adsense
adsense
pickup

本日ロサンゼルスにてマルセロ・コセレスを11ラウンドノックアウトで下したWBO世界スーパーミドル級チャンピオンのビリー・ジョー・サンダースさん。アメリカデビューを果たしましたが、試合後にコメントをしてくれておりますな。

サンダースさんアメリカに到達…ビリー・ジョー・サンダースvs.マルセロ・コセレス

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

サンダースはこれが世界タイトルマッチでは初めてのノックアウト勝ち。11ラウンドに逆ワンツーからの左フックでダウンさせて再開後は詰めて右アッパーをクリーンヒットさせてるダウンさせ、なおも立ってきたコセレスを左右フックの打ち下ろしでまたダウンさせてストップしましたな。

"見てくれよ。もう誰も言い訳できない。でも今回のパフォーマンスはカネロのものよりもよくはないね。ジェイコブスとか他のファイターもそうだ。俺はこの試合の5日前にアメリカに来たんだよ。言い訳はしてないけど9ラウンドあたりからこいつをノックアウトしないといけないなと思ったよ。俺の頭の動きもタイミングも良くなかったからね。今夜は全てがあまりよくなかったな。確かに勝ったけどこれは俺の1つの勝利に過ぎないし、アメリカのみんなに印象つけたかったんだ。今夜俺ができたのはノックアウトだけだったからみんながそれを楽しんでくれたことを祈ってるよ。とにかく今夜は来てくれてありがとう。"

確かに動きは後半あかんかったね。

スーパースリックなサウスポー!ビリー・ジョー・サンダース!

続いて昨年の10月にニューヨークにてデメトリアス・アンドラーデにフルボッコにされてWBOミドル級タイトル挑戦に失敗していたナミビアのウォルター・カウトンドクワさん。10月26日にカザフスタンにてカナット・イスラムさんと対戦して僅差判定負け。マネージャーさんがダイレクトリマッチを求めていくことになると話しております。

この試合にはWBOインターナショナルタイトルがかけられることになっており勝てばカウトンドクワはまたWBOのランキングを上げることになります。1年ぶりの試合で豪打が爆発できるかどうかとなりますがまた敵地での試合になりましたな。

カウトンドクワは昨年アンドラーデとの決定戦で何回もダウンさせられてスキルの差を見せつけられて大差判定負け。ビリー・ジョー・サンダースの代わりだったかな。以下はマネージャーのトビアスさんのコメントです。

"俺たちはカナットをパワーパンチで倒した。10ラウンドまでしか試合がなかったのはラッキーなことだったよ。ジャッジがより良い男に採点したというならとても判定は不満だね。これは俺たちの手に負える問題ではないしウォルターになんて声をかけたらいいか分からないね。"

カウトンドクワさん打たれて強くないからなぁ。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ボクシングマスター・アンドラーデさん格の差を見せつける…デメトリアス・アンドラーデvs.ウォルター・カウトンドクワ

adsense
おすすめの記事