adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2005年ラスベガスで行われたスーパーウェルター級ノンタイトルマッチ10回戦

アイク・クォーティvs.カルロス・ボホルケスの一戦です!

フィニッシュ力が違うわ…クリサント・エスパーニャvs.アイク・クォーティ

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はクォーティの再起3戦目。2005年になってから5年ぶりにカムバックしてきたクォーティは元WBAウェルター級チャンピオン。デラホーヤとの激戦などで歴史を残しておりますな。

ボホルケスはメキシコのハードパンチャーでカリフォルニアを主戦場としているベテランコンテンダー。かつてIBFタイトルをかけてバーノ・フィリップスと試合をしてノックアウト負けしておりますな。

そしてこの試合は開始から前に出てくるボホルケスにクォーティがカウンターと得意のジャブを当ててリードする展開に!クォーティは徐々にダメージを蓄積させて10ラウンドにボホルケスがフックで棒立ちになるとストップとなりました!

それではこの試合を振り返ります!

ベテラン同士の好試合やね…アイク・クォーティvs.バーノ・フィリップス

試合経過

1ラウンド

クォーティは開始からガードを高く上げてジャブをヒット!

そして覗き見ガードからコツコツジャブを飛ばしてくる。

ボホルケスは前に出てきてワンツーを打ち込む。

そしてプレッシャーをかけてくると被弾しながらジャブを返す。

しかし鼻が腫れてきて、クォーティのパンチが的確に当たる。

2ラウンド

ボホルケスは打ち終わりに綺麗にジャブをコネクト。

クォーティはニヤリと笑ってまたガードを高くあげる。

そしてジャブをコツコツ当ててボホルケスはボディを返す。

ボホルケスは右をコネクトしてクォーティはロープに後退!

しかし右を返してきてパンチの鋭さはやはりすごい。

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

3ラウンド

ボホルケスはボディを打ち込んできてジャブを伸ばす。

クォーティはガードを固めてジリジリと前に来る。

そしてロープに下がってガードを固めて冷静にジャブを返す。

クォーティはジャブを返してすぐに間合いを取る。

しかしボホルケスもクロスを返して食い下がってくる。

パンチの硬さは最高級…アイク・クォーティvs.アルベルト・コルテス

4ラウンド

クォーティはジャブをサイドに回って顔を弾く!

そして下がってジャブを伸ばして間合いを取る。

ボホルケスはガードの上からワンツーを打ち込む。

クォーティは笑いながらより鋭いボディを返してくる。

ボホルケスは左右ボディを返してフックを打ち込む。

5ラウンド

クォーティはサイドに回ってジャブをコツコツ出す。

そして出てきたところに大きなアッパーを返す。

ボホルケスはジャブを返してきて被弾しても耐える。

そして前に出てくると左右ボディを打ち込んでくる。

しかしクォーティは右アッパーを返して顔を弾く!

6ラウンド

クォーティはジャブをついてジリジリ前に出てくる。

そしてジャブからの右アッパーをヒットさせる。

ボホルケスは少しガードが甘く、被弾率が高い。

しかし前に出てくると左右フックを打ち込んでくる。

クォーティは打ち終わりにカウンターを返してフックを当ててボホルケスの左目上はカット。

デラホーヤさんのベストバウトの1つのはずだ…オスカー・デラホーヤvs.アイク・クォーティ

7ラウンド

クォーティはジャブを伸ばしてすぐに間合いを取る。

そしてガードをガッチリと固めてジャブをボディに伸ばす。

ボホルケスは顔を腫らして少しずつプレッシャーも弱まる。

クォーティは右を打ち込んですぐにサイドへ回る。

そしてボディを打ち込んできて打ち下ろしを当てる。

8ラウンド

クォーティはジャブをついてきてサイドへと回る。

そして動き出しに綺麗にジャブをコツコツ当ててくる!

クォーティはジャブを相打ちのタイミングで当てる。

さらにインサイドでボディからのフックを返してくる。

ボホルケスはめげずに前に来るが顔は鮮血に染まる。

クッソ良い試合…フェルナンド・バルガスvs.ウィンキー・ライト

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

9ラウンド

ボホルケスは前に出てきてプレッシャーをかけてくる。

しかしクォーティは冷静にジャブをコツコツ返す。

そして顔を弾いてきてすぐにサイドへと回っていく。

クォーティは頭をつけると右アッパーを返してくる。

そしてフックを当ててきてガードの外から当てる。

10ラウンド

クォーティはジャブを伸ばしてきてガードを固める。

そして下がってフックを打ち終わりに伸ばしてくる。

ボホルケスは前に出てきてガードの上にワンツーを当てる。

クォーティは出てきたところに左フックを合わせる。

そして左右フックを当ててボホルケスは棒立ちになり、レフェリーがストップしました!

何も起こらせない強さ…ウィンキー・ライトvs.アイク・クォーティ

所感

やっぱこいつ強いわ…

クォーティさんやはり強いですね。足が少し止まりがちなところと思わぬカウンターを食らってしまうところはあるけどパンチがとても強いわ。

まぁ少し集中力に難があるのかな。試合のどこかのポイントでパンチを食らってふらついてしまうことがよくあるからな。まぁそれでもストップ負けないけど。

それでもフィニッシュはかなりすごいし、パンチの硬さは一級品。アラフォーになってたんだけどこの人のパンチのハンドスピードは異常なほどやね。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

オックスナードの危険なフェロシアス!フェルナンド・バルガス!

adsense
おすすめの記事