adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2017年イギリスで行われたWBO世界ミドル級タイトルマッチ

王者ビリー・ジョー・サンダースvs.ウィリー・モンロー・ジュニアの一戦です!

サンダースさんを捉えるのは一苦労…ビリー・ジョー・サンダースvs.クリス・ユーバンク・ジュニア

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はサンダースの2度目の防衛戦。王者となってからやたらとインアクティブなサンダースさんはサウスポーの技巧派でここまで無敗。初防衛戦ではロシアのアカボフに苦戦したのでここでは快勝したいところですな。

モンローはこれが2度目の世界挑戦のサウスポーの技巧派。ゲンナジー・ゴロフキンに挑んでKO負けしてるものの善戦しており評価を高めたサウスポーはガブリエル・ロサドに判定勝ちしてきましたな。

そしてこの試合はミドル級タイトルマッチにしてはやたらと静かな試合になります。どちらもカウンターパンチャーのため動きに乏しい試合になりますが超満員の観客の中サンダースがその中でも的確性、スピードで上回って判定勝ち。レミューとの試合に駒を進めます。

それでこの試合を振り返ります!

レミューたんサンダースにストーカーしたもののフラれる…ビリー・ジョー・サンダースvs.デビッド・レミュー

試合経過

1ラウンド

サウスポーの両者はお互いに半身に構えてモンローがジャブを放つ。

モンローのジャブはクイックで手数を遠く出してくる。

サンダースは中盤にジャブを当ててそのままクリンチ。

モンローはクリンチの際にワンツーをフックで放つがサンダースは離れ際に鋭いワンツーを放つ。

2ラウンド

モンローは長い間合いからジャブを放ってサイドに回る。

サンダースはジャブをボディに放ってお見合いが続く。

モンローはジャブで顔を弾いてこれなかなか速い。

ジャブは相打ちであたりサンダースはワンツーから右フックを打ち下ろしてモンローは少しバランスを崩す。

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

3ラウンド

サンダースは踏み込んでワンツーと左ストレートを当たらなくても出してくる。

そしてプレッシャーを少しかけてジャブが顔をかすめる。

さらに踏み込んでのジャブをコネクトしてモンローは顔が仰け反る。

モンローはジャブをダブルで放って軽く当てる。

なかなか左を出してこないモンローは踏み込んで右ボディ、アッパーを見せる。

スーパースリックなサウスポー!ビリー・ジョー・サンダース!

4ラウンド

サンダースはじりじり前に出てクイックな左リードを打ち込む。

モンローはジャブを数発放ってこれもまぁまぁ当たる。

サンダースは左ストレートを出してモンローは動き出しにジャブをコツンと当てる。

サンダースは踏み込むがモンローはそこに左右フックを出してくる。

5ラウンド

サンダースはジャブを飛ばしてモンローは離れ際に右フックを出す。

サンダースはジャブを放ってじりじり間合いを詰めてきてモンローはいきなり左をついに出す。

サンダースは体を押し付けてロープで右フックをねじ込む。

モンローは左スイングを返して脱出するとまた右ジャブを放ってくる。

6ラウンド

サンダースはジャブをボディにはなって2人はロングレンジから出ない。

サンダースはジャブをダブルで放つとそのままヘッドロックしてクリンチする。

もみあいになるとサンダースは右フックをコツコツ当てて手数で勝る。

モンローはジャブを返してタイミングのうまさはかなり高い。

スミスさんテンションの上がらない防衛戦へ…カラム・スミスvs.ジョン・ライダー予想

7ラウンド

モンローは左スイングをロングで出してきてガードに当てる。

サンダースはワンツーから左ストレートを大きく振るがこれは空振り。

サンダースはもみ合いになると右フックを打ち下ろしてこれはコツコツ当たる。

そしてクロス気味に左ストレートを浅く当ててそこからコンビネーションでロープに押し込む。

8ラウンド

サンダースはジャブを放ってクリンチされると右ボディをねじ込む。

モンローの顔はジャブで少し弾かれてサンダースは少し間合いを掌握してきた。

モンローは出てくるところに右フックと左フックを返して思うようにはさせない。

モンローはジャブをスイング気味に放って右ボディをねじ込む。

サンダースはモンローはジャブに左クロスを重ねてモンローは顔が仰け反る!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

9ラウンド

サンダースはジャブを放ってアウトプットを増やしてくる。

さらに左ストレートを放ってそのままのしかかりメンタル的にも優位になる。

サンダースはモンローを押し込んで左ストレートをボディに当てる。

さらに右フックから左ストレートを返してジャブがコツコツ顔を捉える。

サンダースさん似合わぬ激戦…ビリー・ジョー・サンダースvs.アンディ・リー

10ラウンド

サンダースはジャブを上下に散らしてモンローは明らかにアウトプットが落ちる。

モンローはワンツーを放ってくるがサンダースはダッキング。

サンダースは踏み込んでそのままヘッドロックなどダーティーなテクも見せる。

さらに踏み込んでワンツーをスイングで放ちそのままクリンチしてモンローに手を出させない。

11ラウンド

サンダースはモンローのワンツーを肩で受けてこの辺りはうまい。

モンローは踏み込んでの右フックを当ててようやく前に出る。

サンダースは左ボディをねじ込んで入り際に右フックを狙う。

モンローは前に出てきてワンツーから左スイングを出すがサンダースは下がってかわす。

12ラウンド

モンローは前に出てきて左フックをスイング気味に当てる。

サンダースは左右ボディを当ててさらに左スイングを放つ。

サンダースはジャブを放ってノーガードで下がり始める。

モンローはKOが必要なはずだがあまり出てこずマイペースなままでジャブを放つ。

採点は115-114.117-111.117-112の3-0でサンダース!

ちなみに僕は116-112でサンダースでした!

流血のディレルと書いて漢と読む…デビッド・ベナビデスvs.アンソニー・ディレル 試合後のコメントもあり!

所感

モンロー左どうした…

と思うくらい左が出なかったですね笑笑。どこか痛めてたのかなと思うぐらい出てなかったしなぜか負けてるのに焦らないのも面白いところ笑笑。

サンダースもとてもマイペースな選手で盛り上がりに欠ける試合になっても見にきてくれるイギリスのボクシングはいいな。ドイツも同じことが言えるけど。

やはりサンダースはなんといっても対応力が高い。中盤になるとモンローの動きをつかんで完全に支配してたしもっとパワーがついたら鬼に金棒かな。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

偉大なる父の名を背負うネクスト・ジェネレーション!クリス・ユーバンク・ジュニア!!

adsense
おすすめの記事