adsense
adsense
pickup

元ヘビー級チャンピオンでボクシング界のレジェンドであるマイク・タイソンさん。WBC世界ヘビー級チャンピオンのデオンテイ・ワイルダーがタイソンに勝てると話しておりましたがこの発言に反応しております。

別人タイソンそれでも圧殺…マイク・タイソンvs.フランク・ブルーノ1

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

タイソンは1980年代に現れたヘビー級スター。性格的に難ありで栄光は長く続かなかったものの全盛期の強さは今でもヘビー級ナンバーワンではないかとする声もあるほどのハードパンチャーですな。まずはワイルダーの発言。

"俺と1986年のタイソンとの試合なら俺が奴を引っ叩くことになるな。俺は本気で言ってるんだぜ?みんなが古いやつのボクシングを見てから新しい時代のボクシングを見ることは知ってる。でも俺はどの時代でもナンバーワンなんだ。"

そしてタイソンさん。

"ワイルダーが若い時の俺に勝てると話してるのは聞いたばかりだ。俺の意見を言うとリングに上がるまで話してるのは構わない。ワイルダーのことは好きだけど全てのパンチであいつの骨を砕くつもりのようなやつとはやったことがないよね。俺はまだそれを見たことがないよ。試合をやったらどうなるかはわからないな。彼がそう話してくれてる事実は嬉しいよ。だって俺だって彼ならそう思うからね。彼は世界ヘビー級チャンピオンなんだからそう思うのは当たり前だ。それはとてもスペシャルなことだからね。"

タイソン丸くなったなぁ…

ワイルダーの指名挑戦者は初回でやられる法則あり…デオンテイ・ワイルダーvs.ドミニク・ブラジール 試合後のコメントもあり!

続いてスーパーライト級プロスペクトのオマール・フアレスさん。2月1日のヨルデニス・ウガスのアンダーカードでアンヘル・エルナンデスとの試合をやりますがこの試合で印象に残りたいと話しておりますな。

スーパーライト級はWBO.WBC統一王者にホセ・ラミレスが君臨しておりIBF王者のジョシュ・テイラーとWBA王者のレジス・プログレイスの2人は1026日のWBSSトーナメントの決勝で激突してテイラーが僅差判定勝ちで王座統一。この3人は全員無敗でWBAレギュラー王座決定戦にはマリオ・バリオスとバトイー・アクメドフの試合が928日に決まっておりバリオスが何とか判定勝ち。ダイレクトリマッチとなっておりなかなかに熱い階級になっておりますな。ちなみにラミレスさんはWBC指名挑戦者で元王者のビクトール・ポストルと対戦しそうな雰囲気でその後にWBO指名挑戦者のジャック・カタオールが控えてる感じですね。

"俺はいつものようにホームでトレーニングキャンプを始めた。でもそれから最後の数週間はサンアントニオに向かったね。俺はグレートな世界チャンピオンや俺が認めてるファイターとスパーリングをすることができた。とても良いキャンプになったよ。"

サンアントニオかぁ。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

カリフォルニアの左フッカー!ホセ・ラミレス!

adsense
おすすめの記事