adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2020年10月23日にメキシコで行われたWBA世界スーパーフライ級スーパー王座タイトルマッチ

王者ローマン・ゴンサレスvs.イスラエル・ゴンサレスの一戦です!

ロマゴンは衰えたのか?ローマン・ゴンサレスvs.イスラエル・ゴンサレス予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はローマンの初防衛戦。5度目のチャンピオンとなったゴンサレスはニカラグア初の4階級制覇チャンピオン。この試合に勝てばWBCチャンピオンのエストラーダとのリマッチに進みそうですな。

イスラエルは年齢不詳のメキシカンファイター。IBFチャンピオンのヘルウィン・アンカハスにはノックアウトされたものの前チャンピオンのカリッド・ヤファイには大苦戦を強いておりますな。

そしてこの試合は開始からイスラエルが大きくリングを使って善戦したもののスロースターターのローマンがコンビネーションを上下に打ち込んで徐々に圧倒!イスラエルはよく耐えたものの終わってみればローマンが大差判定勝ちを収めました!

それではこの試合を振り返ります!

殺されてしまうぞ…ローマン・ゴンサレスvs.エドガー・ソーサ

試合経過

1ラウンド

イスラエルは開始からジャブをついてリングを回る。

ローマンはガードを固めてジャブをついて追いかける。

イスラエルはアウトボクシング作戦のようでジャブはなかなか長い。

そしてジャブに思い切りの良い左フックを合わせてリングを大きく使う。

ローマンは前に出てくると左ボディを打ち込んで足を止めにくる。

そして間合いを詰めてきてロープへと追い込む。

ローマンは目の上をカットしてしまい、流血する。

2ラウンド

イスラエルは前に来られるとワンツーを打ち込む。

ゴンサレスは強引に出てきて右ストレートをボディへ。

しかしイスラエルは左アッパーを返して左ボディを打ち込む!

ローマンは右打下ろしを当てて激しい打ち合いになる。

そしてローマンは左右フックを当ててきて接近戦はやはりうまい。

ローマンはワンツーの右を当ててきて体格は小さいが当てるのはやはり上手い。

イスラエルはコンビネーションを返して単発では終わらず、アッパーをよく当てる。

ローマンは左アッパーからの右を打ち込み、のしのし前にくる。

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

3ラウンド

ローマンは右オーバーハンドを当ててイスラエルも右を返す。

しかしローマンはロープに追い込むとコンビネーションを当ててきて左フックを離れ際に当てる。

そしてロープに釘付けにしてワンツーを打ち込む!

さらに大きな右を打ち込んできてプレッシャーを強めてくる。

イスラエルは打ち返すものの少し萎縮してるように見える。

バーミンガムのサイドムーバー!カリッド・ヤファイ!

4ラウンド

ローマンは右オーバーハンドを伸ばしてぐんぐんくる。

そしてロープに追い込むと左ボディを当ててスロースターターぶりを見せる。

イスラエルは目に見えて追い込まれるようになり、タジタジ。

それでも中盤にコンビネーションを返して食い下がる。

ローマンは痛烈な左ボディを打ち込んでイスラエルは苦しい。

そしてロープに追い込むと右ボディ、左アッパーを打ち込む。

5ラウンド

ローマンは前に来てワンツーを伸ばしてくる。

イスラエルは振り払うように左右フックを出して打ちおろす。

そしてリングを大きく使っていくが追い詰められるとボディをもらう。

イスラエルは左右ボディを返してアッパーを打ち返す。

ローマンはロープに追い込んでの左右フックとアッパーで追いかけるようにパンチを飛ばす。

エストラーダさん何気にロマゴンに苦戦を強いる…ローマン・ゴンサレスvs.ファン・フランシスコ・エストラーダ

6ラウンド

イスラエルは開始からコンビネーションのフックを打ち込む。

しかしローマンはブロックしてどんどん前にくる。

そしていつも通り止まらないプレッシャーをかけてくる!

ローマンはワンツーを打ち込んで打ち下ろしてくる。

イスラエルも左右ボディを返してきてなかなかタフ。

7ラウンド

ローマンはワンツーを打ち込んできてどんどんくる。

そしてしっかりブロックしてきてイスラエルはロープ際へ。

ローマンはガードの上に右を当ててきてプレッシャーをかける。

さらにジャブを当ててきて左ボディを打ち込む。

イスラエルはよく耐えているがガードがだんだん下がってきた。

8ラウンド

イスラエルは左ボディを受けてローブローをクレーム。

そして入り際に左フックを狙うが左ボディを打たれる。

しかしワンツーを返してローマンの顔も跳ねられる!

ローマンはワンツーを打ち返して手数も多い。

指し手右フックをガードの外から当ててボディを狙う。

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

9ラウンド

ローマンはコンビネーションでボディから攻める。

そして相打ちのジャブを当ててきてワンツーを打ち込む。

イスラエルはボディをローブローでクレームするなど弱る。

ローマンはボディからの左フックをコツンと当てて前に出てくる。

ローマンはボディからのアッパーを打ち込み、一方的になってきた。

ニカラグアの英雄が王座復帰!!カリッド・ヤファイvs.ローマン・ゴンサレス

10ラウンド

ローマンは左フックを大きく振って前に出てくる。

そして左アッパーを打ち込んで顔面を弾いてくる。

イスラエルは左右ボディをうけてほとんど受けるだけになる。

それでもワンツーを打ち返してハンドスピードはより速い!

しかしローマンは止まらずに前に出てジャブを当ててくる。

11ラウンド

ローマンはロープに追い込むとボディとアッパーを打ち込む!

イスラエルは足が止まっており、スタミナも苦しい。

ローマンは容赦無くボディを打ち込み、ブレークダウン。

そして顔面にもフックを返して弾いてワンツーを打ち込む。

イスラエルはよく耐えているがロープ際で動けなくなるシーンも。

12ラウンド

イスラエルはワンツーをガードの上に打ち込む。

ローマンはワンツーを打ち返して前に出てくる。

そしてアッパーを打ち込んで上下にコンビネーションを打ち分ける。

さらに前に出てきて本当にコンビネーションが止まらない。

ローマンは最後までボディを打ち込んでイスラエルも打ち返してよく耐える。

判定は118-110.116-112.117-111の3-0でローマン!

ちなみに僕は117-111でローマンでした!

アンカハスさん強し!!ヘルウィン・アンカハスvs.イスラエル・ゴンサレス

所感

千手観音…

イスラエルよく耐えたなというのが素直な感想ですね。まぁローマンのパンチはスーパーフライ級では流石に軽くなってはいるからそれもあるだろうけどな。

やはりスロースターターのローマンは恐ろしいわ。普通は後半落ちるけどペースが変わらずにコンビネーションが出てくるのはハードワークの賜物だな。

まだ当然のことながらレベルの差はあって、ローマンに勝つのは今でもチャンピオンクラスでないと難しい。そのことがよくわかる試合だったな。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

ニカラグアのスモールジャイアント!ローマン・ゴンサレス!

adsense
おすすめの記事