adsense
adsense
pickup

先日ラスベガスにて行われていたフェザー級コンテンダー対決のジョエト・ゴンサレスとミゲール・マリアガの試合はゴンサレスがヒット率と手数で圧倒して大差判定勝ち。元WBOスーパーバンタム級チャンピオンのエマヌエル・ナバレッテがWBOフェザー級タイトルを取れば挑戦したいと希望しておりますな。

スコーピオン世界が逃げてゆく…ミゲール・マリアガVSジョエト・ゴンサレス

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

マリアガは開始からアグレッシブだったもののゴンサレスに動き出しのジャブを狙われて失速。ゴンサレスはプレッシャーをかけまくってきてボディからの打ち下ろしを決めてブレークダウンしてきてマリアガは世界タイトルマッチ以外での初黒星となりましたな。

"俺のプランはファンのみんなにグレートな試合を見せて俺がフェザー級タイトルマッチの準備ができてると見せることだった。この試合に勝ったことでいたいポジションに戻ることができた。ナバレッテがタイトルを獲得したら俺なら彼にグレートな試合ができると思う。チャンとでも試合をやるよ。彼はパンチングマシーンのようだよね。彼との試合ならエキサイティングになるだろうね。"

ゴンサレスさんなかなかのスキルを見せたな。

止まらない弾幕のマシンガン!エマヌエル・ナバレッテ!

続いて無敗のスーパーライト級コンテンダーのアーノルド・バルボサ・ジュニアさん。8月29日にトニー・ルイスと無観客で試合をすることになりましたな。

スーパーライト級はWBO.WBC統一王者にホセ・ラミレスが君臨しておりIBF王者のジョシュ・テイラーとWBA王者のレジス・プログレイスの2人は10WBSSトーナメントの決勝で激突してテイラーが僅差判定勝ちで王座統一。この3人は全員無敗でWBAレギュラー王座決定戦にはマリオ・バリオスとバトイー・アクメドフの試合が昨年9に行われておりバリオスが何とか判定勝ち。ダイレクトリマッチとなっておりなかなかに熱い階級になっておりますな。ちなみにラミレスさんはWBC指名挑戦者で元王者のビクトール・ポストルと対戦しそうな雰囲気でその後にWBO指名挑戦者のジャック・カタオールが控えてる感じですね。以下はルイスのコメントです。

"トップランクとマネージャーにこのようなグレートなチャンスをくれたことを感謝したい。ここ数ヶ月とても苦しかったけど諦めなくて良かったと思うよ。パンデミックで性格がテストされることはわかっていたから俺はトレーニングをしてフォーカスしてきた。チャンスが来るとわかっていたからね。"

やるやん。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

こりゃあ世界取れるな…アーノルド・バルボサ・ジュニアvs.トニー・ルイス

adsense
おすすめの記事