adsense
adsense
pickup

ウェルター級コンテンダーで今週末にコネチカット州にて無敗のジャロン・エニスとの試合を控えているファン・カルロス・アブレウさん。どちらもノックアウトパンチャーですが自分がエニスをノックアウトするかエニスが自分をノックアウトするかのどちらかだと話しておりますな。

新進気鋭のエニスに期待…ジャロン・エニスvs.ファン・カルロス・アブレウ予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

"判定まで行くつもりはないよ。奴を俺のテリトリーに引き摺り込んでノックアウトしてやるんだ。彼が俺をノックアウトするか俺が彼をノックアウトするかのどちらかだね。彼はとても良いファイターだ。他の駆け上がって決める若手と同じくね。でもこの試合においては俺とやるには早すぎるよ。俺のようなファイターには彼はまだ準備できてないね、これが彼にとって最初のリアルな試合になる。俺はいつも通り仕事をやるつもりだよ。ディープなラウンドに引き摺り込んで6ラウンドから10ラウンド辺りまでやりたいね。俺が判定で負けてたらグダグダになっていたらノックアウトしに行くよ。そのポイントになったら俺が彼がどちらかをノックアウトすることになるね。俺が欲しいものはノックアウトされる奴だよ。俺は自分だろうが彼だろうがノックアウトされるのは構わない。同じラウンドにダウンするのがいいぐらいかな。"

なかなかのフリークやな。

喧嘩やん…ジャロン・エニスvs.アルマンド・アルバレス

続いてかつてハードに挑んだミドル級コンテンダーのジェイソン・ウェルボーンとの試合を控えるフェリックス・キャッシュさん。一方的な試合にすると話してますな。

ミドル級ではWBC.WBA王者にドル箱スターのカネロが君臨。WBO王者に無敗の2階級制覇王者のデメトリアス・アンドラーデがおり元王者のゲンナジー・ゴロフキンも虎視眈眈と返り咲きのチャンスを狙っておりIBFベルトをセルゲイ・デレビヤンチェンコと争ってゴロフキンがダウンを初回に奪って2ラウンドには偶然のバッティングでデレビヤンチェンコが目の上をカットして流血するなどしたもののデレビヤンチェンコは5ラウンドにボディで効かせてコンビネーションを打ち込んで接戦に。ゴロフキンが僅差判定勝ちを収めておりますな。ちなみにゴロフキンは次の試合では指名戦をやる予定になっており、カネロは戻ってこなさそうかな。カネロの次戦はスーパーミドル級と目されております。

"彼の方が経験があるかもしれないけど俺の方がスキルがある。彼はできるだけベストにならないとね。もちろん俺はベストな彼を望むけどね。彼はタフでストロングなやつだ。世界タイトルマッチをやってたしね。試合が続いてる間は良い試合になるよ。"

やるやんけ。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

ミドル級に降臨した戦いの神…ゲンナジー・ゴロフキン!

adsense
おすすめの記事