adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2019年フィラデルフィアで行われたWBOミドル級指名挑戦者決定戦

マシエジュ・スレッキvs.ガブリエル・ロサドの一戦です!

単純に、力の差…デビッド・レミューvs.ガブリエル・ロサド

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はアンドラーデへの挑戦権をかけた試合。スレッキはポーランドの技巧派でアマチュアでも活躍していたファイター。ダニエル・ジェイコブスに負けてるものの苦戦させておりましたな。

ロサドはベテランコンテンダーでフィラデルフィアの出身。とてもタフなファイターであることで知られており、しつこさが売りのファイターでゴロフキンとピーター・キーリンに挑んだ経験がありますな。

そしてこの試合は開始からスレッキがシャープなワンツーでロサドを圧倒!初回からダウンさせて8ラウンドには背中からダイブさせるダウンを奪います!しかしロサドは9ラウンドに右ストレートをお返ししてダウンさせるとダウンを追加してストップ寸前まで追い込むまさかの展開!逆転寸前まで追い込みましたがスレッキがなんとか逃げ切りました!

それではこの試合を振り返ります!

アンドラーデがミドル級最強で決まりやろ( ̄ー ̄)デメトリアス・アンドラーデvs.マシエジュ・スレッキ 試合後コメントもあり!

試合経過

1ラウンド

スレッキは開始から前に出てきて頭を振りジャブを打つ。

ロサドは間合いをとってジャブを放って様子を見る。

スレッキは体格的に大きくて右を伸ばしてくる。

そして出てくるところに右ショートをカウンター!ロサドは手をつくダウン!

ロサドは効いており、足を使ってジャブをついてくる。

2ラウンド

ロサドは左フックをカウンターで入り際に合わせる。

そして右ストレートを放り込んで下がっていく。

スレッキはじりじり前に出てきてジャブをついてくる。

そしてワンツーからのボディを打ち込んでパンチがシャープ。

そしてロサドのジャブの打ち終わりにワンツーを合わせる。

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

3ラウンド

スレッキは前に出てきてフェイントから右を打つ。

ロサドはジャブをついてきて右ストレートを伸ばす。

スレッキは前に出てワンツーを打ち下ろしてくる。

ロサドは顔面が腫れてきており、カウンターを狙う。

しかしすれは右を打ち込んできてノーモーションで出てくる。

モントリオールの熱拳!デビッド・レミュー!

4ラウンド

ロサドはジャブをついてくるが右を綺麗に被弾!

そして右ストレートをまたもらってしまい、顔が揺れる。

スレッキはワンツーを返してきて右からアッパーを打ち込む。

ロサドは前に出てきてガードを固めてプレッシャーをかける。

そしてガードの外からの右フックを当ててくる。

5ラウンド

ロサドは右フックをガードの外から当ててくる。

スレッキは右打ち下ろしを決めて的確なパンチを当てる。

そして前に出てきてロサドは右クロスを狙ってくる。

スレッキはジャブをついてきてフックをガードする。

スキルには大きな差があり、ロサドは思うようにパンチを当てられない。

6ラウンド

ロサドは左顔面が腫れており、ダメージがある。

スレッキはジャブをついてきてワンツーを打ち込む。

そしてジャブを打ち込んでガードの上に当ててくる。

ロサドはカウンターを返すものの見切りが良くない。

スレッキはワンツーを当ててパンチが鋭く伸びてくる。

ブーブーにしてやられるが良い…デメトリアス・アンドラーデvs.リアム・ウィリアムス予想

7ラウンド

ロサドは出てくるところに左右フックを合わせてくる。

スレッキはシャープなワンツーを当ててこれは最短距離でくる。

さらに右クロスを当ててロサドの顔が弾かれる!

ロサドは踏み込んできて右クロスをスイングで打つ。

そして踏み込んでくるが的中率は良くなく、差がある。

8ラウンド

ロサドは両手を広げてスレッキはワンツーを打つ。

そして打ち終わりにジャブを当てて顔を弾いてくる。

スレッキはワンツーを打ち込んで前に出てくる。

ロサドは右アッパーをコネクトしてワンツーを当てる。

しかし打ち終わりに右ストレートをもらって背中からダウン!これは痛い!

アンドラーデさん怒りのパフォーマンス…デメトリアス・アンドラーデvs.ルーク・キーラー

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

9ラウンド

スレッキは前に出てきてフィニッシュを狙ってくる。

ロサドは間合いをとってジャブをついて下がる。

スレッキは前にガンガン出てきてワンツーを打つ。

ロサドはボロボロだが右ボディをコネクトしてスレッキは少し苦しそう。

そしてスレッキのアッパーに合わせた右ストレートでスレッキはダウン!大盛り上がりとなる!

ロサドは組みついて右フックを打ち下ろしまくるとスレッキは逃げるように手をついてダウン!これは苦しい!

10ラウンド

ロサドは前に出てきてクリンチされてもフックを打つ。

スレッキはコンビネーションを返してやられっぱなしではない。

ロサドは右ストレートとアッパーを打ち込んでくる。

そしてワンツーを打ち込んでスレッキはクリンチ。

スレッキはふらふらでクリンチしてくるがめちゃくちゃ効いている。

それでもなんとかゴングまで逃げ切ることに成功。

判定は95-93が1人、95-91が2人の3-0でスレッキ!

ちなみに僕は96-90でスレッキでした!

リーチなどもアンドラーデ様の前では意味なしよ…デメトリアス・アンドラーデvs.アランテス・フォックス

所感

デンジャラスやなぁ…

ロサドはそのファイトスタイルと被弾率の高さから舐められがち。ノックアウト率も高くはないんだけど実はめちゃくちゃ危険なんだよなぁ。

スレッキは9ラウンドで築き上げたものを全て失ってしまった。アンドラーデには歯が立たなかったけどこの試合はうまくやれてたから残念だな。

でも大事なことはロサドのハート。この人は何回負けてもこのようなエキサイティングな試合をやるから声がかかるんだよな。これぞプロって感じ。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

実はパウンド・フォー・パウンドなのでは…デメトリアス・アンドラーデ!

adsense
おすすめの記事