adsense
adsense
pickup

IBF世界ライト級指名挑戦者のジョージ・カンボサス・ジュニアさん。WBO.WBA.WBC.IBFチャンピオンのテオフィモ・ロペスとの試合が決まっておりますがテオフィモが喘息持ちであることを話しており、自分との試合で悪化すると話しておりますな。

役者が違うかなぁ…テオフィモ・ロペスvs.ジョージ・カンボサス・ジュニア予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

カンボサスはオーストラリアのコンテンダーでカウンターパンチャー。ギリシャ系のボクサーであり元IBFチャンピオンのミッキー・ベイと元IBF世界フェザー級チャンピオンのリー・セルビーを下して指名挑戦者としての権利を勝ち得ておりますな。

"毎日俺は強くなり続けているよ。テオフィモはコロナに感染していたよね。それに彼は喘息を持っているよね。だから何も彼は何もよくなんかならないよ。彼は俺との試合をしたら悪化するしより悪いシチュエーションに行っているよ。俺はグレートなシチュエーションだしこれから先何ヶ月経っても何年経っても試合に勝てるよ。コロナに感染したことを責めるつもりはないしそれは仕方のないことだ。多くの人がそのことを言い訳に使うけど俺はそんなことを彼がしてるのを見てないよ。でも予防接種はアスリートとしての責任で受けてほしいね。"

テオフィモの持病のことを言うのは許さん。

傲岸不遜なホンジュラスのニューヨーカー!テオフィモ・ロペス!

続いてスーパーウェルター級プロスペクトのジミー・ウィリアムスさん。ユーリ・フォアマンとの試合を控えており大きなチャンスだと話してますな。スーパーウェルター級ではWBOのハイメ・ムンギアが王座を返上してここにはブライアン・カスターノが君臨しています。WBA.IBF、WBC王者のジャーメル・チャーロ、WBAレギュラー王者のエリスランディ・ララらの王者勢の他にも元王者のジャレット・ハードらがおりますな。ちなみにスーパーウェルター級はかなりチャンピオンの交代が激しく、今いるチャンピオン達は誰も初防衛戦をクリアしてませんね。チャーロとララは2度目の王座のという意味ですが。ウィリアムスはハードに勝って戴冠したものの初防衛戦で地元のフィラデルフィアにてまさかのロサリオにノックアウト負けしてしまいましたからね。

"母さんが神といることならわかってるよ。俺の母さんが殺されたことは俺の人生を変えたね。どんなに冷酷な世界なのかわかったよ。みんな好きなことをするし、だからこそ俺は強くなれた。俺は多くのアングルを得られて見方を得た。母さんが殺された時も最後まで戦ったことならわかってるよ。"

なかなかやるやないかい。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

止めれるかどうかの問題…セバスチャン・ファンドラvs.セルヒオ・ガルシア予想

adsense
おすすめの記事