adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2016年オークランドで行われたライトヘビー級ノンタイトルマッチ

アンドレ・ウォードvs.スリバン・バレラの一戦です!!

微妙なボディやけどウォードの勝ちでいいかな…アンドレ・ウォードvs.セルゲイ・コバレフ2

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はウォードのライトヘビー級3戦目。セルゲイ・コバレフとの試合が期待されるウォードはアテネオリンピック金メダリストでここまで無敗。スーパーミドル級統一チャンピオンですな。

バレラはここまで無敗のキューバのコンテンダー。フロリダを拠点としているトップコンテンダーで元IBFスーパーミドル級チャンピオンのジェフ・レイシーをノックアウト。カロ・ムラトも下しておりますな。

そしてこの試合は開始からスピードとテクニックに勝るウォードが3ラウンドに入り際を狙った左フックでダウンを奪うスタート!そこからも的確なパンチで圧倒してローブローで減点されたものの大差判定でライトヘビー級デビューとなりました!

それではこの試合を振り返ります!

強いけどつまらないウォードさん…アンドレ・ウォードvs.アルツール・アブラハム

試合経過

1ラウンド

ウォードはジャブをついてきてサークリングする。

バレラは体格がデカくてフックをガードに当ててくる。

そしてジャブをつくがウォードはジャブをボディにお返し。

バレラはワンツーを出してきてウォードは体勢を入れ替えてワンツーをお返し。

さらに出てくるところにジャブを伸ばして間合いを取る。

2ラウンド

バレラは強引に出てきて左右フックを伸ばしてくる。

ウォードはワンツーを出してきてジャブをガードに当てる。

さらにジャブをボディに当ててスピードにかなり差がある!

ウォードは動き出しにジャブをコツコツ当てる。

そして前に来られるとクリンチしてボディをねじ込む。

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

3ラウンド

ウォードはじりじりと前に来てジャブをガードに当てる。

バレラはジャブを返すもののスピードについていけない。

それでも右ストレートを伸ばすが外されて組みついてのボディをもらう。

そして出てきたところに左フックを合わせるとバレラは尻餅をつくダウン!

バレラはタイミングで少しふらついており、ウォードも深追いはしない。

ロシアのクラッシャー!セルゲイ・コバレフ!

4ラウンド

バレラは開始から前に来て左右フックを振り回してくる。

ウォードはすぐにクリンチしてジャブをついてくる。

さらに出てくるところにジャブをコツンと当てる。

バレラは強引に出てきて被弾しても前に出てくる。

しかしウォードは動き出しにジャブを当てて出鼻をくじく。

5ラウンド

ウォードはジャブを相打ちのタイミングでより深く当てる。

そしていきなりの右を出してそのまま組み付く。

バレラは打ち終わりに右を返すが一段遅いタイミング。

ウォードはジャブをコツンと当てて綺麗に顔を弾いてくる。

バレラは組みついてくるがショートのフックも外される。

6ラウンド

バレラはジャブをつくがウォードは踏み込んでのワンツーをヒット!

さらにジャブをボディに当てて何発も当ててくる。

バレラはワンツーをボディに打つがウォードは左フックを返す。

さらにワンツーからのフックをガードに当ててくる。

バレラはガードの上にフックを当てるがほとんど当てられない。

これなかなかのジャバー対決やな…セルゲイ・コバレフvs.スリバン・バレラ予想

7ラウンド

ウォードは右フックを出てくるところに合わせる。

さらにジャブを出てくるところに合わせてくる。

バレラはワンツーを出して打ち込むがことごとく外される。

ウォードはカウンター狙いでロープに詰められてもすぐに下がる。

そしてワンツーを伸ばして左フックをロングで当てる。

8ラウンド

ウォードはジャブをついてきてボディへと伸ばす。

そして右アッパーを繰り出してだんだん大胆になる。

バレラは前に来るものの簡単にダッキングされてしまう。

それでも左右アッパーを返すがウォードは打ち終わりにジャブ!

さらに左ボディを打ち込むがこれはローブロー。

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

9ラウンド

バレラはワンツーを出して少しずつ強引に来る。

ウォードはジャブをボディについて組みついてくる。

バレラはさすがにイライラしてきて投げ飛ばそうとする。

バレラは打ち終わりに組み付くがクリーンにパンチを当てられない。

ウォードはダッキングして左ボディを差し込む。

ウォードさん骨折しながら楽勝…アンドレ・ウォードvs.カール・フロッチ

10ラウンド

ウォードはジャブをボディについてきて下がる。

そしてサイドに回ってワンツーを打ち込んでくる。

バレラは前に来るものの組みつかれてボディをねじ込まれる。

ウォードは組みついてきて肩で押し込んでくる。

そして下がってワンツーをガードに淡々た当ててくる。

11ラウンド

ウォードはワンツーをガードの上から打ち込む!

バレラは少しガードの隙間からもらっており、苦しい。

それでもワンツーを打ち返してきてなかなかタフ。

ウォードはジャブからワンツーを出して下がる。

そしてサイドに回り込んでアングルを常に変えてくる。

12ラウンド

ウォードは右スイングをガードに当てて下がる。

そして前に来られるとクリンチして絡めとる。

バレラは前に来てパンチを出すものの少し悲しくなるほど当たらない。

中盤にはウォードは踏み込んでのワンツーをヒット。

バレラもジャブを返したがウォードは絡めとってゴングが鳴る。

判定は119-109.117-108.117-109の3-0でウォード!

ちなみに僕は119-108でウォードでした!

ライトヘビー級屈指のスピードジャブ…ドミトリー・ビボルvs.スリバン・バレラ

所感

安定やな…

ウォードの強さはブレないところ。試合が面白いかと言われたら全くもってそんなことはない。眠たくなるほど退屈なんだけど負けないボクシングですね。

バレラはチャレンジャー気質でよく頑張ってなとは思う。ただこのクラスになるとパワーのない相手ってほとんどいなくて、3ラウンドのダウンも同じこと。

この後ウォードはコバレフを下して引退。バレラはアラフォーになり、負けが混んできたもののまだ世界を狙える位置に入るエリートですね。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

金メダリストにしてボクシングの神の子 アンドレ・ウォード

adsense
おすすめの記事