adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です

今日は2020年10月17日にラスベガスで行われたスーパーライト級ノンタイトルマッチ10回戦

ホスエ・バルガスvs.ケンド・カスタネダの一戦です!

ソース画像を表示

なかなか楽しみなアウトボクサー…ホスエ・バルガスvs.サルバドル・ブリセノ

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

バルガスはプエルトリコのコンテンダーでニューヨークを拠点としている期待の若手。かつて4回戦時代に反則負けを喫しているもののそれ以外に負けたことはないですな。IBF北アメリカタイトルを持っております。

カスタネダはサンアントニオのコンテンダー。前回の試合でコンテンダーのホセ・セペダとの試合に判定負けで黒星で2連敗となってますな。元NABFチャンピオンでもあり、大きなチャンスとなります。

そしてこの試合はバルガスが開始から動きとシャープさでカスタネダを圧倒!2ラウンドにはカウンターでダウンさせておりそのまま危なげなくアウトボクシングして大差判定勝ちを飾りました!

それではこの試合を振り返ります!

切り替えが大事やな…アーノルド・バルボサvs.アレックス・サウセド

試合経過

1ラウンド

サウスポーのバルガスはサイドへとするする回る。

カスタネダはガードを固めて前に来て間合いを詰める。

しかしバルガスの動きはなかなか速くて捉えられない。

バルガスはワンツーを打ち込んでそのままサイドへ。

そしてワンツーからのアッパーをガードに当てる。

2ラウンド

バルガスは右ボディを打ち込んでパンチはそんなに重くない。

しかしなかなかシャープで正面に立たないように徹底。

そして入り際に左ショートを当てるとカスタネダはダウン!

フラッシュダウンのようだがメンタル的には厳しい。

バルガスは深追いせず、左ボディを打ち込んですぐに下がる。

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

3ラウンド

バルガスはワンツーをガードの上に当てて前にくる。

カスタネダは右ストレートを打ち込んでなかなか伸びる。

そしてプレッシャーをかけて追いかけてくる。

カスタネダはワンツーを打ち込んで前に出てくる。

バルガスはボディにジャブを当てて顔面にもフックを返す。

長いリーチのE・バニー!ロバート・イースター・ジュニア!

4ラウンド

バルガスはジャブをついてきてサイドへと回る。

そしてするするとサイドに回ってボディを打ち込む。

カスタネダはワンツーを打ち込んで前に出てくる。

しかしバルガスはインサイドでボディを当ててすぐに下がる!

バルガスは間合いができると顔面への左を刺してくる。

5ラウンド

バルガスは左フックをリードに使ってボディにパンチを当てる。

そして左右アッパーを返してジャブをコツコツついてくる。

バルガスは左右ボディを打ち込んでなかなかうまい。

さらに出てくるところにガードの外からのフックを合わせる。

カスタネダもよく耐えているがほとんど当てれない。

6ラウンド

バルガスは下がってロープを背負うとクリンチ。

カスタネダは前に出てくるとショートのフックを打つ。

そしてサウスポーにスイッチしてきて前に出てくる。

カスタネダはこのラウンドは前によく出てパンチを打ち込む!

しかしバルガスも体勢を入れ替えてのワンツーを返す。

パペットマスター再生…ルイス・リッツォンvs.ミゲール・バスケス

7ラウンド

バルガスは下がってジャブを動き出しにコネクト。

さらにワンツーからのフックを出して手数も多い。

カスタネダは口から血を出しており、なかなか苦しい。

バルガスは前に出てきてカスタネダはダメージを隠せない。

さらにワンツーを打ち込んでペースを渡さない。

8ラウンド

バルガスは出てくるところに左アッパーを合わせる。

さらにアングルを変えてジャブを打ち込んでくる。

カスタネダはよく前にくるもののクリンチされる。

そしてワンツーからのアッパーを返してくるが当たらない。

バルガスは左右ボディをコネクトしてとてもクリーン!

口先だけではなかったな…ジョシュ・テイラーvs.アピヌン・クウォンサン

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

9ラウンド

バルガスはワンツーを出してきてパンチが来ると外す。

そしてジャブからの左を伸ばしてパンチがスムーズ。

カスタネダはスタミナもキツそうで口が空いてきた。

バルガスは左ストレートを狙ってじりじり前にくる。

そしてガードの上にワンツーを当てて力を込めてくる。

10ラウンド

カスタネダはワンツーを打ち返すもののなかなか苦しい。

バルガスは右をガードしてフックをすぐに打ち返す。

さらに左右ボディを打ち込んで常にサイドへと回る。

バルガスは下がって淡々とパンチを合わせてくる。

カスタネダはワンツーを打ち込んできて肩に当てるがクリーンなパンチは当てられない。

判定は98-91.99-90.100-89の3-0でバルガス!

ちなみに僕は99-90でバルガスでした!

近藤さん大差の惜敗…セルゲイ・リピネッツvs.近藤明宏

所感

好きやでバルガス…

バルガスのようなリスクを犯さない試合をするサウスポーは好きですね。でも意外と顔面は腫れやすいようで試合の後の目がかなり腫れていたな。

カスタネダはかなりタフなんだけどオフェンス一辺倒でディフェンスがダメだったな。前にくるたびクリーンなパンチを当てられてたらとてもじゃないけど勝てないわ。

しかしスーパーライト級は層が厚いな。バルガスは今から世界って感じではないけどとてもセンスがあるしまだ若い。多くのコンテンダーと試合をしてスキルを磨いて欲しい。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

グラスゴーが誇るリックスター!リッキー・バーンズ!

adsense
おすすめの記事