adsense
adsense
pickup

元IBF世界スーパーライト級チャンピオンのイバン・バランチュクと7月9日にラスベガスにて試合をするはずだったコンテンダーで2度世界タイトルマッチをしたことがあるホセ・セペダさん。バランチュクの負傷により、相手はケンド・カスタネダに代わることでアナウンスされましたな。

jose-zepeda (3)

おいおいバランチュクさん思ってたより強いやん…ジョシュ・テイラーvs.イバン・バランチュク 試合後のコメント、プログレイスのコメントもあり!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

セペダはメキシカンファイターでサウスポー。ハードパンチャーとして知られており、かつてWBOライト級チャンピオンだったテリー・フラナガンにイギリスで挑んで肩を脱臼してしまって棄権ノックアウト負け。昨年にはカリフォルニアでWBCスーパーライト級チャンピオンのホセ・ラミレスに挑んで僅差判定負けしましたな。しかしこの試合はかなり接戦で多くのエキスパートがラミレスが負けていたのではないかとの声を出していました。

セペダ"バランチュクだろうと誰だろうと7日に試合をする準備はできている。この日に向けてトレーニングしてきたんだから相手は誰でも構わないよ。俺はプロだし、またみんなに俺が世界でベストなスーパーライト級だと示すよ"

セペダはやるよね。

どっちが勝ってもおかしくはない試合・・・ホセ・ラミレスvs.ビクトール・ポストル予想

続いてスーパーライト級コンテンダーのルイス・フェリシアノさん。2020年はラストダンスの年としておりステップアップすることにモチベーションがあるそうですな。

スーパーライト級はWBO.WBC統一王者にホセ・ラミレスが君臨しておりIBF王者のジョシュ・テイラーとWBA王者のレジス・プログレイスの2人は1026日のWBSSトーナメントの決勝で激突してテイラーが僅差判定勝ちで王座統一。この3人は全員無敗でWBAレギュラー王座決定戦にはマリオ・バリオスとバトイー・アクメドフの試合が928日に決まっておりバリオスが何とか判定勝ち。ダイレクトリマッチとなっておりなかなかに熱い階級になっておりますな。ちなみにラミレスさんはWBC指名挑戦者で元王者のビクトール・ポストルと対戦しそうな雰囲気でその後にWBO指名挑戦者のジャック・カタオールが控えてる感じですね。

"ファンがいないアリーナで試合をするのは何も問題ない。それは俺のことをキャリアの始まりにまで戻してくれるね。俺はアンダーカードで試合をしていてファンのみんなはまだ来てなかった。アリーナができたばかりだったりしたからね。多くの人は俺のことをキャリアの初めは知らないんだ。"

まぁそんなもんや。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

ハバナのキッド・ブラスト!ランセス・バルテレミー!

adsense
おすすめの記事