adsense
adsense
pickup

数週間前にアレクサンドル・フローレスをロサンゼルスにてアクシデント的なノックアウトで45秒でノックアウトしたルイス・オルティスさん。フローレスはボディへのジャブでクリンチした際に足を負傷したようでそのままダウンしてストップとなりましたがこの試合は八百長と判断されてフローレスは80万円の罰金となりましたな。

残念無念…ルイス・オルティスvs.アレクサンデル・フローレス

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

前回対戦したワイルダーはヘビー級史上でも最強とされるノックアウトパンチャー。おそらくボクシング界においてもワンパンチで相手を沈めるという意味では最も優れたパワーがあるとされています。彼の場合はパワーがあり過ぎて自分の拳をケガすることも多いのですが、そのパワーは何よりも魅力的ですよね。

多くの方に言われている通り、この人はディフェンススキルはほとんどなく、パンチを受けることも多いですがそもそもこの人の危険なパンチを警戒して強く踏み込めないことと、なんだかんだでいつもノックアウトで勝ってきていることから確かに誰にも文句を言われる筋合いはないですよね。唯一ノックアウトできなかったタイソン・フューリーとのリマッチが2月に行われて敗れています。

しかしそれまでワイルダーは最近かなり乗っており、指名挑戦者のドミニク・ブラジールも初回でノックアウトしてしまいましたし、オルティスとの試合にも強烈な印象で勝ってるのでかなり期待できますよね!

ヘビー級で暴れるキングコング!ルイス・オルティス!

続いてクルーザー級プロスペクトのステファン・アデンタンさん。フランク・ウォーレンと契約したことをアナウンスしておりますな。

クルーザー級は昨年大きな動きがありWBAスーパー王者として長年の間チャンピオンとして活躍してきたデニス・レベデフが39歳でチャンピオンのまま引退したのに復帰して負けてまた引退4団体統一王者だったオレクサンデル・ウシクがヘビー級に上げたためタイトルは空位となりIBFWBSSトーナメントの決勝でユニエル・ドルティコスを下したブリエディスが戴冠。WBOは同じくトーナメントの準決勝でクリシュトフ・グロワッキをKOしたマイリス・ブリエディスが獲得したもののダイレクトリマッチがオーダー。しかしブリエディスはこれをすっぽかしてドルティコスとの試合を選択してWBOタイトルはローレンス・オコリーとグロワッキの間で争われそうかな。

"ボクシングのプランがなくなって少し憂鬱になったよ。スタントマンの役とかをやっていろんなことにチャレンジしていたね。でも俺はまた人の顔面にパンチを打ち込みたいと思ったんだ。だから俺はトレーニングに戻らないといけないと思った。そしてハングリーさが戻って俺のやる気が戻ったんだ。"

なかなかやるやん。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

グロワッキはリスキーやな…ローレンス・オコリーvs.クリシュトフ・グロワッキ予想

adsense
おすすめの記事