adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2020年12月5日に行われたWBC.IBF世界ウェルター級タイトルマッチ

王者エロール・スペンスvs.ダニー・ガルシアの一戦です!

マイキーの二の舞になるぞ…エロール・スペンスvs.ダニー・ガルシア予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はスペンスの5度目の防衛戦。昨年ショーン・ポーターを下してWBCタイトルを吸収したスペンスはフェラーリが大破する大事故を起こして以来の試合。以前と同じ動きができるのか注目ですな。

ガルシアは元WBA.WBCスーパーライト級チャンピオンで元WBCウェルター級チャンピオンの2階級制覇チャンピオン。カウンターパンチャーとして知られており、アンダードッグになればなるほど強いです。

そしてこの試合は開始からスペンスが前に出てきてブランクと事故の影響を感じさせない試合に!ガルシアはボディを打ち込んでスペンスを効かせるなど肉薄したもののアグレッシブに攻めたスペンスがクリアに判定勝ちを収めました!

それではこの試合を振り返ります!

ウェルター級の最高の一年な気がする…エロール・スペンスvs.ショーン・ポーター 試合後コメントもあり!

試合経過

1ラウンド

サウスポーのスペンスは前に出てきてプレッシャーをかける。

ガルシアはサイドに回ってカウンターを打つスペースを取る。

スペンスはジャブをついてきて事故の前と特段変わったところは見えない。

そして左右ボディを打ち込んでガードを高く上げる。

さらに左を鞭のようにガードに当ててガルシアもジャブを返す。

2ラウンド

ガルシアはジャブをついてきて右ストレートを伸ばす。

そして右ボディを伸ばしてとても警戒し合う展開となる。

スペンスはジャブを伸ばしてくるがいつものような強引にはこない。

ガルシアはワンツーを伸ばしてここまでうまく間合いをとる。

そして左がくるとすぐさま右をリターンしてくる!

さらにジャブを動き出しに当ててスペンスはバランスを崩す!

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

3ラウンド

スペンスは開始早々ワンツーをオーバーハンドでコネクト!

ガルシアは少しふらついてスペンスは手数を増やしてくる。

スペンスはガードを固めて前にきてガルシアもボディを返す。

アグレッシブに来るスペンスはガードの上に左アッパーを当ててガンガン来る。

ガルシアは間合いを詰められるとやりにくそうで右を返す。

スウィフトではないけど重いフックのカウンターが脅威!ダニー・ガルシア!

4ラウンド

スペンスはプレッシャーをかけてきて前に出てくる。

ガルシアは出てくるところに右をガードに当ててくる。

そして左右ボディを当ててスペンスがくるとクリンチ。

ガルシアはしつこくボディを打ち込んでスペンスは少し嫌がる。

そしてジャブをボディに伸ばしてスペンスもより強い左ボディを打ち込む。

5ラウンド

スペンスは前に出てくるが組みつかれて寸断される。

ガルシアは右ストレートを上下に散らしてなかなかうまい。

そしてサイドに回ってスペンスは左クロスを打ち込む。

ガルシアは右クロスを返して左右ボディを打ち込む。

しかしスペンスはボディからの左ショートをヒット!

6ラウンド

ガルシアは出てきたところに右のリードをヒット。

さらに右ボディを伸ばして前にこられるとクリンチ。

スペンスはインサイドで左フックと左右ボディを打ち込む。

さらにジャブを打ち込んできてガルシアの右目が腫れてくる。

スペンスはワンツーを打ち込んでプレッシャーを強めてくる。

サーマンさんガルシアをエッジる…キース・サーマンvs.ダニー・ガルシア

7ラウンド

スペンスは前に出てきてアッパーを狙ってくる。

さらにクリンチされてもボディを打ち込んでプレッシャーを強める。

ガルシアはホールドして右ボディ、ワンツーを返す。

そして右のリードを打ち込んでよく当たっている。

さらに前に出てきて左右フックからのアッパーを返す。

8ラウンド

スペンスはワンツーガードに当ててゴリゴリ出てくる。

ガルシアはワンツーを返して右ボディを打ち込む。

スペンスはガルシアのボディを少し嫌がり、腰が引ける。

しかしロープに詰めるとしつこく左右ボディを狙う!

スペンスは詰めてきてガルシアはスペースをもらえるなくなる。

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

9ラウンド

スペンスは前に出てきてガルシアは右ストレートを返す。

そしてサイドに回って行き、右クロスを伸ばしてくる。

スペンスはジャブを顔面に当ててガルシアとワンツーを返す。

さらに左ボディを突き刺してきて的確性は高い。

ガルシアは出てくるところに右リードを当ててこのラウンドは良い。

ブルックさんまたも重傷を負う…ケル・ブルックvs.エロール・スペンス

10ラウンド

スペンスはジャブをコツコツ当ててきてどんどんくる。

ガルシアはボディを打ち返してくるが得意のフックが出てこない。

しかし右ボディを打ち込んでスペンスもやりにくそう!

さらに右打ち下ろしを当てて今日一番のパンチ!

ガルシアは右フックを出してきて少し自信を深めている。

11ラウンド

スペンスは左ボディを打ち込んで左フックを伸ばす。

ガルシアはサイドに位置を変えて右ボディを打ち込む。

スペンスは効いたようでまたボディをもらうとたじろぐ!

ガルシアはボディを狙っており、スペンスはボディをお返し。

そして前に出てきてワンツーを出し、手数を多く出してくる。

12ラウンド

スペンスは前に出てきてガードも下げずにプレッシャーをかける。

そして右フックでサイドへの動きを封じてインサイドでフックを打つ。

ガルシアは右リードを返してスペンスはボディを打ち込む。

スペンスは左右フックを打ち込んで手数で押してくる。

ガルシアはよく耐えているが打ち返すスペースがもらえず、苦しいが左右フックを振り回す。

判定は116-112が2人、117-111が1人の3-0でスペンス!

ちなみに僕は116-112でスペンスでした!

マイキーさん耐え忍ぶ戦いになってしまう…エロール・スペンスvs.マイキー・ガルシア 試合後のコメントもあり!

所感

変わらなかったな…

事故の影響はなさそうでよかった。スペンスはノックアウトするのは難しいだろうなと思っていたから予定通りの展開だったかな。と思います。

でも一点意外だったのはボディをかなり嫌がっていたこと。スペンスは体格がでかいからウェイトがきついのはあるんだけどこれは今後も弱点になるな。

ガルシアは恥じることはない。まだ彼なら世界タイトルマッチをやれるだろうし、この試合でそのことを証明した。サーマンとのリマッチして欲しいな。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

真実のフィジカルモンスター!エロール・スペンス!!

adsense
おすすめの記事