adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2012年アメリカで行われたIBF世界バンタム級タイトルマッチ

王者レオ・サンタクルスvs.アルベルト・ゲバラの一戦です!!

モレルさんサンタクルスにボコられて引退…レオ・サンタクルスvs.エリック・モレル

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はサンタクルスの3度目の防衛戦。ここまで無敗のサンタクルスはマリンガを下して王座を獲得しており前回の防衛戦からなんと1ヶ月のスパンでの防衛戦。ウェイトがキツくなってきておりましたな。

ゲバラはWBC世界ライトフライ級王者のペドロ・ゲバラの兄。ここまで無敗の技巧派として有名であり10回戦の試合の経験は一度しかないためサンタクルス相手にはかなり厳しい試合が予想されてましたな。

そしてこの試合はゲバラが前半はコンビネーションを放っては放れるボクシングを展開してサンタクルスが攻めあぐねる展開に。しかしサンタクルスは徐々にプレッシャーを強めてコンビネーションからの左フックを当てると後半は圧倒!判定勝ちでバンタム級を卒業しました!

それではこの試合を振り返ります!

メキシカンウォーやないか…レオ・サンタクルスvs.アブネル・マレス1

試合経過

1ラウンド

ゲバラはフットワークを使って間合いを取りコンビネーションを打ち込んで下がる。

サンタクルスは打ってくるところにガードを固めて左ボディを返す。

サンタクルスは間合いを詰めると大振りのワンツーを出すがゲバラはかわしてワンツーを返す。

ゲバラはガードの上でもパンチを当てて来てフットワークで間合いを取る。

2ラウンド

サンタクルスは前に出てワンツーからサイドへの動きに合わせて右フックを放つ。

ゲバラはハンドスピードが速く、打ったらすぐに離れてしまう。

ゲバラは割とパワフルな右をサンタクルスのガードに当ててくる。

そして近づくとボディを差し込んでガードの高さを逆手に取る。

サンタクルスは前に出てワンツーからフックを出してくるがゲバラは左フックをカウンター。

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

3ラウンド

サンタクルスはジャブをボディについて前に出てくる。

ゲバラはジャブにジャブを返してサンタクルスは長い間合いからワンツーを出す。

ゲバラは間合いを詰めると左右ボディを打ち込んでサンタクルスもアッパーを狙う。

そして間合いを詰めると離れ際に左フックをロングで当てる。

サンタクルスは右ストレートから左フックを返してこれがよく当たる。

メキシコが震源地の軽量級の地震!レオ・サンタクルス!

4ラウンド

サンタクルスはプレッシャーを強めて来てゲバラもコンビネーションを放つ。

ゲバラは右アッパーを放つがサンタクルスはそこに右ストレートを合わせる。

そして飛び込んでの左ボディをサンタクルスが当ててアウトプットを増やしてくる。

ゲバラはワンツーをガードの上に当ててサンタクルスも左アッパー、ワンツーを当てる。

5ラウンド

ゲバラはサンタクルスが出てくるところに右打ち下ろしを当てる。

そしてコンビネーションをガードに当てるがサンタクルスは止まらない。

サンタクルスがだんだんロープに詰めるシーンが多くなる。

ゲバラは必ず打ち返すが回転力はサンタクルスが高く段々手数で押し切ろうとしている。

6ラウンド

サンタクルスは矢のようなワンツーを出してかなり長い。

ゲバラと同時に出してもサンタクルスの方が長いのでより深く刺さる。

サンタクルスは空振りも多いが笑いながらコンビネーションを上下に散らしてくる。

ゲバラはワンツーから左アッパーを当ててこちらも上手い。

ゲバラは右目尻をカットして流血。サンタクルスが前に出てゲバラはコンビネーションを放って離れる。

もうちょっと考えて世界戦組めないかなぁ・・・?レオ・サンタクルスvs.ミゲール・フローレス予想

7ラウンド

ゲバラは入り際に右アッパーを当てるがサンタクルスが左フックを当てると一瞬動きが止まる!

ゲバラは離れて何を逃れるがだんだん逃げきれなくなっている。

サンタクルスは間合いを詰めて頭をつけると綺麗な左ボディを当てる。

サンタクルスはラフに迫ってラビット気味にパンチを放ってボディから打ち下ろしを放つ。

8ラウンド

ゲバラはコンビネーションをガードに当てて離れる。

そして長い間合いから右アッパーを見せるがサンタクルスは読んでいる。

サンタクルスはワンツーの後に追いかけるような左フックをロングで浅く当てる。

そして中盤にはサンタクルスが強烈な左ボディを当てて破裂音が鳴る。

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

9ラウンド

サンタクルスはジャブをついて前に出て右ストレートを振る。

サンタクルスは追いかけ回してゲバラは血がまた出始めている。

ジャブがだんだん当たるようになってきたサンタクルスは逆ワンツーも当てる。

ゲバラは少し疲れて来たようで足が止まるシーンが増えてくる。

スティーブンソンさん地元で曲者撃退…シャクール・スティーブンソンvs.アルベルト・ゲバラ 試合後のコメントもあり!

10ラウンド

鼻血を出しているゲバラはかなり苦しくなって来ている。

ゲバラはワンツーを放ってクリンチなどフットワークが衰えて来た。

サンタクルスはスイッチして左ストレートをボディに打ち込んで歓声が響く。

ゲバラももみ合いの中でブレイク後に右フックを当てるなどなりふり構わない。

11ラウンド

サンタクルスは前に出て来てワンツーを放り込んでくる。

ゲバラは足を使うがクリンチすることも多くなりスタミナが苦しい。

サンタクルスは左右ボディからワンツーを顔面に返して弾いてくる。

さらにゲバラの左右フックをブロックして左フックを返すなど経験値の高さを見せる。

12ラウンド

ゲバラはコンビネーションを出すがサンタクルスは左フックをカウンター!

ゲバラはかなりふらついてダメージを負うが足を使って離れる。

ゲバラは流血が激しくなって来ておりクリンチも多くなって来た。

それでもコンビネーションを打ち返して根性を見せてくるがサンタクルスはより正確なショットを返して左ボディを差し込む。

判定は118-110.117-111.116-112の3-0でサンタクルス!

ちなみに僕は118-110でサンタクルスでした!

リベラさん空転…レオ・サンタクルスvs.ラファエル・リベラ

所感

グレートファイトやん…

この試合は実は激闘という点ではサンタクルスの試合の中で1番好きな試合。サンタクルスのベストバウトは個人的にはマリンガ戦ですけどね。

実はバンタム級時代のサンタクルスが1番好きで、この人の止まらない回転のコンビネーションを生かして時代が1番好きだった。前半はゲバラもよく食い下がりましたよね。

ちなみにゲバラは山中慎介にこの後挑んでこの時はKO負け。山中もゲバラに攻めあぐねてるんですけど、試合を決める一撃の大事さがよく分かりますよね。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

アイルランドが誇る端正なレンガの拳!カール・フランプトン!

adsense
おすすめの記事