adsense
adsense
pickup

SHOWTIMEのプレジデントであるステファン・エスピノサさん。ボクシング界で最も大きな金を動かすカネロ・アルバレスが契約解除を求めてプロモーターのゴールデンボーイプロモーションズとプラットフォームのDAZNを訴えておりますがカネロがフリーになったらすぐに契約したいと話しておりますな。

カネロさんDAZNへの訴訟は内容不備で棄却…サヤスupdates!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

カネロはコロナウイルスの影響の中で年間2試合をやるという契約が守られていないということに不満。さらにDAZNがカネロと対戦する相手を選んでいて結局試合ができていないことに不満を持っているようでオスカー・デラホーヤ率いるゴールデンボーイプロモーションズにも牙を剥いておりますな。ちなみにデラホーヤさんはカネロを擁護するようなコメントを出しておりました。

"すぐにでもカネロとサインしたいね。俺たちはカネロと共に過ごした時間を誇りに思ってるんだ。俺たちは彼のキャリアでいくつかの大事な試合をやった。彼がアメリカでPPVスターにやることのヘルプもしてきたよぜひまた彼とビジネスをやりたいね。もちろん彼に存在している契約書についてはリスペクトしている。そこに関して手を出したりはしない。まだ会話もしてないけどできるようになればやりたいね。"

カネロどうするのかな。

メキシコのドル箱スター…カネロ・アルバレス!!

続いてクルーザー級コンテンダーのビラム・スミスさん。ネイサン・ソルリーに勝利してこれからはどんな相手とでも試合をするそうです。

クルーザー級は昨年大きな動きがありWBAスーパー王者として長年の間チャンピオンとして活躍してきたデニス・レベデフが39歳でチャンピオンのまま引退したのに復帰。4団体統一王者だったオレクサンデル・ウシクがヘビー級に上げたためタイトルは空位となりIBFWBSSトーナメントの準決勝でアンドリュー・タビチをKOしたユニエル・ドルティコス、WBOは同じくトーナメントの準決勝でクリシュトフ・グロワッキをKOしたマイリス・ブリエディスが獲得したもののダイレクトリマッチがオーダー。しかしブリエディスはこれをすっぽかしてドルティコスとの試合を選択してWBOタイトルはローレンス・オコリーとグロワッキの間で争われそうかな。WBCタイトルはコンゴのイルンガ・マカブが保持しております。

"ファンがいないのはいつもとは違ったね。勝てたことは嬉しいしストップできたのも良いことだね。初回から彼のことを効かせたと思ったし最後の方でダウンさせられた。だからフィニッシュが近くなってることがよくわかっていたよ。"

クルーザー級は地味やからなぁ。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

ドルティコスよスペースを作るのじゃ…ユニエル・ドルティコスvs.マイリス・ブリエディス予想

adsense
おすすめの記事