上がってくるからなぁ。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

メイウェザーさんお抱えのスーパーバッドなタンク!!ガーボンタ・デービス!!

adsense
おすすめの記事