adsense
adsense
pickup

WBC世界ミドル級チャンピオンのジャーモルのチャーロさん。12月にデニス・ホーガンとの試合を控えておりますがもちろんカネロやゴロフキンと試合をしたいと話しておりますな。

体格差が気になるなぁ・・・ジャーモル・チャーロvs.デニス・ホーガン予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

"もちろんカネロと対戦したいよ。もちろんゴロフキンとも対戦したい。もちろんトップファイターのダニエル・ジェイコブスとも対戦したい。ジェイコブスはどちらにも負けてるけどとてもいい試合をしていたよね。つまり俺は他のチャンピオンとやりたいしそのためにジェイコブスとやれるなら本望だ。ジェイコブスに勝った後なら俺にも声がかかることになると思うしね。俺の究極のゴールは正直にいうと試合をすることでよりアクティブでいることだな。実は2020年には3回試合をやりたいと思ってるんだ。だってみんな俺が誰とも試合をしてないとか言ってくるしそのことをこのスローなペースで試合をしてたらまた言われちゃうからね。対戦相手を選んでるとか言われるけどそれは俺のすることではない。対戦相手を俺は選んでないし、俺はプロモート会社を自分でやってるけど対戦相手が俺との試合を受けるかどうかのコントロールなんかしてないからね。"

チャーロさんは避けられてると思うけどミドル級はみんなそうなのかもな。

ヒューストンの剛腕ヒットマン…ジャーモル・チャーロ!!

続いてスーパーライト級コンテンダーで無敗のケンド・カスタネダさん。10月26日のラスベガスのレノにてスタン・マーティノウクと対戦することをアナウンス。この試合はシャクール・スティーブンソンとジョエト・ゴンサレスの試合のアンダーですね。

スーパーライト級はWBO.WBC統一王者にホセ・ラミレスが君臨しておりIBF王者のジョシュ・テイラーとWBA王者のレジス・プログレイスの2人は10月26日のWBSSトーナメントの決勝で激突。この3人は全員無敗でWBAレギュラー王座決定戦にはマリオ・バリオスとバトイー・アクメドフの試合が9月28日に決まっておりなかなかに熱い階級になっておりますな。ちなみにラミレスさんはWBC指名挑戦者で元王者のビクトール・ポストルと対戦しそうな雰囲気でその後にWBO指名挑戦者のジャック・カタオールが控えてる感じですね。以下はプロモーターのロイ・ジョーンズ・ジュニアのコメントです。

"カスタネダとマーティノウクの試合はUFCのファイトパスになるしボクシングが必要としている試合だ。あの2人はグレートな選手たちに喧嘩を売ることを恐れない選手なんだ。この試合はテレビで放送されるし見逃せない試合になるよ。"

ジョーンズさんアレクサンダーは…

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

マジックマンがジョーンズを衝撃のKO!! アントニオ・ターバーvs.ロイ・ジョーンズ・ジュニア

adsense
おすすめの記事