adsense
adsense
pickup

ワシル・ロマチェンコをしつこいぐらいに挑発しているビッグマウスとして有名なテオフィモ・ロペスとロマチェンコの唯一の対抗王者としてIBFライト級タイトルを保持しているリチャード・コミー。12月にテオフィモの地元であるニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンにて試合をすることが確定とされておりロマチェンコとの4団体統一戦をかけた試合になりそうです。

ソース画像を表示

ワシル・ロマチェンコの対抗馬としてよく知られているIBF王者のリチャード・コミーはガーナ出身の強打者でそのパワーは恐らくワンパンチならライト級最強。多くの対戦相手がコミーを避けているとされており打倒ロマチェンコの最右翼です。

コミーはかつてロバート・イースター・ジュニアとIBF王座決定戦で対戦してダウンを奪ったものの2-1の判定負けで惜しくも王座獲得ならず。その後指名挑戦者決定戦にも惜敗しましたが、2019年2月にマイキー・ガルシアが返上したタイトルをアイサ・チャニエフを2ラウンドKOで秒殺して獲得。ロマチェンコの対戦相手候補に躍り出ました!

その後の初防衛戦では敵地とも言えるカリフォルニアにて元WBO王者でとてもキャリアの長さを誇るベテランのレイ・ベルトランと対戦してウェイトオーバーしてきたベルトランを4度もダウンさせてKO勝ち。相打ちで自身もふらつくシーンもありましたが驚異的なパンチ力でパワーで押し切りましたな。

コミーは右のオーバーハンドを中心とした一撃の威力では恐らくライト級最強。体格的にも大きくそのパワーを生かしたファイトで多くの相手を蹴散らしておりライト級でのKO率は破格です。

テオフィモはホンジュラス系アメリカ人として有名でリオデジャネイロオリンピックにホンジュラス代表で出場しておりプロに入ってからはその爆発的な強打で多くの対戦相手をノックアウト。ビッグマウスも相まって試合は常に注目を集めております。

現在はIBF指名挑戦者としての権利を保持しておりロマチェンコの唯一とも言える対抗王者のリチャード・コミーへの指名挑戦者です。2人の試合は12月にテオフィモの地元であるニューヨークで試合をすることが企画されておりロマチェンコとのWBA.WBO.WBC王座を加えた4団体統一戦をかけた試合となりそうですね。

テオフィモはキャリアの中で元世界タイトル挑戦者のディエゴ・マグダレノをKO。指名挑戦者決定戦では中谷正義に苦戦したもののアグレッシブさで優って判定勝ち。キャリアは20戦にも満ちませんが強敵をすでに倒してきております。

テオフィモはその強さと注目度から批判も多いです。特にマグダレノをKOした後にマグダレノを愚弄するかのようにリングでダンスするなどひんしゅくを買うこと、中谷戦のパフォーマンスが良くなかったなど批判も多いですがそれだけ注目されている証拠ですね!

すでにライト級のウェイトを作ることはかなり厳しいとされており将来的にはスーパーライト級へのウェイトアップを明言しているテオフィモはこれからもビッグマッチに携わることは間違いありません!

ということで、リチャード・コミーとテオフィモ・ロペスの試合をテレビで生中継で見る方法、試合をより楽しむために二人の来歴をまとめてみました!!

メイウェザーさんお抱えのスーパーバッドなタンク!!ガーボンタ・デービス!!


 

テオフィモ・ロペスVSリチャード・コミーの試合をテレビで見る方法

日本からテレビでテオフィモ・ロペスVSリチャード・コミーの試合を見るにはWOWOWのみ!!

f:id:TBT:20190408212449j:image

 結論から言うと、テオフィモとコミーの試合は海外での試合なので地上波はもちろん、スカパーなどでも生中継は致しません。

彼らの試合をテレビで見るにはWOWOWと契約する必要があります!!

ただ、WOWOWと契約すると、この試合だけでなく他のエキサイトマッチや、スポーツ中継、映画なども楽しめるのでこれを機に利用してみてはいかがでしょうか?

(海外ボクシングを見るならWOWOW

WOWOWの月会費は?

f:id:TBT:20190408212513j:image

WOWOWの月会費は月額2,300円(税込2,484円)です。
これで、WOWOWライブ、WOWOWプライム、WOWOWシネマの全チャンネルが見放題なんですね。
ちなみにテオフィモとコミーの試合の放送はWOWOWプライムです。

また、加入した月は無料で、翌月から視聴料が発生します。
たとえば、4/18に加入したとすると、4/18~4/30までは料金無料で見放題、5/1~通常料金の2,300円(税込2,484円)となるわけです。

当月内解約は可能か?

f:id:TBT:20190408212535j:image

結論から言うと、WOWOWの解約は加入月の翌月から可能となりますので、最低でも2,300円(税込2,484円)は必要です。

つまり契約するなら最低2ヶ月間WOWOWを楽しんだ方がお得ですね。
映画も幅広いジャンルでやってますし、スポーツもサッカーやNBAとかテニスとかアメフトとか、格闘技好きなら総合格闘技UFCの試合とかWWEとかやってるので損はないと思います。

WOWOW

f:id:TBT:20190408212548j:image

WOWOWを見るにはWOWOWと契約した上で以下の機器が必要です。

1:BSデジタルチューナー内蔵テレビ、もしくはBSデジタルチューナー内蔵レコーダーなど(要B-CASカード)
2:BSアンテナ、もしくはケーブルテレビ

既に現在、BS放送が見られる・J:COMなどのケーブルテレビ局でテレビを見ている・スカパー!を契約しているなどの場合は、ネットで申し込むだけでWOWOWが見られる状態です。
ネットで申し込みをしてから約15分程度でWOWOWが視聴可能となります。

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

世界を旅するガーナのパワーパンチャー!リチャード・コミー!



テオフィモ・ロペスについて

ソース画像を表示

ロペスのプロフィール

ロペスは1997年のニューヨークのブルックリン生まれの22歳。ホンジュラス系アメリカ人であることが知られておりますがご本人は生粋のニューヨーカーで現在もブルックリンに住んでおりニューヨークを拠点としておりますね。

ロペスはアマチュアの頃からライト級で試合をしており2015年のナショナルゴールデングローブに優勝。2016年のリオデジャネイロオリンピックへの参戦を目指してましたがアメリカ国内予選で敗れています。しかしホンジュラスのチームに入ってオリンピック出場していますね。

プロモーターはワシル・ロマチェンコと同じくトップランクでボブ・アラムが率いる世界で最も大きなプロモート会社です。リチャード・コミーも同じ系統なのでライト級にいる間は対戦相手に不自由することはないかな。

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

こんなの勝てねぇよ…ワシル・ロマチェンコvs.ロムロ・コアシチャ


これまでの経歴、中谷戦まで

ソース画像を表示

ロペスはリオデジャネイロオリンピック終了後の2016年20歳の時にプロデビュー。デビュー戦は6階級制覇王者であるマニー・パッキャオの現役復帰戦であるジェシー・バルガスとのWBO世界スーパーウェルター級タイトルマッチの前座でラスベガス。この試合ではロペスはダウンを喫しておりますが2ラウンドでKOしています。

性格的にアメリカ式のゆっくりキャリアを積む方式があまり合わなかったのかロペスは3戦目から6回戦を戦います。プロ6戦目までオールノックアウト勝ちを収めてきたロペスはニューヨークやフロリダで経験を積みます。

プロ9戦目には8回戦を行うと初回KO勝ち。9戦目でニューオーリンズにて10回戦を行います。対戦相手はウィリアム・シウバでブラジルの技巧派。テオフィモよりも経験で勝りWBOラテンタイトルを保持していたこともあり12ラウンドの試合をした経験のある強敵です。テオフィモと同じくオリンピアンでトップランク期待のフェリックス・ベルデホに負けた試合のみが唯一の敗戦でWBOコンチネンタルタイトルを持つ相手ですね。

ベルデホ相手に判定まで粘ったシウバにテオフィモは持ち前の左右フックと圧力の強さで初回からダウンを奪う圧勝。5ラウンドと6ラウンドにもダウンを奪ってストップ。。。説得力のある攻撃でテオフィモが世界にその名を轟かせます!!

そして次戦ではテオフィモはコンテンダーといきなり対戦。メイソン・メイナードとのNABF,NABO王座決定戦をニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンにて行います。メイナードは元WBO王者のレイムンド・ベルトランと対戦し、テオフィモと同じく若きプロスペクトのデビン・ハニーとも対戦してKO負けしているコンテンダー。NABOタイトルを保持していたことがある技巧派ですね。

そしてこの試合はテオフィモが大爆発!!!ハニーがストップに9ラウンドかかった相手をテオフィモは開始から襲い掛かってまさかの初回44KO!驚異的な爆発力を見せて世界にその圧巻のパフォーマンスと才能を見せます!

メイナードを蹴散らしたテオフィモは次戦でまたまたビッグマッチを引き当てます。今回の相手はディエゴ・マグダレノ。元WBOスーパーバンタム級王者のジェシー・マグダレノの兄でコンテンダーのディエゴはかつてWBOスーパーフェザー級王者のローマン・マルティネスに肉薄したものの僅差判定負け、さらにWBOライト級王者のテリー・フラナガンとも対戦しましたがこの時はフラナガンの乱打戦に捕まって2ラウンドKO負けを喫しているコンテンダーです。

そしてこの試合でもテオフィモはタフなマグダレノを圧倒。マグダレノは懸命に打ち返すもののテオフィモはマグダレノのパンチを被弾しても意に介さず押し込みまくって7ラウンドにKO。快勝しましたがこの後に敗れたマグダレノが横たわる近くでマグダレノを愚弄するかのようなダンスをしてしまい大きな不興を買います。テオフィモはこのことを受けても意に介さず次の試合でも同じことをしてやると話しておりこの頃からロマチェンコの実名を出して挑発するなど性格面で問題が出てきましたな。。。

そしてノーダメージのテオフィモは2か月後にニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンでテレンス・クロフォードとアミール・カーンのWBO世界ウェルター級タイトルマッチのPPVのセミファイナルに抜擢!相手はフィンランドの技巧派であるエディス・タトリになります!

タトリはコソボ生まれのコンテンダーでヨーロッパ王者。かつてWBA王者だったキューバのリチャード・アブリルに挑んで僅差判定負けを喫している技巧派でキャリアの中でWBAインターコンチネンタルタイトル王座、ヨーロッパ連合王座を獲得してきた強豪です。

テオフィモはそんなタトリをパワーで圧倒!!タトリも正確なジャブでテオフィモの顔をはじいていたもののテオフィモはものともせずに力技で5ラウンドにKO!!世界ランキングを上げることになりIBF指名挑戦者決定戦へと駒を進めます。

ノックアウト・オブ・ザ・イヤーきたか!?ワシル・ロマチェンコvs.アンソニー・クローラ 試合後のコメントもあり!




中谷とコミーとの指名試合

ソース画像を表示

タトリを難なく下したテオフィモは自身初めてのメインイベントをアメリカのメリーランド州のMGMグランドナショナルハーバーで行うこととなります。そしてこの試合はIBF指名挑戦者決定戦となりましたね。

対戦相手は日本の中谷正義。OPBF王座を長い間防衛してきた強敵でライト級としては破格とも言える180センチの身長と長いリーチを誇る無敗のコンテンダー。テオフィモがデビューした時から12ラウンドの試合をしている経験豊富な選手でもあります。

この試合はテオフィモが圧倒的優位の予想で迎えました。中谷はアメリカのファンには知られていないからです。しかし蓋を開けてみればテオフィモはまさかの大苦戦。中谷の長いジャブと相打ち覚悟の右リードを何発も被弾してしまうテオフィモは運動量で勝りポイントをこそ失いませんでしたが目の周りは腫れておりダメージを感じさせながらも大差判定勝ち。しかし内容からかなり苦戦しており多くのファンがテオフィモはまだ世界は早いのではないかとの声も上がりましたね。

プロモーターのボブ・アラムもテオフィモはまだ学ぶべき多くのことがあると話しておりロマチェンコもこの試合を見て誰でもないやつに苦戦してたと批判。テオフィモは試合後にパーソナルな問題を抱えていたことを明かしましたがコミーもパーソナルなんか誰にでもあるわと一喝されておりましたな笑。

コミーへの挑戦は見送るのではないかとみられたテオフィモでしたが12月14日にテオフィモの地元であるニューヨークで試合をする話が出ているそうで正式アナウンスが待たれております。

中谷さんまさかのテオフィモにテストを与えるテオフィモ・ロペスvs.中谷正義

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

今後期待される試合

ソース画像を表示

テオフィモに今後期待される試合はワシル・ロマチェンコ、リチャード・コミー達のライト級トップ選手達との対戦ですね!

ライト級は正直WBA.WBC.WBO王座を統一しているワシル・ロマチェンコが頭1つ飛び抜けております。オリンピックで2度金メダルを獲得してプロでも3階級制覇。少し手のつけられない強さを見せてますよね。

テオフィモは多くのファンに期待されており打倒ロマチェンコを期待されるファイターの1人です。まずはロマチェンコへの挑戦権を得るためにコミーの持つIBFタイトルを取りたいところですがコミーもえげつない強打者なので簡単に勝つことは間違いなくできません…

ライト級には他にも同じく若きコンテンダーのデビン・ハニーやロマチェンコに肉薄したロンドンオリンピック金メダリストのルーク・キャンベル、ロマチェンコをダウンさせた元3階級制覇王者のホルヘ・リナレスなどがおりテオフィモはまずこのクラスに勝たないとなりませんね!

テオフィモさん試練の予感リチャード・コミーvs.テオフィモ・ロペス予想




テオフィモのファイトスタイル

ソース画像を表示

テオフィモのファイトスタイルはシンプルでありますが割と幅広くもあります。基本的には相手と間合いを詰めて左右フックを振り回して力で潰しに行くスタイルですね。

しかし中谷戦のように長い間合いを持つ相手には少し間合いを取り動き出しや打ち終わりを狙ったり足を使ってアウトボクシングするなどできることは割と広いですね!

ガードの上からでも容赦なく叩きつけるような左右フックの威力はかなりあり一撃ではなくコンビネーションで放つため対戦相手は根負けしてしまう感があります。下がる相手にはめっぽう強いのも特徴的ですね!

反面基本的に自分から出て行くタイプであることとパンチがオープンになるので動き出しなどにパンチはもらいやすいです。テオフィモを苦戦させた中谷は相打ち覚悟でジャブをついたり右リードを動きだしに放つなどしてテオフィモの顔面にダメージを残してましたよね。

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

キャンベルさんペドラサ並みの頑張り・・・ワシル・ロマチェンコvs.ルーク・キャンベル

まとめ

ソース画像を表示

いかがでしたでしょうか?圧倒的なパワーと若さに任せた勢いで相手を圧倒して叩き潰すスタイルのテオフィモ・ロペス。エンターテイナーとしての才能は確かなものでこれからも長きにわたって活躍することが期待されます。

テオフィモはライト級に属していてライト級にはWBA.WBC.WBO王座を統一しているワシル・ロマチェンコが群を抜いて強いです。そしてこのロマチェンコに対抗できるのはテオフィモがターゲットとしているIBF王者のリチャード・コミー、WBC世界暫定王座を争うことになっているデビン・ハニー、テオフィモ・ロペスではないかと見られています。

テオフィモ・ロペスはリチャード・コミーへの指名試合を控えているとのことでこの2人の勝者がロマチェンコとの対戦を実現することは確実視されておりそうなれば夢の4団体統一戦。テオフィモが勝てば口だけではなくて本当にキャリアの初期から4団体統一からのパウンド・フォー・パウンド入りと前途洋々となりますね。

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

カリフォルニアの左フッカー!ホセ・ラミレス!

リチャード・コミーについて

f:id:TBT:20190408213523j:image

コミーのプロフィール

リチャード・コミーは1987年ガーナのアクラ生まれの32歳。ボクシングの土壌がないアフリカの出身ながら持ち前の強打でガーナ、南アフリカ、イギリス、デンマーク、ドイツ、ロシア、アメリカと世界各地を転戦。判定ではなくKOを積み重ねることでランキングを上げてきた骨太の選手です。

コミーは現在アメリカの大手プロモーターであるルー・ディベラに見いだされて契約。現在はアメリカを主戦場としていますね。

また、アフリカ人の世界王者はとても珍しいです。ボクシングの土壌がなく、どうしても世界で戦うにはアフリカだけではなく他の国で試合をする必要がある彼らはかつてはアズマー・ネルソン、ブヤニ・ブング、現代ではゾラニ・テテ、アイザック・ドグボエらを輩出してきましたが、ほとんどの選手が敵地で勝ち切ってきた選手でコミーも例外ではありません。

イースターさん善戦やないですかマイキー・ガルシアvs.ロバート・イースター・ジュニア

これまでの経歴、タイトル戦まで

f:id:TBT:20190408213629j:image

コミーは2011年25歳の時にプロデビュー。デビュー戦から6回戦を戦っており3戦目からは8回戦。驚異的なペースで試合をこなして2011年の12月には全勝全KOでガーナタイトルを獲得します。

2012年にはイギリスにも進出して2KO。2013年にはビラル・モハメドとのIBFアフリカ大陸王座を7ラウンドKOで制してタイトルを獲得しています。さらにイギリスでポール・トラスコットを8ラウンドでKOしてコモンウェルス王座への指名挑戦権を獲得。手の付けられない強さを示します。

さらに空位のABU王座も獲得すると2014年にはイギリスで空位のコモンウェルス王座をゲイリー・バックランドと争ってキャリア初となる判定勝ち。12ラウンド戦えるスタミナも証明しています。

さらにデンマークでコンテンダーのサミール・ジアニと対戦して苦闘の末敵地で勝ち切る10ラウンド判定勝ち。無敗を継続します。

2015年にはアメリカに進出してバオジール・ママジョノフと対戦。空位のIBFインターコンチネンタル王座を争って8ラウンドKOで下しています。その後もドイツ、デンマークでKO勝ちを収めたコミーは2016年に世界戦を引き当てます。

貫通力満点のワンツーパンチャー!マイキー・ガルシア!

初の世界戦とリベンジまで

f:id:TBT:20190408213653j:image

コミーは2016年9月にアメリカで初めての世界戦。キューバの強豪であるランセス・バルテレミーが返上したIBFタイトルを無敗のロングマンロバート・イースター・ジュニアと争うことになります。

イースターはこのクラスにしては破格の180センチの身長、193センチのリーチを誇る文字通りの難敵。元スーパーフェザー級王者のアルへニス・メンデスを5ラウンドKOした経験もある強打者でもあります。

めっちゃちなみにイースターは今まで逮捕などのトラブルは聞かれていないものの問題児のエイドリアン・ブローナー、ガーボンタ・デービスと仲良し。夜の街では出くわしたくないバッドボーイ軍団の一員です・・・

この試合は開始から前に出てオーバーハンドの右を振り回すコミーとイースターのロングレンジからのジャブが交錯する緊迫感のあり試合に。甲乙つけがたい試合となりましたがコミーが8ラウンドに右クロスでダウンを奪います。しかしジャッジはイースターの正確なジャブを評価して2-1の僅差判定はイースターへ!コミーは惜しくも初黒星となりました!!

しかしこの試合で無名から大きく評価を高めたコミーはルー・ディベラと契約。アメリカを主戦場とするようになります。

そしてコミーはランキングを落とすことなく敵地であるロシアのモスクワでデニス・シャフィコフとのイースターへの指名挑戦者決定戦に臨みます。シャフィコフはかつてミゲール・バスケス、ランセス・バルテレミーと2度IBFライト級王座に挑んで敗れているインファイターです。

しかしながらコミーにとってシャフィコフとの相性は最悪でした。シャフィコフは序盤から体ごとコミーをロープに押し込んで連打。コミーは腕を振り回すスペースを与えてもらえず時折強打を返すものの押し込まれるシーンが目立ちます。そして判定は2-1でシャフィコフへ。コミーはまさかの連敗を喫してしまいます。

しかしコミーはへこたれずに2017年3月に復帰。ヘディー・スリマニとのWBCインターナショナルシルバータイトル決定戦を判定で制してまたもタイトルを獲得してきます。

そして迎えた次戦は強打のアレハンドロ・ルナとのIBFライト級指名挑戦者決定戦に臨みます。ルナは強打者として有名でここまで全勝の勢いのある選手です。

しかしこの試合はコミーの独壇場に。序盤から長いリーチでルナをはたき落とすような右を何度も決めてその強打の破壊力を感じたルナは踏み込めず。6ラウンドに2度のダウンを奪ったコミーがTKO勝ちで指名挑戦者となりました!!

そしてチューンアップバウトをクリアしたコミーは2度目の世界挑戦へと臨みます。

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ウォータースさんノーマスされてしまうワシル・ロマチェンコvs.ニコラス・ウォータース



界王座獲得とロマチェンコ戦の延期

f:id:TBT:20190408213741j:image

 指名挑戦者としての権利を得たコミーでしたが王者だったイースターはWBC王者のマイキー・ガルシアと統一戦へ。この試合で勝利したマイキーがコミーのターゲットとなりますがマイキーは2階級あげてウェルター級でIBF王者のエロール・スペンスとのビッグマッチへ。コミーとの対戦を回避して王座を返上します。

そして王座挑戦のチャンスが回ってきたコミーはランキング上位のロシアのコンテンダー、アイサ・チャニエフと対戦します。チャニエフは元WBA暫定王者であるイスマエル・バロッソに勝利しておりIBFインターコンチネンタル王座を保持する出入りの激しいボクサーです。

そしてセルゲイ・コバレフVSエレイデル・アルバレス2の前座で行われたこの試合はコミーが大爆発!!はたき落とすような右でチャニエフの出入りを制限すると右のオーバーハンドで初回ダウンを奪い、2ラウンドに一気にフィニッシュ!!3度のダウンを奪う圧巻のパフォーマンスでついに世界王座を獲得しました!!

この試合直後からロマチェンコ擁するトップランクのボブ・アラムはコミーとのWBA,WBO、IBF王座の統一戦を画策します。そして両者の試合の機運が一気に高まりますがコミーは強打者ゆえに初回で右拳を負傷。戦線離脱しロマチェンコはいったんWBA指名挑戦者のアンソニー・クローラと試合をすることになりました。

ロマチェンコはクローラ戦を難なくクリアしてその後もWBCタイトルをルーク・キャンベルと争って判定勝ちして3団体を統一。残るはコミーの持つIBFのみとなりましたね。

チャニエフさん粉砕!!リチャード・コミーvs.アイサ・チャニエフ


ベルトラン戦とテオフィモとの指名試合

ソース画像を表示

チャニエフを粉砕したコミーは負傷で戦線離脱。しかし6月にリング復帰することになり4か月という王者としては普通のペースで試合を行うことになります。対戦相手は元WBO王者でタフなベテランのレイムンド・ベルトランと対戦します。

ベルトランはメキシコのファイターですがアリゾナ州で家族と共に暮らしておりグリーンカードを得るために世界王者になろうとしていたことで有名ですね。かつてはテレンス・クロフォードに挑んで圧倒されながらもダウンとストップを拒否するタフさを見せており、リッキー・バーンズには敵地のイギリスでホームタウンディシジョンによる判定負け、元2階級制覇王者の粟生隆寛と決定戦で対戦してKO勝ちしたものの試合後のドーピング検査で陽性。。。その後元WBAスーパーフェザー級暫定王者のブライアン・バスケスを僅差で下して元WBA王者のパウルス・モーゼスと対戦して激闘の末判定勝ち。王者となりましたが元IBFスーパーフェザー級王者のホセ・ペドラサに左アッパーでダウンを奪われての判定負け。王座を追われておりましたな。

そしてカリフォルニア州で行われたこの試合はアウェーともいえるコミーが爆発的なパフォーマンスを見せてくれます。初回からベルトランをダウンさせるとベルトランの相打ち覚悟のカウンターをもらいながらもパワーで圧倒。ウェイトオーバーしてきたベルトランをものともせずに圧倒的なパワーで中盤TKO...パワーはライト級最強であると示しましたな。

そしてコミーの次戦は12月14かにまたまたアウェーのニューヨークにて指名挑戦者のテオフィモ・ロペスと。テオフィモはリオデジャネイロオリンピック代表のホンジュラス系アメリカ人でニューヨーカー。打倒ロマチェンコの最右翼とされてましたが指名挑戦者決定戦となった中谷正義戦では長い間合いに苦戦。判定勝ちしたもののまだこのクラスには早いのではないかとみられます。

唯一の対抗王者であるWBC.WBO.IBF王者のワシル・ロマチェンコもこの時期に防衛戦を行うと見られておりこの試合に勝てばロマチェンコとの4団体統一戦に進めることになりますね!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

パワーだけならライト級最強かなリチャード・コミーvs.レイムンド・ベルトラン試合後のコメントもあり!

コミーのファイトスタイル

ソース画像を表示

コミーのファイトスタイルはとても豪快です。身長175センチ、リーチ180センチとライト級では比較的大柄なコミーは大振りの右フック、オーバーハンドをぶち込んでくるめっちゃ怖いボクサー。

接近戦は腕を振り回せるスペースがなくなるため苦手なようですが、腕力に優れているため打ち下ろしの右を放つなど気が抜けない相手です。多少被弾したとしてもぐいぐい前に来て強打を振ってくる彼のスタイルは相手からすると恐怖ですね・・・

当たると一撃で終わらせれるパワー持つ彼ですが距離の詰め方はかなり繊細。まっすぐではなくジグザグに間合いを詰めてサイドに動くとフックを出してくるのでロープに詰まると極めて危険ですね。

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

キャンベルさんペドラサ並みの頑張り・・・ワシル・ロマチェンコvs.ルーク・キャンベル

まとめ

いかがでしたでしょうか?圧倒的なパワーで相手を圧倒して叩き潰すリチャード・コミー。彼の爆発力は驚異的で対戦相手は12ラウンドずっとコミーのパンチを警戒しないとならない非常に怖いボクサーです。

コミーはライト級に属していてライト級にはWBA.WBC.WBO王座を統一しているワシル・ロマチェンコが群を抜いて強いです。そしてこのロマチェンコに対抗できるのはコミーとテオフィモ、もしくはデビン・ハニーぐらいしかいないと思います。

そしてコミーもテオフィモ・ロペスとの指名試合を控えているとのことでこの2人の勝者がロマチェンコとの対戦を実現することは確実視されておりそうなれば夢の4団体統一戦…コミーが勝てばアフリカ人初の4団体統一と夢が大きく膨らみますな。

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

メキシコが生んだスーパーウェルター級の巨兵ハイメ・ムンギア!!

まとめと試合予想

ソース画像を表示

いかがでしょうか。現在のライト級はWBC、WBA、WBOタイトルを統一しているワシル・ロマチェンコのワンマン階級であることは間違いないです。しかしそこに風穴を開けられる可能性があるのはコミーとテオフィモのようなパワーでロマチェンコに勝れる相手なのかなと思います。

コミーとテオフィモの試合予想ですがコミーが判定勝ちするのではないかと思います。理由はテオフィモがこれまで対戦してきた相手は技巧派が多く、テオフィモがまともにパンチをもらったとしてもそこまで危ない相手はいませんでした。テオフィモはテクニックではなく力で相手をつぶすスタイルのため自分よりもパワーがある相手に近づけるのか疑問です。

しかもコミーのパンチは一撃でもまともにもらうとやばいです。テオフィモは中谷との試合を見るにあまり打たれて強くはないかなと思います。中谷はハードパンチャーでもないので階級屈指のハードパンチャーのコミーのパワーを感じて前に出られなくなり遠い間合いから削られて判定負けとなるのではないかな。

もちろん手数と回転力、運動量ではテオフィモが勝るでしょうがコミーは相打ちでも迷わず振り回すのでマジで怖い。実はロマチェンコに勝てるとすればコミーのワンパンチかなとも思うので僕の予想はコミーです。

どちらに転ぶのかはまだわかりませんが勝ったほうがライト級では史上初となる4団体統一戦となるワシル・ロマチェンコとの対戦に進むことになるのは間違いないです。ロマチェンコもこの時期に試合をやりそうな雰囲気なので見逃せない試合になりますね!

コミーとテオフィモの試合をテレビで見るにはWOWOWが最適です。興味がおありであれば以下のリンクからご契約してみてはいかがでしょうか?

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ウクライナの最高傑作にして超精密なハイテク!!ワシル・ロマチェンコ!

adsense
おすすめの記事