adsense
adsense
pickup

元2階級制覇チャンピオンで現役時代にはミドル級で無敵を誇っていたセルヒオ・マルティネスさん。45歳にしてカムバック戦をノックアウトで制して5年ぶりにカムバック。4月にカムバックしたいそうで年末までにWBAミドル級レギュラーチャンピオンの村田諒太に挑みたいようですな。

哀しみのマルティネス。膝がダメだったな…セルヒオ・マルティネスvs.ミゲール・コット

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

マルティネスはアルゼンチン人であるものの無敗だった時にラスベガスで後にウェルター級統一チャンピオンとなるアントニオ・マルガリートにノックアウトされてからコミッションのサポートを得られなくなり、スペインに拠点を移した苦労人。

かなり長い時間をかけて立て直してくるとWBOスーパーウェルター級王座とWBC王座を獲得。アメリカでもポール・ウィリアムスに一度負けたもののケリー・パブリックを下してミドル級タイトル獲得。ウィリアムスにはノックアウト・オブ・ザ・イヤーとなるノックアウトでリベンジしてますな。

ミドル級としてトップに位置していたマルティネスは膝の状態がかなり悪かったもののフリオ・セサール・チャベス・ジュニアに初黒星を与えるなどビッグファイトで活躍。しかし以後は精彩を欠いてプエルトリコ人のライバルでかなり突っかかっていたミゲール・コットの前に10ラウンド棄権TKO負けを喫して現役を引退。スペインでプロモーターをやってましたな。

ウィリアムスさんワンバウンド…セルヒオ・マルティネスvs.ポール・ウィリアムス

"俺たちはチームで話し合ってるけど4月にまた試合をやりそうだね。俺に選ばせてくれるなら後2試合やりたい。それからタイトルマッチにジャンプアップしたいね。俺はもう20歳ではないし永遠にこのスポーツはできない。2試合の決定的な試合が欲しいね。今30勝2敗の相手を狙ってるところだよ。今は良いフィジカルのコンディションだと思うから今いい試合をやらないといけない。俺はまた世界チャンピオンになりたいしそのためにカムバックしてきた。俺は6年間リングを離れていたけどパンチをもらわずにまた返り咲けると思ってる。それはクレイジーだけどね。チャンピオンになるために何が必要なのかは分かっているよ。俺はそのことならすでに乗り越えてきている。俺はあそこに至るまで多くのチャレンジをしてきてるんだ。俺はどんな試合でもクリーンに勝ってきたつもりだ。45歳にしては前例のないようなチャレンジだね。"

村田とは馬力が違うね。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

メキシコが生んだ鉄のアゴ…アントニオ・マルガリート

adsense
おすすめの記事