adsense
adsense
pickup

先日ニューヨークのバークレイズ・センターにて元2階級制覇チャンピオンのダニー・ガルシアと対戦してテクニックで圧倒されて判定負けを喫していたイバン・レッドカクさん。試合中にガルシアに噛み付いており1年間の試合出場停止の処分となりましたがさらにアスリート専用のSNACというトレーニング施設からも使用を禁止されることになりましたな。

ガルシアさんノーダメでクリアダニー・ガルシアvs.イバン・レッドカク

(海外ボクシングを見るならWOWOW

レッドカクは元2階級制覇チャンピオンのデボン・アレクサンダーを痛烈にノックアウトして台頭してきたコンテンダー。しかしガルシアの前には右リードを何発も当てられて顔面を大きく腫らす展開となりましたな。

しかもガルシアのボディ攻撃もかなり有効で何回も効いていたものの乗り越えていました。タフさこそ証明したもののガルシアを脅かすようなものは何もなく残念な結果でしたな。

ガルシアによるとレッドカクは試合中に2度もガルシアに噛み付いたとのことで大きな批判をされておりましたな。噛み付くという行為はもちろん反則となりますが基本的にはしないよなぁ。レッドカクのことをトップレベルで見ることはもうないだろうな。

スウィフトではないけど重いフックのカウンターが脅威!ダニー・ガルシア!

続いて元イギリスバンタム級チャンピオンのジョシュ・ウェールさん。2月21日にメトロドームにてタンザニアのイディ・カユンバとの試合を行うことをアナウンスしましたな。

フェザー級には現在多くのチャンピオンがおりWBAスーパー王者には3階級制覇王者で階級最強とされるレオ・サンタクルスがいたものの彼はスーパーフェザー級へ。レギュラー王者には中国期待のシュ・チャン、WBC王者にはセンス抜群のスピードスター、ゲーリー・ラッセル、IBFにはイギリス最強を証明したジョシュ・ワーリントン、WBOは今空位で1026日にシャクール・スティーブンソンとジョエト・ゴンサレスが争い、スティーブンソンが危なげなく判定勝ち。スティーブンソンとワーリントンは2020年の春にイギリスで試合をする方向で話が進んでおります。サンタクルスはスーパーフェザー級にムーブアップしてしまいましたね。価値はないかもしれないけど。以下はプロモーターのコメントです。

"カユンバが負けた試合はウェイトの問題があったと聞いてるし前の試合は参考にはならない。彼は良いレコードのある良い相手だ。ジョシュにとってはホームカミングになるからグレートな夜になる。ホームカミングを欲しがっていたからね。"

ホームは良いな。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

ドネアのカウンターは炸裂しないかな…ノルディ・ウーバーリvs.ノニト・ドネア予想

adsense
おすすめの記事