adsense
adsense
pickup

元ミドル級統一王者のゲンナジー・ゴロフキンさん。IBF指名挑戦者のセルゲイ・デレビヤンチェンコとのIBF王座決定戦が交渉されてますがこの試合は今週末にアナウンスされるのではないかと見られています。

ゴロフキンさんデレビヤンチェンコをしばいてカネロとの3戦目に進む模様…ゲンナジー・ゴロフキンvs.セルゲイ・デレビヤンチェンコ予想

ゴロフキンとデレビヤンチェンコの試合はニューヨークで行われることで話が進んでいるとのことで期限まで迫ってますがまとまらない時もまとまりそうだから少し待ってほしいという理屈が通用しそうだそうです。

ゴロフキンはこれが昨年9月にカネロに疑惑の判定負けを喫してから初めての世界戦になります。IBFタイトルはデレビヤンチェンコとの指名試合よりもカネロとのリマッチを優先したのでこの試合の前には剥奪されておりましたな。

しかしなんの因果かジェイコブスを下してIBFタイトルを獲得したカネロもデレビヤンチェンコとの対戦をすることはなく王座剥奪。デレビヤンチェンコは昨年ダニエル・ジェイコブスとの王座決定戦に負けて以来の世界戦となりますな。

ゴロフキンもデレビヤンチェンコもカネロとの対戦を望んでおりまずはこの試合に勝つことでカネロへの挑戦権とも取れる世界タイトルを手土産にできるので負けられない試合となりそうですよね。まぁスタイル的に噛み合うかは微妙やけど。

ミドル級に降臨した戦いの神…ゲンナジー・ゴロフキン!

続いて10月11日にベルファストにてジェイ・ハリスさんとパディ・バーンズさんが対戦することがアナウンスされましたな。

ハリスさんは今年の6月にアンヘル・モレノを下している無敗のファイター。モレノは3月にWBCフライ級王者のチャーリー・エドワーズに挑んで判定負けしており元ヨーロピアン王者。キャリアハイの勝利を挙げておりかなり自信満々で臨んできますな。

バーンズは3度オリンピックに出ているアイリッシュ。WBC王者だったクリストファー・ロサレスには4ラウンドKOで敗れてその後もアメリカでまさかの判定負けを喫しましたがライトフライ級で世界を目指すと話してましたな。ちなみにバーンズは元銅メダリストで多くの大会で実績を残してます。以下はプロモーターのリー・イートンさんのコメントです。

"俺たちはまたベルファストのショーに戻れて嬉しいしファンタスティックな気持ちだよ。ベルファストのファンたちは素晴らしいし今回の試合もみんなにとって忘れられないような試合になるだろうね。今まで俺たちはベルファストでファイト・オブ・ザ・いやーのような試合を見てきたよね。バーネットもここでリターンした。多くのグレートな試合がされてるよ。"

バーンズさんはかなり運動量は多いからな。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

エドワーズさんセルビーの仇を討つ模様…チャーリー・エドワーズvs.フリオ・セサール・マルティネス予想

adsense
おすすめの記事