adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2020年9月26日にコネチカット州で行われる予定のフェザー級ノンタイトルマッチ

ダニエル・ローマンvs.エマヌエル・ロドリゲスの一戦を予想します!

ソース画像を表示

ローマンさん徐々に強くなる…久保隼vs.ダニエル・ローマン

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はお互いのフェザー級デビュー戦ですね!!

両者の紹介

ダニエル・ローマンについて

ローマンは1990年生まれの29歳。アメリカのカリフォルニア州のロサンゼルス出身で現在もロサンゼルスでトレーニングをしているメキシコ系アメリカ人ですな。

ここまでの戦績は27勝10KO3敗1引き分け。キャリアの初期に二敗と引き分けを経験したものの世界レベルとなってからは一度しか、しかも僅差でしか負けておりませんな。

これまでのキャリアではNABAタイトルを獲得、さらに無敗のアダム・ロペスと対戦して当時期待のプロスペクトだったロペスをKOしてWBAの指名挑戦者となります。

そして迎えた世界挑戦は日本の神戸で久保隼に挑戦。セルメニョを倒した久保を圧倒してKOにてタイトルを獲得すると初防衛戦も後楽園ホールにて松本亮に判定勝ち。

その後はアメリカにてギャビン・マクドネルをKO、元WBA暫定王者のモイセス・フローレスを完封してさらに前回の試合ではIBF王者のTJ・ドヘニーと統一戦。激戦となり中盤左フックで効いたものの2度のダウンを奪った末の判定勝ちで見事に統一王者となっています。

しかし前の試合ではWBA指名挑戦者のムロジョン・アフマダリエフの前に僅差判定負け。ダイレクトリマッチではなくウェイトを上げることを選択しましたな。

選手としての特徴はガードを固めて前に出て射程距離に入ると上下にコンビネーションを散らしてくる選手。回転力が高く特別なパワーもスピードもないもののとにかくしつこく攻めてくるのが特徴です。

また下がる相手に対してフックで進行方向を塞いでジグザグに追い詰めるなどかなり頭の良いファイターでもあり、スタミナが切れたとしてもコンビネーションを放つど根性タイプの選手ですね!

激闘だけどやっぱスケール小さい…ダニエル・ローマンvs.TJ・ドヘニー試合後のコメントもあり!

エマヌエル・ロドリゲスについて

ロドリゲスは1992年生まれの28歳。プエルトリコ出身でワンツー主体の強打者ですな。アマチュア時代にはユースオリンピックで金メダルを獲得した経験もありますな。

ここまでのレコードは20戦19勝12KO1敗。一度負けているのは前回の試合で井上尚弥さんにスコットランドにてフルボッコにされてボディでダウンを奪われて泣きそうな顔をして2ラウンドTKOで破れちゃった試合ですな。

IBF王座は第1シードとして参戦していたライアン・バーネットが返上したもので、敵地イギリスにて元王者のポール・バトラーと決定戦で対戦。2度のダウンを奪う圧勝で王座を無敗のまま獲得してました。

しかし意気揚々と参戦してきたWBSSの1回戦では指名挑戦者のジェイソン・モロニーに大苦戦。右拳を痛めた影響もあったが後半戦は終始押し込まれてボディ攻撃に四苦八苦。個人的にはモロニーの勝ちと見た試合でした。そして井上さんにボコられましたな。

そして昨年は元WBCチャンピオンのルイス・ネリとの試合をやる予定だったもののネリがウェイトオーバーしてきて試合をキャンセルに。ファイトマネーはなくなりましたが問題児に対するこの対応は多くのファンが評価してますな。

選手としての特徴はオーソドックスの構えで鋭いジャブから右につなぐアウトボクサー。相手の入り際にカウンターを合わせるのがうまく、バトラー戦ではバトラーに強打をチラつかせてプレッシャーをかけて圧倒しましたな。

その反面モロニーのように常にサイドに動いて踏み込んでくる相手は苦手なようで、何度もインサイドへの侵入を許してしまっていた。井上尚弥は段違いの踏み込みのスピード段違いのパワーでロドリゲスを圧倒。ロドリゲス的にはどうしようもなかったかな。

ローマンは井上とは違って接近戦を得意とするファイタータイプ。ロドリゲスはモロニー戦で露呈したようにあまり接近戦が得意ではないので間合いを詰められてしまうと苦しい試合になるかな。

こいつなんでパウンド・フォーパウンドじゃねぇんだよ…井上尚弥vs.エマヌエル・ロドリゲス 試合後のコメント、ドネアのコメントもあり!

試合予想

今回の予想ですがローマンの6ラウンドKO勝ちでいきたいと思います!

ロドリゲスにとってきつい試合になると思うな。ロドリゲスは接近戦をとても苦手としているのはモロニーとの試合で白日のもとにさらされている。

ローマンはどんどん前に出てきてロドリゲスを押し込んでコンビネーションを打ち込んでストップまで持ち込むと思いますね。ボディを織り交ぜたコンビネーションを決めるだろうな。

逆にロドリゲスが勝つとしたらどんどんジャブとストレートを打ち込んでローマンのことを止められた場合。ロングレンジをキープできたらアウトボクシングするのはできると思う。

ただ、ローマン相手にロドリゲスのパンチは通用しないと思う。バンタム級上がりだし、今回2階級も上げてしかもファイターのローマンとやるのはリスクがでかいと思う。

ローマンは打たれて強いしロドリゲスのパンチでは止まらないと思う。上下のコンビネーションをどんどん打ち込んでパワーでも勝って勝ち抜くんじゃないかな。

残念だけどロドリゲスはスーパーバンタム級がいいところだと思う。フェザー級に上げたとしてもローマンとやるべきではないなぁ。やってマグダレノとかだよなぁ。

どちらも良いファイターなんだけどウェイトとスタイルを鑑みたらローマンさんが強いのは固いな。フェザー級のでやるならローマンの方が有利になることは間違い無い。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

地味〜に頑張る木こり職人!ダニエル・ローマン!

adsense
おすすめの記事