adsense
adsense
pickup

WBC世界ヘビー級チャンピオンのデオンテイ・ワイルダーさん。ライバルのアンソニー・ジョシュアはサウジアラビアでのアンディ・ルイスとのリマッチを控えてますがここでまた負けてしまったとしても対戦したいと話しております。

ジョシュアさん必ず勝たなければならない試合へ…アンディ・ルイスvs.アンソニー・ジョシュア2予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

2人は戦わざるライバルとして数年間対抗王者になってましたが今年の6月にジョシュアがまさかのニューヨークにて陥落。それでもワイルダーはジョシュアとの対戦をしたいようでベルトがあろうがなかろうがあまり関係はないようですね。

"間違いないね。ジョシュアが俺の階級にいる限りは俺はこれと試合をしたい。でももしもジョシュアが試合をするたびに負けるようなことがあれば、そんなレベルの選手になってしまうなら俺との対戦は実現しないだろうな。でも今ならばまだ試合をする可能性はあるよ。もしもルイスにジョシュアがまた負けたとしてもまだ可能性はある。もしまた負けたとしてもまだ俺はジョシュアと対戦したい。でもその後はもうこれは負けられないし落ち目も見せられない。でもどうなるか見てみるのはとても楽しみだよね。彼はこの試合に勝たなければならないから致命的な試合になる。もし勝てなくても彼のキャリアが終わるわけではないと思うけどかなり長いカムバックの旅路になる。そうだったとしても俺はまだ彼と対戦したいよ。"

そうやな。この2人の対戦はもはや義務やからな。

めっちゃ楽しみなのは俺だけかな?デオンテイ・ワイルダーvs.ルイス・オルティス2予想

続いてオーストラリアのライトフライ級として有名なマイケル・カプランさん。WBAランキングで15位内に入っておりオーストラリアではとても珍しいライトフライ級ですが10月4日に試合をするそうです。

ライトフライ級は意外とチャンピオン達が揃っておりWBC王者の拳四朗はすでに6度の防衛に成功している階級で実績抜群のチャンピオン。WBAスーパー王者の京口紘人は元IBFミニマム級チャンピオンの無敗の2階級制覇王者。ヘッキー・ブドラーをマカオで下してタイトルを獲得していますな。

WBOにはアンヘル・アコスタをストップしたエルウィン・ソトがニューフェイスで君臨しておりIBF王者にはロードウォーリアーとしてかつて井岡一翔を苦戦させたフェリックス・アフバラードが君臨しております。

"2019年はファンタスティックな年だし俺のチームとマネージャーにランキングを上げるような試合を組んでくれてありがとうと伝えたいね。世界ランキングまで連れてきてくれてとても感謝してるよ。世界ランキングに入ることは夢だったんだ。俺はスキルを磨いてより世界ランキングをあげたいな。どこまでいけるのか見てみたいしね。"

ライトフライ級ってあんまり苦労せずに世界ランキング入れそうやでな。

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

世界を席巻するスーパーモンスター!井上尚弥!

adsense
おすすめの記事