adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2020年3月14日に行われる予定のWBO世界フェザー級タイトルマッチ

王者シャクール・スティーブンソンvs.ミゲール・マリアガの一戦を予想します!

俺好みのアウトボクサーが彼女のお兄ちゃん撃破…シャクール・スティーブンソンvs.ジョエト・ゴンサレス

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はスティーブンソンの初防衛戦ですね!

両者の紹介

シャクール・スティーブンソンについて

スティーブンソンは1997年生まれの22才。ニュージャージー州のニューアーク出身で現在はバージニア州のアレクサンドリアにお住いのサウスポーですな。ネブラスカ州のテレンス・クロフォードとは仲良しです。

ここまでのレコードは13勝7KO無敗。戦績が示す通り特別なパンチ力があるわけではないのですがカウンターのタイミングやポジショニングに巧みさでテクニカルな面を併せ持つ若手です。

アマチュアとしてエリート街道を歩んできていたスティーブンソンさんは2016年のリオデジャネイロオリンピックで銀メダルを獲得。プロに入ってからもここまで全勝で大きな期待を背負っております。

キャリアの中ではIBFインターコンチネンタルタイトル、WBCアメリカ大陸タイトルを獲得。今年の4月には伊藤雅雪と昨年WBOスーパーフェザー級タイトルを争ったクリストファー・ディアスをシャットアウトして判定勝ち。経験不足の声を一蹴しましたな。

地元の試合ではニューアークの凱旋試合で元世界タイトルチャレンジャーで山中慎介、レオ・サンタクルスに挑戦したアルベルト・ゲバラをボディでKO。NABOタイトルも獲得しておりますな。

そして前回の試合ではついにラスベガスにてオスカー・バルデスが返上した空位のWBOタイトルをかけて無敗のジョエト・ゴンサレスと対戦。ワンツーとボディを軸に間合いを取るアウトボクシングを展開して大差判定勝ち。パーネル・ウィテカーを彷彿とさせるフットワークを見せてくれましたね!

しかーしプライベートでは多くの問題を引き起こしているやんちゃボーイで今年もフロリダ州のビーチで乱闘騒ぎを起こしており無罪になったものの公共奉仕を命じられるなどあまり良い人ではないですな。

選手としての特徴は身長173センチ、リーチ173センチのフェザー級では大きな体格からしかもサウスポーでアウトボクサー。足を使ってもよし、ガードを固めて前に出ても良しのオールラウンダーです。

この人の凄いところは打ち終わりに必ず位置を変えるところ。接近戦でも左右フックをねじ込んでくるし得意としているロングレンジから中間距離でも穴がない。弱点がないところが1番厄介なタイプですな。

マリアガは前に出てきて多少被弾しても気にしないです。なのでスティーブンソンは間合いを取ることと必ず足を止めないことが要求されますね。試合が長引けばスタミナの面で少し苦しくはなるかな。

スティーブンソンさん地元で曲者撃退…シャクール・スティーブンソンvs.アルベルト・ゲバラ 試合後のコメントもあり!

ミゲール・マリアガについて

マリアガは1986年生まれの33歳。コロンビアのハードパンチャーとして有名で、これまで3度世界タイトルマッチを経験。世界タイトルマッチでしか負けたことはないですな。

ここまでのレコードは29勝25KO3敗。ノックアウトされたのはスーパーフェザー級でロマチェンコに挑んだ時のみで戦績が示す通りのハードパンチャーですな。

キャリアの中ではWBCアメリカ大陸のフェザー級タイトルを獲得。2015年に当時フェザー級最強とされていたWBAチャンピオンのニコラス・ウォータースに挑んでウォータースがウェイトオーバー。試合は善戦したものの判定負けしてますな。

この後NABOタイトルを獲得したマリアガはWBOチャンピオンでツータイツオリンピアンのオスカー・バルデスに挑戦。熱戦を繰り広げましたがダウンさせられて判定負けしましたな。

そしてその4ヶ月後にスーパーフェザー級でWBOチャンピオンのロマチェンコに挑戦。ロマチェンコの動きにはついていけずに7ラウンド棄権でノックアウトされましたな。

その後は地道に再起戦をクリアしてきてまたまたアメリカに登場。4試合連続でノックアウト勝ちをしてきてまたまたランキングを上げてきておりますな。

選手としての特徴は攻防分離型のファイター。コンビネーションパンチャーではなく相手のパンチをブロックしてから強い右フックを返してくるパンチャーですね。

思いっきり打ち付けてくるのでパワーはかなりあります。スティーブンソンと同じく接近戦は苦手なので、間合いを取るであろうスティーブンソンにどのように間合いを詰めるかの試合になるかな。

バルデスさんそんなに強くないんじゃね?と思われてしまう…オスカー・バルデスvs.ミゲール・マリアガ

試合予想

今回の予想ですがスティーブンソンの判定勝ちでいきたいと思います!

もう無難中の無難ですがほとんど間違いなくスティーブンソンが大差判定勝ちで逃げ切る試合になると思いますね。ゴンサレス戦とあまり変わらないと思う。

まずスティーブンソンで勘違いされてるのはパワーがないということ。これは間違いでこの人のパワーはある。特に左ボディがかなり強くてこれでみんな踏み込めなくなりますよね。

かのパーネル・ウィテカーも判定勝ちのプリンスだったけど左ボディや左ショートの攻め手はきちんと持っていた。これで相手が踏み込めなくなり自分は自適にボクシングをするパターンですな。

スティーブンソンは足も速いし目もめちゃくちゃ良い。この人を捉えるにはコンビネーションでないとダメだろうし、マリアガの回転力ではかなり厳しい試合となるだろうな。

個人的にはフルマークがついてもおかしくないと思うけど119-109でスティーブンソン。1ラウンドスティーブンソンが休んで余裕でゴールテープを切る試合になると思う。

しかしスティーブンソンは僕好み笑。試合がエキサイティングな選手ももちろん好きなんですけど、デメトリアス・アンドラーデとかウィテカーみたいに見てて安心感のあるボクサーが大好きですね笑。

やはりボクシングは打たれずに打つ。このことができるに越したことはないのでやはりできる選手を応援したい。スティーブンソンには長期で活躍してもらいたいな。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

何者も恐れないシルバーメダリスト!シャクール・スティーブンソン!

adsense
おすすめの記事