adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2016年ニュージーランドで行われたWBO世界ヘビー級王座決定戦

ジョセフ・パーカーvs.アンディ・ルイスの一戦です!!

ジョシュアさん必ず勝たなければならない試合へ…アンディ・ルイスvs.アンソニー・ジョシュア2予想

この試合はお互いにとって初めての世界戦。地元のパーカーはここまで無敗でこの試合に勝てばニュージーランド人初のヘビー級チャンピオン。突進力とパワーのある右ストレートを武器としております。

ルイスはぽっちゃり系で後にアンソニー・ジョシュアを破ることになるメキシカンファイター。ルイスもここまで無敗でこの試合に勝てばメキシカン初のヘビー級チャンピオンということですな。

そしてこの試合はパーカーが前に出てくるルイスを相手に足を使ったボクシングを展開。ルイスの打ち終わりを狙ってジャブをついて足の遅いルイスも懸命に追いかける採点の難しい凡戦となりましたが判定は僅差で地元のパーカーに微笑みました!

それではこの試合を振り返ります!!

ワイルダーとやるなど500年速いわ馬鹿者が…アンソニー・ジョシュアvs.アンディ・ルイス 試合後のコメントもあり!

試合経過

1ラウンド

パーカーは前に来るルイスにジャブをついて足を使う。

そして回転の速いワンツーを飛ばして牽制。ルイスもワンツーを出す。

パーカーは足を使って打ちあわずにルイスはガードを固めて前に来る。

ルイスがワンツーで飛び込んでくるとクリンチしてルイスは飛び込んで左フックを狙う。

2ラウンド

パーカーはワンツーをボディに出してルイスは前に来るが足が遅い。

パーカーは左ボディを出すがそこにルイスは左フックのカウンターを狙いパーカーはロングレンジから左ボディを放つ。

ルイスは残り1分で前に出てきて左フックを当てるがパーカーもワンツーを返してお互いのハンドスピードが速い。

3ラウンド

パーカーはロングレンジからワンツーを出して間合いを保つ。

ルイスがワンツーを出すとブロックして左フックを返す。

パーカーは残り1分で間合いを詰めて左右フックを放つがそこにルイスがフックを合わせてこれはうまい。

モダンヘビー級のカリスマボクサー!アンソニー・ジョシュア!

4ラウンド

パーカーはジャブを出してルイスも速いジャブで顔を弾く。

パーカーはワンツーから左フックを中盤浅く当てるがダメージは与えられない。

ジャブを上下に散らしてルイスはジャブに左フックを合わせる。

5ラウンド

ルイスは前に出てきてジャブと左フックで飛び込んでくる。

パーカーは中盤左フックを放つがルイスはそこにワンツーを出してくる。

さらに接近戦ではパーカーがボディをねじ込んでルイスは振り払うように左右フックを出す。

6ラウンド

ルイスは前進してプレッシャーをかけ続けてくる。

パーカーは速いジャブをダブルで出してロングレンジからのワンツーを当てる。

パーカーは終盤ワンツーを当てるがそこにルイスも右オーバーハンドをお返しする。

フューリー様を崇めるのじゃ…タイソン・フューリーvs.トム・スチュワーツ

7ラウンド

パーカーはジャブを出して下がり間合いを保つボクシング。

ルイスは明らかに足が遅くて動き出しにジャブを被弾して顔が跳ね上がる。

さらにパーカーは踏み込んで左右ボディ、ジャブを飛ばして間合いを保ち手数を出してポイントを稼ぐ。

8ラウンド

ルイスは前に出てくるがパーカーは左右フックを返す。

ルイスは前に出てワンツーを出してロープに詰めようとしてくる。

パーカーは中盤コンビネーションを出してルイスも応戦して右を返す。

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

9ラウンド

パーカーは長い間合いからワンツーを出して左アッパーを空振りする。

ルイスは追いかけてくるがジャブを出してそのあとが続かない。

パーカーは右ボディを出すがルイスは左フックを返してプレッシャーをかける。

ワイルダーの指名挑戦者は初回でやられる法則あり…デオンテイ・ワイルダーvs.ドミニク・ブラジール 試合後のコメントもあり!

10ラウンド

ルイスはパーカーの打ち終わりにジャブを返して顔面を弾く。

パーカーはルイスが前に来るとクリンチして少しスタミナが切れている。

パーカーはジャブをついて足を使うがアクションが少なくなっている。

11ラウンド

ルイスはワンツーで踏み込んでプレッシャーをかけてくる。

パーカーは左右ボディを出てくるところに刺してくるが少し押し込まれている。

ルイスは飛び込んでの左フックを見舞ってくるがこちらもあとが続かない。

12ラウンド

ルイスは前に出てきてパーカーは手数を出して遠ざける。

パーカーは右ストレートをねじ込んでルイスが出てくるところにジャブを合わせる。

ルイスは前に出てワンツーと左フックを放り込んできてパーカーも右ストレートをスイングで返す。

判定は 115-113が2人、114-114が1人の2-0でパーカー!

ちなみに僕は114-114のドローでした!

タカムさん岩石のようやな…アンソニー・ジョシュアvs.カルロス・タカム

所感

いやー2人ともノーダメやな…

この試合を通じて2人がダメージを負ったシーンはおそらく皆無。それは別に悪いことではないけどパーカーの戦略によるものでこれはある程度機能してましたよね。

ルイスはハンドスピードはめちゃくちゃ速いけど足は遅い。ジョシュアも足が遅いのであまり目立たなかったけどフューリーとやったらよくわかると思う。

それにパンチの反応も良いわけではないしジョシュアではなくワイルダーが相手なら勝てなさそうな気もするな。ジョシュアとの相性の良さかな。まぁジョシュアが舐めてたのもあるけど。

スーパーマッチへの飛び石…デオンテイ・ワイルダーvs.ルイス・オルティスの試合をテレビで見る方法は?これまでの経歴も紹介!

adsense
おすすめの記事