adsense
adsense
pickup

WBO世界ライトフライ級チャンピオンのエルウィン・ソトさん。次戦は防衛戦ではなくノンタイトルマッチをハビエル・レンドンとバハカリフォルニアで行うことをアナウンスしておりますな。

ソトさんチャンピオンシップラウンドで巻き返し…エルウィン・ソトvs.エドワード・ヘノ

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ソトは昨年WBOライトフライ級チャンピオンで田中恒成に判定負けした試合以外は全ての試合でオールノックアウト勝利をしていたアンヘル・アコスタを12ラウンドストップしたメキシコのハードパンチャーですな。

アコスタとの試合では前に出てきて左右フックを振り回してダウンさせましたな。その後はボディを効かさせれて一進一退になりましたが12ラウンドにフックを効かせてそのままストップに持ち込むなど詰めの鋭さを持ちます。初防衛戦は苦戦したもののクリアしてますね。

"チャンピオンとして地元をレペゼンしてるのはいつもスペシャルな気持ちだ。この試合は世界チャンピオンとして臨む試合ではないけれども全ての準備をしていくつもりだ。彼はリングに全てを残しに来るだろうから甘く見てはいけない。俺たちの目の前にはグレートな試合があるからね。だって彼にとってはどんな形でも俺に勝つことが大事なはずなんだ。"

ソトがアコスタに勝った試合はかなりショックやったなぁ。アコスタが負けるとはな。

ソトさんワンショットでアコスタをストップする…アンヘル・アコスタvs.エルウィン・ソト 試合後のコメントもあり!

続いてメイウェザープロモーションズのカードとなるマリク・ホーキンスvs.キース・ハンターの無敗スーパーライト級対決が実現。SHOWTIMEで2月28日に放送されますな。

スーパーライト級はWBO.WBC統一王者にホセ・ラミレスが君臨しておりIBF王者のジョシュ・テイラーとWBA王者のレジス・プログレイスの2人は1026日のWBSSトーナメントの決勝で激突してテイラーが僅差判定勝ちで王座統一。この3人は全員無敗でWBAレギュラー王座決定戦にはマリオ・バリオスとバトイー・アクメドフの試合が928日に決まっておりバリオスが何とか判定勝ち。ダイレクトリマッチとなっておりなかなかに熱い階級になっておりますな。ちなみにラミレスさんはWBC指名挑戦者で元王者のビクトール・ポストルと対戦しそうな雰囲気でその後にWBO指名挑戦者のジャック・カタオールが控えてる感じですね。以下はCEOのレナード・エロルベさんのコメントです。

"2人のプロスペクトが今年1年をグレートなものにするためにグレートなパフォーマンスをしようとしてるよ。ネクストレベルに行くために2人ともハードなトレーニングをしてるよ。みんなタフな相手を目の前に控えてるからね。"

タフやなぁ。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

スコットランドのスイッチサイクロン!ジョシュ・テイラー!

adsense
おすすめの記事