adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は1982年仙台で行われたWBA世界ライトフライ級タイトルマッチ

王者渡嘉敷勝男vs.ルペ・マデラの一戦です!!

カンムリワシの珍しいアウトボクシング…具志堅用高vs.金龍鉉

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合は渡嘉敷の初防衛戦。沖縄出身の渡嘉敷は具志堅用高の後輩にあたるやんちゃ坊主のファイター。前の試合で金を判定で下してタイトルを獲得。具志堅のタイトルを取り戻しましたな。

マデラはメキシコのコンテンダー。ユカタン州出身のベテランファイターでかなり厚めのキャリアを誇るファイターです。かなり負け数も多いもののこの度世界初挑戦を迎えることとなりましたな。

そしてこの試合は開始からマデラがアグレッシブに出てきてそこからも落ちないハイペースな試合を展開!渡嘉敷もフットワークとジャブを使ったもののいつもより動けずに大苦戦。判定はかなり議論を呼ぶ結果で渡嘉敷に僅差判定が微笑みました!

それではこの試合を振り返ります!

振り回すラテン系…具志堅用高vs.ハイメ・リオス1

試合経過

1ラウンド

渡嘉敷はガードを固めて下がってどちらも間合いを取る。

渡嘉敷はワンツーを放ってガードを高く上げる。

マデラは足を使って渡嘉敷は左フックを放つ。

そして左ボディをマデラが打ち込んで組み付く。

どちらも見合うことが多く、ディフェンシブな試合になる。

2ラウンド

渡嘉敷はジャブをついてきてワンツーを振ってくる。

マデラはガードをガッチリと固めてフックを放つ。

そして左ボディを打ち込んできてパンチは重い。

渡嘉敷は少し手数が少なく、ジャブをついて回る。

マデラは右ストレートを当ててきて顎を軽くとらえる!

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

3ラウンド

渡嘉敷は入り際に左フックをカウンターで合わせる。

そしてジャブをついてきて体格はこちらが大きい。

マデラは飛び込んできてなかなか振り回してくる。

渡嘉敷は右ストレートを放り込んできて頭からくる。

そして左フックを返してマデラもワンツーを振ってくる。

マナグアの戦闘マシーン!フェリックス・アルバラード!

4ラウンド

渡嘉敷は右フックを振ってきてフェイントをかける。

そしてサイドに回ってマデラもジャブを返してくる。

渡嘉敷はガードの外からの左フックを合わせてくる。

マデラはどんどん出てきて頭から姿勢を低くしてくる。

さらにプレッシャーをかけて手数を出してくる。

5ラウンド

マデラは組みついてきてボディをねじ込んでくる。

そしてガードを固めて前に来てどんどん前に来る。

渡嘉敷は相打ちのタイミングでジャブをついてくる。

そしてフットワークを使うものの手数が少し少ない。

マデラはボディを打ち込んでプレッシャーをかける。

6ラウンド

マデラはボディを打ち込んで思いっきり前に来る。

渡嘉敷は遠い間合いからジャブをついてクリンチ。

そして組みついてアッパーをインサイドで打ち込む。

そして中盤にマデラは右ストレートをヒット!渡嘉敷は動きが止まる!

渡嘉敷はクリンチとジャブを駆使してなんとか乗り切る。

アルバラードの試合は良い試合になる…ファン・カルロス・レベコvs.フェリックス・アルバラード

7ラウンド

マデラはジャブをついてきて渡嘉敷は前に出てジャブ。

さらに手数を出してきてなかなかアングルは良い。

そして右ストレートをコネクトして顔を跳ねる!

渡嘉敷はフットワークを使って間合いを大きく取る。

マデラもワンツーを返してきて前に出てくる。

8ラウンド

渡嘉敷は左フックを合わせてきてそのまま下がる。

マデラは間合いを詰められるとクリンチしてダーティー。

渡嘉敷は前に出てきて左右フックを打ち込んでくる。

マデラは前に出てきて組み付くとアッパーを打ち込む。

渡嘉敷はジャブをついてきてさがって動き回る。

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

9ラウンド

マデラは前に出てきてショートのフックを打ち込む。

さらに肩を押し付けてきてアグレッシブに出てくる。

渡嘉敷は下がってパンチを見切るとボディを打ち込む。

さらにジャブをついてだんだん手数も増えてくる。

そして右クロスを狙ってタイミングも合ってきている。

真面目に年末最高のパフォーマンスじゃないですか…京口紘人vs.ヘッキー・ブドラー

10ラウンド

渡嘉敷は前に出てきてジャブをコツコツ伸ばす。

マデラもジャブをついてきてボディを狙ってくる。

さらに左フックを打ち込んでガードの上でも強いパンチ。

渡嘉敷は下がっているがドラスティックに足を使うわけでもない。

そしてワンツーを狙い、アッパーをインサイドで打つ。

11ラウンド

渡嘉敷はジャブを当ててフリッカー君に放つ。

マデラは踏み込んでジャブをついて前に出てくる。

渡嘉敷は下がるがあまり手が出てこなくなる。

マデラはフックからのアッパーで肩を押し付ける。

さらに押し込んできてスタミナがかなりある。

12ラウンド

マデラは左右ボディを打ち込んでそのまま組み付く。

渡嘉敷はかなり疲れてしまっており苦しくなる。

しかしボディを打ち返してマデラもボディを打つ。

マデラはボディを打つが渡嘉敷は右クロスを返す!

しかしマデラも右フックを返してペースを渡さない。

動けぬチャレンジャー…具志堅用高vs.アニセト・バルガス

13ラウンド

マデラは前に出てきてワンツーからのアッパー。

そして肩を押し付けて押し込むなどアグレッシブ。

渡嘉敷は押されているが少し攻め手がないよう。

渡嘉敷はクリンチしてくるが少し苦しくなる。

口の中もカットしている渡嘉敷は流血もある。

14ラウンド

マデラは右ストレートをガードの上に当ててくる。

そしてアッパーを返してきて手数も多く、アグレッシブ。

渡嘉敷はジャブをついてきてダッキングしてくる。

マデラはボディを打ち込んでスタミナは申し分ない。

そして打ち終わりにジャブを当ててリードしている。

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

15ラウンド

渡嘉敷はボディを打ち込んでどんどん手数を出してくる。

しかしマデラも打ち返して左フックをコネクト。

マデラは右アッパーを当てて細かいヒットも多い。

さらに入り際に大きなアッパーを放って振り回す。

渡嘉敷はクリンチしており疲れもあって相当苦しい。

判定は145-143.144-141.142-146の2-1で渡嘉敷!

ちなみに僕は143-142でマデラでした!

流血しながら辛勝…ファイティング原田vs.ベルナルド・カラバロ

所感

マデラやろ…

まぁポイントの上ではそれなりに接戦だったけど内容的には渡嘉敷の完敗だった。ホームのファイターには良くある判定だけど疑惑と呼ばれるな。

渡嘉敷はディフェンスのあるファイターでフットワークとジャブが良いけどこの試合では機能せず。力負けしていて残念な展開となったなぁ。

ちなみにこの2人は後に4回も通算で試合をすることになるライバル。マデラが二度勝っており、渡嘉敷はマデラに負けて陥落することになりますよね。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

百烈拳よりもジャブがスーパーなアメージングボーイ!寺地拳四朗!

adsense
おすすめの記事