adsense
adsense
pickup

しばらく試合をしていないWBAレギュラーチャンピオンのシュ・チャンさん。7月31日にイングランドにてレイ・ウッドと防衛戦をするそうですな。

can-xu (2)

チャンさん回転で圧倒…シュ・チャンvs.マニー・ロブレス3

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

チャンは1994年生まれの26歳。中国出身のオーソドックススタイルで昨年1月の試合でアメリカにてプエルトリコの強打者であるヘスス・ロハスを番狂わせの判定で下して王座を獲得しました。

ここまでの戦績は18勝3KO2敗。キャリアの初期に2度判定負けを喫しているもののそこからは連勝して身長175センチの彼はスーパーライト級からフェザー級に徐々にシェイプアップしてきましたな。

ここまでのキャリアでWBAオセアニアタイトル、WBAインターナショナル王座を獲得してWBAのランキングをアップ。レギュラー王者のヘスス・ロハスに挑みましたが正直この試合は個人的にはロハスの判定勝ちだったと思います。

そして初防衛戦では元WBAスーパーバンタム級王者の久保隼と対戦してTKO勝ち。この試合は地元の中国で行われており結構人気もありそうな感じでしたよね。

2度目の防衛戦ではアメリカのカリフォルニアにてマニー・ロブレス3を激戦の末の判定勝ちで下しております。敵地での打ち合いに正確性で勝っておりましたな。

選手としての特徴は高くガードを上げてジリジリと前進してはワンツーで踏み込んで体をつけると左右ボディを突き刺してくるスタイル。ロハス戦でも12ラウンド通じて激しい打撃戦を繰り広げてタフネスとスタミナは証明しております。

さらに彼のボディ打ちはなかなかに強力。2KOの戦績ではあるもののフェザー級で2KOしておりこの階級ではパワーもそれなりにありますな。

しかしこの選手は決定的にパンチへの反応が悪い。離れての距離でのワンツーや接近戦でのアッパーをもらいながら打ってくるので当て逃げができる相手ならこの人に勝つのは難しくはないかな。

大国の期待を担うチャイニーズ・ファイター!シュ・チャン!

続いてスーパーウェルター級プロスペクトのサイラス・パッチンソンさん。この度プロデビューするそうで大きくランキングを上げたいそうですな。スーパーウェルター級ではWBOのハイメ・ムンギアが王座を返上してここにはブライアン・カスターノが君臨しています。WBA.IBF、WBC王者のジャーメル・チャーロ、WBAレギュラー王者のエリスランディ・ララらの王者勢の他にも元王者のジャレット・ハードらがおりますな。ちなみにスーパーウェルター級はかなりチャンピオンの交代が激しく、今いるチャンピオン達は誰も初防衛戦をクリアしてませんね。チャーロとララは2度目の王座のという意味ですが。ウィリアムスはハードに勝って戴冠したものの初防衛戦で地元のフィラデルフィアにてまさかのロサリオにノックアウト負けしてしまいましたからね。

"俺たちはただジムでトレーニングしてスパーリングして相手に備えるだけだ。長いこと前にウォードと良いスパーリングをしたよ。良い成長をしているね。エキサイティングなシーンをプロに持ち込むよ。俺たちはプロデビューで簡単な試合なんかやらない。6ラウンドの試合をやろうとしているんだ。"

なかなかやるやないか。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

グランドスラムの行方はいかに…ジャーメル・チャーロvs.ブライアン・カスターノ予想

adsense
おすすめの記事