adsense
adsense
pickup

先日WBO世界ライトヘビー級王者のセルゲイ・コバレフにロシアで勇敢に挑んで見せ場を作ったものの11ラウンドTKOで敗れているアンソニー・ヤルデさん。プロモーターのフランク・ウォーレンがヤルデのチームと真剣に話し合ったと明かしております。

どんだけハードなジャブやねん笑笑セルゲイ・コバレフvs.アンソニー・ヤルデ

ヤルデは8ラウンドにボディを効かせてストップ寸前まで追い込んだもののコバレフは11ラウンドにジャブのカウンターでヤルデを仕留めていましたな。

"俺たちはまず落ち着いて座って話をしないとならないね。あの負けで傷ついてるならそれは仕方のないことだ。俺はアンソニーに11月か12月に試合をして欲しいと思ってる。ヤルデは本調子ではなかったし最終的にはガス欠になってしまったね。でもヤルデはあのレベルで試合をできること証明した。そのことがあの試合で証明したことだよ。ワールドクラスのファイターとして名前を売ったんだ。ヤルデにはナチュラルな才能があることをみんなも分かったと思う。みんななんでヤルデがコバレフのようなやつとやる前にあと2試合待たなかったのか聞いてくるよ。でもコバレフは2ラウンドすごく危なかったよね。あの時がコバレフと対戦する正しい時だったんだ。他のチャンピオンはより若くてハングリーだからね。"

コバレフさん穴王者と思われてたのか。

ロシアのクラッシャー!セルゲイ・コバレフ!

続いてミドル級コンテンダーのドイツ人であるパトリック・ウォジシクさん。MTKグローバルとのプロモート契約を延長したことをアナウンスしております。
ウォジシクはIBFインターコンチネンタルタイトルを保持しておりここまで無敗の28歳。IBFランキングでは6位にランクインされておりゴロフキンとデレビヤンチェンコの勝者への試合を目論んでおりますな。
ちなみに今回の契約にはIBFインターナショナルライトヘビー級王者のレオン・バンさんもおりIBFミドル級ヨーロピアン王座を保持しているデニス・ラドバンさんもおりますので全員IBFのコンテンダーでドイツを拠点にしていますな。ドイツ人は確かにIBF王者が多い気がするな。セバスチャン・ズベックとかスベン・オットケとか。以下バンさんのコメントです。

"俺の契約の延長に関してはとても嬉しく思ってるよ。俺たちは今とてもハッピーだしこれまでの俺たちの契約に満足もしてる。今年俺は初めてのタイトルを獲得したしこれから先の数ヶ月と数年に俺の前に何が来るのかとても楽しみにしてる。俺のゴールは世界王者になることだよ。"

IBFのタイトルマッチは基本的に指名挑戦者なれたら世界王者に挑戦できる確率が一気に高くなるからな。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ゴロフキンさんデレビヤンチェンコをしばいてカネロとの3戦目に進む模様…ゲンナジー・ゴロフキンvs.セルゲイ・デレビヤンチェンコ予想

adsense
おすすめの記事