adsense
adsense
pickup

現代を代表するボクサーの1人で一部ではパウンド・フォー・パウンドとして脚光を浴びる現IBF,WBCウェルター級王者のエロール・スペンス。圧倒的なパワーと強靭なフィジカルを生かしてぐいぐい前進する好戦的なファイトスタイルでウェルター級で最も恐れられる存在です。

ソース画像を表示

これまで世界戦に至るまで誰も彼と対戦したがらずに世界挑戦に必要な挑戦者決定戦の相手が決まらなかったり、王者になってからも選択防衛戦が決まらなかったりとその強さと釣り合わない報酬から苦しんでおります。そんな彼にまた新たな試練が現れようとしています。それは2階級制覇王者のダニー・ガルシアとの防衛戦ですね!

まず王者であるスペンスはキャリアの中では元WBO世界スーパーライト級王者でマカオでマニー・パッキャオと対戦して6度ダウンしたものの立ち上がって判定まで粘ったクリス・アルジェリ、キース・サーマンの持つWBAタイトルに挑戦したイタリアのコンテンダーのレオナード・ブンドゥ、元2階級制覇王者でアミール・カーンやデビッド・アバネシヤン、ケンドール・ホルトに勝利してきたレイモント・ピーターソン、ショーン・ポーターからIBFタイトルを奪ったシェフィールドのスターであるケル・ブルック、4階級制覇王者で当時無敗のマイキー・ガルシア、ウェルター級二冠王のショーン・ポーターを下しております!

そんなあまりの強さに対戦相手が見つからないスペンス。今年の3月に4階級制覇王者のマイキー・ガルシアとの対戦を制して試合後にかのマニー・パッキャオがリングイン!!今後のビッグマッチに含みを持たせています!

そして9月のショーン・ポーターとの激戦に僅差判定勝ちを収めた彼の目の前に現れたのは解説に来ていた元2階級制覇王者のダニー・ガルシア!来年春の試合実現を希望しており二人の試合が一気に可能性を上げてきています。

しかもプライベートではやたらと目立っているWBA世界スーパーフェザー級スーパー王者でバッドガイのガーボンタ・デービスや元4階級制覇王者のエイドリアン・ブローナー、元IBF世界ライト級王者のロバート・イースター・ジュニアとアリーナで出くわした時に仲よさそうに話してたり対抗王者のWBO世界ウェルター級王者のテレンス・クロフォードとはモーリス・フッカーのカードでオクラホマ州のアリーナで出くわしてお前を潰してやると発言…少しバッドで怖い面も併せ持つ男です。

対するガルシアといえばとにかく迷いなく振り抜く左右フックのカウンターが最大の持ち味で少し過小評価されていますがどんなパンチを受けたとしても効いたそぶりをあまり見せない打たれ強さも大きな武器です。

これまでのキャリアでは4階級制覇王者のエリック・モラレスを2度、元王者のケンドール・ホルト、元王者のネイト・キャンベル、元2階級制覇王者のザブ・ジュダー、強打のルーカス・マティセー、2階級制覇王者のレイモント・ピーターソン、スーパーライト級統一王者のアミール・カーン、4階級制覇王者のロバート・ゲレーロ、元ライト級王者のブランドン・リオス、2階級制覇王者のポール・マリナッジを破ってきています。

キャリアの中の2敗はウェルター級統一王者のキース・サーマン、ウェルター級二冠王のショーン・ポーターのみでいずれも世界戦。接戦を勝ち切ることに長けた選手でもあります。

試合もその強く振り抜くカウンターから戦慄のKOを生み出すようなな試合が多く、本場アメリカでの人気も高い選手で日本にもファンの方が多いボクサーですね!

ウェルター級最強とされるスペンスとめちゃくちゃパワフルなカウンターを振り回すビッグネームのダニー・ガルシアの試合は世界的な注目を集める試合となります!ということで、彼の試合をより楽しむために二人の来歴をまとめてみました!!

センス抜群のワンタイム!!キース・サーマン!!

スペンスvs.ガルシアの試合をテレビで見る方法

  日本からテレビでスペンスvs.ガルシアの試合を見るにはWOWOWのみ!!

f:id:TBT:20190720204047j:image
結論から言うと、スペンスvs.ガルシアの試合は海外でやるため地上波はもちろん、スカパーなどでも生中継は致しません。

彼らの試合をテレビで見るにはWOWOWと契約する必要があります!!

ただ、WOWOWと契約すると、この試合だけでなく他のエキサイトマッチや、スポーツ中継、映画なども楽しめるのでこれを機に利用してみてはいかがでしょうか?

(海外ボクシングを見るならWOWOW

WOWOWの月会費は?

f:id:TBT:20190720204104j:image

WOWOWの月会費は月額2,300円(税込2,484円)です。
これで、WOWOWライブ、WOWOWプライム、WOWOWシネマの全チャンネルが見放題なんですね。
ちなみにスペンスvs.ガルシアの試合の放送はWOWOWプライムです。

また、加入した月は無料で、翌月から視聴料が発生します。
たとえば、4/18に加入したとすると、4/18~4/30までは料金無料で見放題、5/1~通常料金の2,300円(税込2,484円)となるわけです。

当月内解約は可能か?

f:id:TBT:20190720204121j:image

結論から言うと、WOWOWの解約は加入月の翌月から可能となりますので、最低でも2,300円(税込2,484円)は必要です。

つまり契約するなら最低2ヶ月間WOWOWを楽しんだ方がお得ですね。
映画も幅広いジャンルでやってますし、スポーツもサッカーやNBAとかテニスとかアメフトとか、格闘技好きなら総合格闘技UFCの試合とかWWEとかやってるので損はないと思います。

WOWOWを見るための環境にいるものは?

f:id:TBT:20190720204138j:image

WOWOWを見るにはWOWOWと契約した上で以下の機器が必要です。

1:BSデジタルチューナー内蔵テレビ、もしくはBSデジタルチューナー内蔵レコーダーなど(要B-CASカード)
2:BSアンテナ、もしくはケーブルテレビ

既に現在、BS放送が見られる・J:COMなどのケーブルテレビ局でテレビを見ている・スカパー!を契約しているなどの場合は、ネットで申し込むだけでWOWOWが見られる状態です。
ネットで申し込みをしてから約15分程度でWOWOWが視聴可能となります。

(海外ボクシングを見るならWOWOW

モラレスさんピヨる…ダニー・ガルシアvs.エリック・モラレス2

スペンスの戦歴

 f:id:TBT:20190727204108j:image
スペンスのプロフィール

エロール・スペンスは1990年生まれの28歳。アメリカのニューヨーク州ロングアイランド出身のアメリカ人ですね。

アマチュアボクサーとして活躍していたスペンスは全米選手権やナショナル・ゴールデングローブスにて優勝。世界選手権にも出場しており、ロンドンオリンピックにも出場しています。

残念ながらメダル獲得はならなかったもののオリンピック後にプロに転向。このころからアメリカボクシング界の次世代のスター候補としてかのレジェンドのシュガー・レイ・レナードにトレーナーになるよう志願するなど、大きな期待を背負ってきましたね!

オカンポさんスペンスの前に沈むエロール・スペンスvs.カルロス・オカンポ

これまでの実績

f:id:TBT:20190727204134j:image

スペンスは2012年に22歳でプロデビュー。この頃から圧倒的な強さで連勝街道をひた走っていた彼はかのメイウェザーに自信の後継者に指名されるなど大きな注目を集め、世界的に最も層が厚いと言われるウェルター級の王者候補となります。

2016年には元WBO世界スーパーライト級王者のクリス・アルジェリと対戦。アルジェリは元キックボクサーでルスラン・プロボドニコフに挑戦して初回にダウンを奪われたもののアウトボクシングで巻き返す大番狂わせで王座戴冠。パワーレスながらも的確なジャブとフットワークで相手の攻撃をかわす選手です。

6階級制覇王者のマニー・パッキャオにもマカオにて挑戦。6度のダウンを奪われる内容で圧倒され、ポイントではコールド負けほどの大差の判定で敗れましたが何度ダウンしても立ち上がり、大きなハートを世界に見せましたね。

しかしこの試合はスペンスがジリジリ距離を詰めてロングレンジでも接近戦でもアルジェリを圧倒!圧倒的な内容でパッキャオの猛攻に12ラウンド耐えたアルジェリを5ラウンドでKOし、世界王者になる前ですが、スペンスはこの試合で2500万もの大金を稼いでいます。

さらにIBF指名挑戦者決定戦でトップランカー達に対戦を断られた挙句ベテランのレオナルド・ブンドゥと対戦。6ラウンドにロープ際で強烈な左アッパーを決めてKO勝ちを収め、IBF王者のケル・ブルックへの挑戦権を獲得しました。

えらい奴が現れたもんやなエロール・スペンスvs.クリス・アルジェリ

最も恐れられるウェルター級王者として

f:id:TBT:20190727204232j:image

そして迎えた世界初挑戦。敵地イギリスにてスペンスと同じく階級屈指のフィジカルを持つシェフィールドの英雄ケル・ブルックの持つIBF王座に敵地挑戦します。

ブルックは前戦でミドル級に一気に階級を上げて最強王者だったゲンナジー・ゴロフキンへと挑戦しましたが、予想以上の善戦の末 5ラウンドTKO負け。初黒星を喫しており、最早ウェルター級のウェイトを作るのは厳しいと見られましたが、スペンスの挑戦を受ける男気を見せました。

さらにブルックの王座戴冠試合は現WBCウェルター級王者のショーン・ポーターからアメリカに乗り込んで奪ったもの。圧倒的な突進力を誇るポーター相手に一歩も引かずに打ち合ってフィジカルの強さとスキルを証明しましたね!

そして大きな注目を集めたこの試合はスペンスが全力で肉薄してくるブルックを徐々にパワーで突き放して11ラウンドにTKO勝ち!!ブルックのジャブや右ストレートを浴びる場面もありましたが、左右ボディと強烈な左ショート、ストレートのようなジャブでブルックの目の骨を折るパワーを見せましたな・・・

そして迎えた初防衛戦ではかつてブルックへの指名挑戦者決定戦での対戦を断ってきた2階級制覇王者のレイモント・ピーターソンを相手に迎えます。

ピーターソンはスーパーライト級とウェルター級を制した2階級制覇王者。ここまでWBOスーパーライト級暫定王座、WBAスーパー、IBFスーパーライト級王座、WBAウェルター級王座を獲得してきた強豪です。

対戦相手としてはアミール・カーンに勝利、元王者のケンドール・ホルトをTKO、ティモシー・ブラッドリー、ルーカス・マティセー、ダニー・ガルシアなど一流どころには敗れましたが、前戦ではデビッド・アバネシアンに判定勝ちして2階級制覇。ビッグマッチを求めて王座を捨ててスペンスに挑んできました。

試合前から圧倒的優位を予想されたスペンスはピーターソンにほとんど何もさせないまま ロングレンジに釘付けにする8ラウンド終了TKO勝ち!!圧倒的なパワーでピーターソン陣営をギブアップに追い込みましたね!!

そして2度目の防衛戦では指名挑戦者のカルロス・オカンポと地元のテキサス州にて対戦して初回ボディ1発でKO…怪物ぶりを見せつけました。

ブルックさんまたも重傷を負うケル・ブルックvs.エロール・スペンス

マイキーとの対戦

f:id:TBT:20190727204322j:image

スペンスの3度目の防衛戦は4階級制覇王者のマイキーと対戦します。

マイキーは4階級制覇王者でフェザー級からスーパーライト級までを無敗のまま制した怪物ボクサー。貫通力の高いワンツーと精度の高いジャブで相手をコントロールするアウトボクサーです。

これまでのキャリアでオルランド・サリド、デヤン・ツラティカニン、ファン・マヌエル・ロペス、セルゲイ・リピネッツ、エイドリアン・ブローナー、ロバート・イースターといった王者たちを危なげなく倒してきたパウンド・フォー・パウンドの一人と目される強敵ですね!!

試合は2019年3月に行われ、PPVの試合として大きな注目を集めます。マイキーはこの試合のために2階級あげてスペンスに挑みましたが試合内容は一方的に。。マイキーはスペンスのサイズとリーチに対抗できずシャットアウト。スペンスはこの試合で1000発以上のパンチを放って、スペンスが大差の判定勝ちでパウンド・フォー・パウンド対決を制しました!!

そしてこの試合の後に6階級制覇王者でWBAレギュラー王者のマニー・パッキャオがリングイン!!対戦を希望する旨の発言をして両者の対戦の機運が高まっています!!

しかしパッキャオはその数日後ツイッターでファンに次の対戦相手は誰がいい?と聞いてその中の名前にスペンスは入ってませんでした笑。そしてスペンスは9月28日にロサンゼルスのステープルズ・センターにてWBC王者のショーン・ポーターと対戦!王座統一戦となりますね!!

マイキーさん耐え忍ぶ戦いになってしまうエロール・スペンスvs.マイキー・ガルシア 試合後のコメントもあり!

ポーターとの激戦

ソース画像を表示

スペンスは9月28日にロサンゼルスでWBC王者のショーン・ポーターと対戦。ポーターは元IBF王者でもあるウェルター級二冠王でとにかく前に出て頭から突っ込んではラフなアタックを仕掛けてくるファイター。スーパーミドル級でキャリアを始めておりフィジカルの強さは折り紙付きです。

キャリアの中では元ライト級王者のファン・ディアス、2階級制覇王者のデボン・アレクサンダーを破ってIBFタイトルを獲得。2階級制覇王者のポール・マリナッジをKOして王座を守りましたがスペンスが後にKOするケル・ブルックに判定負けして初黒星となります。

しかしその後は4階級制覇王者のエイドリアン・ブローナーを下してウェルター級3冠王のアンドレ・ベルトもKO。コンテンダーのアドリアン・グラナドスも下しておりWBA王者のキース・サーマンに挑むと大激戦の末僅差の判定負けとなります。その後2階級制覇王者のダニー・ガルシアとのWBC王座決定戦でカウンター作戦による判定勝ち。元オリンピック銅メダリストのヨルデニス・ウガスを僅差判定で退けてこの試合を迎える強豪です。

そして試合は物凄い激闘になります。試合前には予想でスペンスが圧倒的に優位とされてましたがポーターは頭から突っ込んでラフなアタックでスペースを奪いスペンスは左ボディをねじ込む一進一退の採点が難しい試合に。。。スペンスは押し込まれてしまったものの11ラウンドに起死回生の左フックでポーターは手をつくダウン!ポーターはその後気合を入れてきて打ち返してきてオールアクションの試合は判定へ!結果は2-1の僅差でスペンス!個人的にはポーターが1ポイント差で勝ったと見ましたが素晴らしい試合の末にスペンスが王座統一に成功しています!

この後スペンスはまだ試合が決まってませんが来年にはWBAスーパー王者でレジェンドのマニー・パッキャオとの試合を望んでいますね!

ウェルター級の最高の一年な気がするエロール・スペンスvs.ショーン・ポーター 試合後コメントもあり!

今後期待される試合

f:id:TBT:20190727204344j:image

世界的な評価を受けるスペンスに期待される試合は同じウェルター級にいる、WBAスーパー王者のマニー・パッキャオ、WBO王者のクロフォードらとの対戦です。

スペンスはウェルター級の中でも特に大柄で最強候補間違いなしです。これまで世界戦では苦戦したこともないですし何よりも無敗のマイキーにあったり勝ってしまったことからパウンド・フォー・パウンドとされているテレンス・クロフォードと同格かそれ以上とする声もあります。

しかしあまりの強さに対戦を避けられている点と、他の王者達も狙われる存在のためすんなりとは実現していません。しかしマイキー、ポーターを破ったことで次にマニー・パッキャオと対戦する機運が高まっており今後は間違いなくビッグマッチ路線に行きそうですね!

これはまさしく死闘と言えるなマニー・パッキャオvs.キース・サーマン

スペンスのファイトスタイル

f:id:TBT:20190727204502j:image

www.youtube.com

スペンスのスタイルはガードを高く上げてジリジリ前進して下がる相手には左ストレートを顔面、ボディに散らして中間距離に釘付けにしてしまうスタイル。または、接近して強烈な左アッパーを中心とした攻撃で相手を削るパターンがあり、どちらも相手の心を折るスタイルと言えます。

しかもマイキー戦ではそのコンビネーションで試合中1000発のパンチを放つなどスタミナも驚異的。普段のウェイトは180ポンドでクルーザー級ですがそこから絞ってもそこまで動けるんですね・・・

スペンスの強打はWBAミドル級王者のブラントの右手をガードの上から打撲させるほどなのでウェルター級ではかなりのものです。そのパワーを最大限生かしたゴリゴリのファイトスタイルですね!!

スペンスさん2階級王者のピーターソンを物ともせずエロール・スペンスvs.レイモント・ピーターソン

ガルシアについて

f:id:TBT:20190406222005j:image
ガルシアの凄さ

ガルシアはペンシルベニア州フィラデルフィア出身で1988年生まれの31歳。異名は素早いという意味を持つ"swift"ながらも実際はスピードではなく思い切り振り抜くカウンターに大きな魅力のある選手ですね!

ガルシアは10歳の頃から父で元ボクサーののアンヘルにボクシングを教わっていたそうでアマチュアでは2005年にアンダー19で王者に。さらに2006年の全米選手権ではかのテレンス・クロフォードを破って優勝。

2007年はデビッド・ソロモンに敗れて連覇ならず。北京オリンピックの選考会でも2度敗北を喫して出場権を逃してプロへと転向します。

ジュダーさんガルシアを弱気にさせるダニー・ガルシアvs.ザブ・ジュダー

これまでの実績

f:id:TBT:20190406221921j:image

ガルシアは2007年にプロデビュー。スーパーライト級、ウェルター級のウェイトで試合をこなしていき連戦連勝。一時期4戦連続判定勝利となったもののそこからはKOの山を積み重ねていっています。

2009年には10回戦を戦うようになったガルシアはエンリケ・コリンとのWBCユース王座決定戦を2ラウンドKOで制して初タイトルを獲得。しかしメイウェザーと仲良しで後にエイドリアン・ブローナーに挑戦するアシュリー・シオフェンには大苦戦して2-1の判定勝ち。キャリア初の苦戦を味わいます。

そして2011年には元ライト級統一王者のネイト・キャンベルと対戦。キャンベルは3度目の世界挑戦で当時ライト級最強とされたファン・ディアスに大番狂わせの判定勝ちで統一王座を獲得したベテランです。

しかしガルシアは正確なカウンターと動き出しを狙ったジャブ、パワフルな右でキャンベルを圧倒。大差の判定勝ちを飾ります。

そして世界戦を見据えたガルシアは次戦で元WBOスーパーライト級王者のケンドール・ホルトと対戦。ホルトはティモシー・ブラッドリーとの統一戦に敗れて王座を失ったもののパッキャオと対戦する前のブラッドリーに最も強かったと語られるほどのカウンターパンチャー。ガルシアと似たタイプで相手の打ち終わりに豪快なカウンターを合わせてくるタイプです。

そしてこの試合はガルシアが的確なジャブとワンツー、カウンターのフックでホルトをギリギリ上回ります。少し接戦となりましたが2-1の判定を制してWBC.IBF王座への指名挑戦権を得ます。

モラレスさん若手にしばかれるダニー・ガルシア vs.エリック・モラレス1

モラレスとの連戦とカーン戦

f:id:TBT:20190406221832j:image

ランキングで上位に顔を出すようになったガルシアはWBCスーパーライト級王者であるメキシカンレジェンドのエリック・モラレスに挑戦。

モラレスは4階級制覇王者でマニー・パッキャオ、マルコ・アントニオ・バレラと壮絶な試合をしてきたレジェンド。36歳にして引退から復帰して王座を獲得してきました。

そしてこの試合はモラレスが試合前にまさかのウェイトオーバー!ガルシアのみに王座がかけられますがガルシアはこの試合でモラレスを圧倒。正確なワンツーを中心にモラレスから11ラウンドにダウンを奪って大差判定勝ち。無敗のまま王座に輝きました!

そして迎えた初防衛戦はものすごいビッグマッチに…WBAスーパー王者のアミール・カーンとの統一戦が決まります。

カーンはこの試合の前レイモント・ピーターソンにまさかの判定負けを喫してWBA.IBF王座から陥落したもののピーターソンが試合後にドーピング検査で陽性となったことからWBA王座を差し戻されていました。

しかしながらカーンは英国の誇るスピードスターで銀メダリスト。打たれ弱さはあるもののボクシング界で最も速いパンチを持つと言われてガルシアは圧倒的に不利でした。

しかしこの試合はガルシアのキャリアハイとも言える試合となります。序盤からカーンは飛ばしてガルシアは目をカット。苦しい立ち上がりとなりながらもカーンの打ち終わりにフックのカウンターを必ず返して3ラウンドにカーンの首に大きなフックがクリーンヒット!ばったりと倒れたカーンを4ラウンドに仕留めて王座統一に成功しました!!

番狂わせを演じたガルシアは次の試合でモラレスとのリマッチに臨みます。モラレスはこの試合ではウェイトを作ってきましたね。

しかしガルシアは勢いに乗っておりモラレスはついていけませんでした。3ラウンドの終了間際に右ストレートでダメージを受けたモラレスは4ラウンドに左フックのカウンターを食らってロープ下に頭からダウン!!10カウントを聞いてガルシアが圧勝しています。

ちなみにモラレスはこの試合で現役を引退。最近は元のミドル級王者のセルヒオ・マルティネスとエキシビションマッチをする話がありますな。

WOWOWのお申込みはこちらから)

ガルシアのキャリアハイだと思うんだけどなー ダニー・ガルシアvs.アミール・カーン

防衛と苦戦。スーパーライト級卒業へ

f:id:TBT:20190406221756j:image

実力を証明したガルシアは元2階級制覇王者でベテランのザブ・ジュダーと対戦。ジュダーは天才のサウスポーでかのメイウェザーから幻のダウンを奪った元統一王者です。

ガルシアは35歳となっていたジュダーに楽勝と見られており、8ラウンドにダウンを奪いますがジュダーはいつもとは逆の後半に逆襲開始。試合後半にまさかのキレを取り戻して強烈な左ストレートでガルシアが思わず背後を向きかけるシーンもある苦闘となった末にガルシアが判定勝ちを収めています。

そしてガルシアはメイウェザーvs.カネロの超ビッグカードの前座でWBC暫定王者のルーカス・マティセーと統一戦。

マティセーは当時スーパーライト級のブギーマンと言われており、その爆発的な強打で相手をことごとくKO。IBF王者のレイモント・ピーターソンをノンタイトルマッチにて3ラウンドでKOしており、敗れたのは敵地でのデボン・アレクサンダー戦、ザブ・ジュダー戦のみでどちらもダウンを奪っています。

予想不利だったガルシアですが追い込まれると強いこの男はマティセーとの激闘に競り勝ちます。マティセーはガルシアのカウンターで大きく目を腫らして11ラウンドにダウン!!ガルシアがまたも下馬評を覆して大きな勝利を挙げました!

しかしこの試合の後はまさかの苦戦。自身のルーツであるプエルトリコにて試合を行うこととなったガルシアはマウリシオ・エレーラと対戦。無名のエレーラ相手に楽勝が期待されました。

しかしこの試合はエレーラがガルシアをコントロール。何度もジャブと右ストレートを当ててガルシアのヒット率はかなり低く、2-0の判定勝ちとなったものの判定は大いに疑問符がつけられておりガルシアの負けとする見方が大半です。

そして自信を失ったガルシアはロッド・サルカをノンタイトルマッチで2ラウンドKO。IBF王者のレイモント・ピーターソンとのノンタイトルマッチに挑みます。

ピーターソンはWBO暫定王座、WBA.IBF王座を獲得してきた強豪でティモシー・ブラッドリー、ケンドール・ホルト、アミール・カーンとの対戦経験があります。

そしてこの試合もガルシアは大苦戦。序盤大きく脚を使うピーターソンに対して追いきれないながらも手数でポイントを奪いますが、ピーターソンは後半猛チャージ。ガルシアは何度もふらつかされて辛くも2-0の判定勝ちとなりますがピーターソンの戦略によっては確実に負けてましたね…

ガルシアは減量がもう限界だと悟ってウェルター級に階級UP!王座を返上します。

負けに等しいガルシアさんダニー・ガルシア vs.レイモント・ピーターソン

ウェルター級とサーマンとの統一戦

f:id:TBT:20190406221706j:image

ウェルター級に転向したガルシアは元2階級制覇王者のポール・マリナッジとテストマッチ。パワーレスなマリナッジを終始攻め立てて 9ラウンドにストップ勝ちを収めてウェルター級初戦を飾りました!

そして2016年に迎えた次戦で4階級制覇王者のロバート・ゲレーロとメイウェザーが返上した空位のWBC王座を争います。

ゲレーロはフェザー級、スーパーフェザー級、ライト級、ウェルター級を制した男でフェザー級から上げてきたとは思えないフィジカルを誇るサウスポー。

これまでのキャリアでガマリエル・ディアス、ホエル・カサマヨール、アンドレ・ベルト、マイケル・カツディスに勝利してきた強敵です。

そしてこの試合はガルシアがゲレーロの打ち終わりに的確なフックを当てて見栄えのいいヒットを重ねる判定勝ち。ゲレーロは判定に不満だったようですがガルシアが2階級制覇に成功しました!!

しかし防衛戦が決まらないガルシアは後にカーンと対戦するサミュエル・バルガスをノンタイトルマッチでKO。WBA王者のキース・サーマンとの統一戦を迎えます。

サーマンはセンス抜群の強打者。ディエゴ・チャベス、ショーン・ポーター、ロバート・ゲレーロ、フリオ・ディアスを破ってきた階級の第一人者ですね!

ミリオンダラーファイトとなったこの試合はサーマンが脚を使ってガルシアのアタックをかわす展開に。サーマンは初回にガルシアをダウン寸前に追い込み、後半は逃げる作戦で2-1の判定はサーマンに。ガルシアは初黒星となりました

サーマンさんガルシアをエッジるキース・サーマンvs.ダニー・ガルシア

復活とポーター戦、現在まで

f:id:TBT:20190406221507j:image

サーマンに敗れたガルシアは1年後に再起戦。元ライト級王者のブランドン・リオスとWBC指名挑戦者決定戦を行います。

リオスは常に前に出るタフなファイターで激闘王。ティモシー・ブラッドリーに敗れて引退したものの復帰してきましたな。

そしてこの試合は序盤前に来るリオスの圧力の強さにガルシアは苦戦。何度もロープに押し込まれてしまうものの9ラウンドに強烈な右ストレートのカウンターを当てるとリオスは背中からバッタリとダウン!!立ってきたもののストップとなりトップ戦線に戻ってきました!

そして次戦はサーマンが怪我で王座を返上したためアンドレ・ベルトとの指名挑戦者決定戦に勝利していたショーン・ポーターと決定戦に出場。

ポーターは元IBF王者のノンストップファイター。とにかく前に出て圧力をかけては突進する選手でマリナッジ、アレクサンダー、ベルト、ブローナーに勝利してきています。

そしてこの試合はガルシアがいつもの通りカウンター作戦でいるとポーターもまさかのカウンター作戦。ガルシアの打ち終わりにカウンターを合わせてくるポーターに対応できずガルシアは判定負け。大きな差はなかったものの負けてしまいましたな。

ガルシアは負けてしまったものの評価は落としておらず次戦はアドリアン・グラナドスとの再起戦が決まっています。

グラナドスはブローナーを2-1の判定まで追い込んだ男で、ポーターとも対戦したコンテンダー。この試合に勝てばマニー・パッキャオとの対戦、サーマンとの再戦も見えてくるので落とせない試合ですね!

そしてこの試合はガルシアが豪快なカウンターでグラナドスを圧倒!!左右フックの重いカウンターを何発も当てて3度グラナドスをダウンさせるとグラナドスのキャリア初のストップを与えて健在ぶりを示しましたね!

グラナドスさんガルシアのフックの前に沈没ダニー・ガルシアvs.アドリアン・グラナドス 試合後のコメントもあり!

ファイトスタイルについて

f:id:TBT:20190406221436j:image

ガルシアのスタイルは思いっきり左右フックを振り回すカウンターパンチャー。基本的には相手に先に手を出させて打ち終わりに左右フックを思い切り叩きつけてくる豪快なスタイルです。

またパンチへの反応はあまり良くなく、よく被弾しているもののかなり打たれ強いため効いたそぶりを見せません。時折フックを見せていたと思ったら右ストレートを打ち込むなどスマートさもかなりありますね!

ただガルシアはあまり身体能力は高くないようでサーマンやポーター、カーンなどのように脚を使われてしまうとかなり苦しくなります。それでも相手の打ち終わりにカウンターを合わせますが後半に追いつくケースが多く接戦になりやすいのが特徴ですね!

アジアのヒーローにしてボクシング界のヒーロー!!マニー・パッキャオ!

トレーナーのアンヘルさんについて

f:id:TBT:20190406221721j:image

ガルシア自身はあまりプライベートについて悪い噂やトラブルなどの醜聞は聞かれていません。

ただ、父親でトレーナーのアンヘルさんはかなり過激な発言を繰り返しており、サーマン戦の前には黒人差別の用語を容赦なくトークして会見に出られなくなったりしています

ダニーはアンヘルのことを常にかばいますが、世間の親子へのイメージはあまり良くないようでアンヘルが表に出ることはあまりなくなりましたね…

ゲレーロさんガルシアのカウンター作戦に屈するダニー・ガルシアvs.ロバート・ゲレーロ

まとめと試合予想

ソース画像を表示

いかがでしたでしょうか?ウェルター級としては破格のフィジカルを持ち驚異的なパワーを持つエロール・スペンス。現代のプロボクシング界において最も恐れられる男として有名なボクサーで今後も彼の行く道には多くのビッグマッチが期待されています。

対するはその破壊的で思い切り振り回す大振りのフックのカウンターでスーパーライト級、ウェルター級の主役として活躍してきたガルシア。ウェルター級でも10位内には確実に入るビッグネームですね!

WBAスーパー王者のパッキャオ、WBO王者のクロフォードを中心に、コンテンダーも4階級制覇のブローナー、2階級制覇のジェシー・バルガス、元WBAスーパー王者のキース・サーマン、イギリスのスーパースターのアミール・カーン、元王者のアンドレ・ベルト、パッキャオを破ったジェフ・ホーンと層の厚さが尋常じゃないウェルター級で世界タイトル戦に最も近い男と言われております。ガルシアは常に相手と接戦を演じるので見応えがありますよね!

個人的な予想としてはスペンスのパワーがものをいうのではないかと思います。ガルシアはとてもタフな選手なんですけど、相手の動きを読み切ってカウンターを打ち込むまでには時間がかかるしスロースターターです。ディフェンスが特に優れるわけでもないのでスペンスのパンチを前半に食らってダメージを負い、そのダメージを負いながら試合をして判定まで逃げるけど大差判定でスペンスが勝つのではないかと思います。

しかしガルシアはボクシング界でも指折りの優れた打たれ強さと相打ちもいとわないカウンターを武器とする選手です。彼の左右フックのカウンターがまともに当たればスペンスは立ってられないでしょうしアミール・カーン戦の再現のようになる可能性もあります。いずれにしてもこのビッグマッチを楽しみたいですね!

2人の試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

WOWOWのお申込みはこちらから)

これは元スモールな男たちのドリームマッチマニー・パッキャオvs.マイキー・ガルシアのテレビを見る方法は?これまでの経歴も紹介!

adsense
おすすめの記事