adsense
adsense
pickup

元IBF世界バンタム級チャンピオンで先日レイマート・ガバジョとWBC暫定王座決定戦を行って疑惑の判定負けで敗れているエマヌエル・ロドリゲスさん。アウトボクシングで優位に立ったと思われ、かなり議論を呼んだ採点となりましたが抗議することを明らかにしておりWBCにリマッチを求めていくようですな。

ロドリゲスつくづくついてないね…エマヌエル・ロドリゲスvs.レイマート・ガバジョ

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ロドリゲスは昨年スコットランドにてWBSSトーナメントで井上尚弥と激突して2ラウンドノックアウト負け。その後はルイス・ネリのウェイトオーバーやノニト・ドネアのコロナ感染で不運が続いておりましたな。

試合では長い間合いからジャブを打ち込んで個人的にはリードしていたと思います。ジャブのカウンターで何度かガバジョをふらつかせており、目に見えるポイントも彼の方が多かったよね。

"8ラウンドと9ラウンドは取られたけどそれ以降は俺が取っていたし彼が俺に勝てるはずがなかった。もっとオフェンシブになれたのは事実だけどその必要もなかった。ガバジョはとてもハードなパンチを持っていたし、勝っていたのになんでそんなリスクを冒さないといけないんだ?WBCが試合をレビューして決断を下すのを待ってるよ。リマッチは実現すると思うけど彼らの決断を待たないとね。"

リマッチならまた混乱やね。

プエルトリコの硬質マニー!エマヌエル・ロドリゲス!

続いてスーパーフライ級コンテンダーであるサウル・サンチェスさん。マリオ・エルナンデスとの試合をアナウンスしましたな。

スーパーフライ級は日本で言うとWBO王者に日本人初の4階級制覇王者の井岡一翔が君臨しておりWBCには2階級制覇王者でスーパーフライ級最強とされていたシーサケット・ソールンビサイを破ったファン・フランシスコ・エストラーダが君臨しています。さらにIBFには長期政権を築いているフィリピンのヘルウィン・アンカハスがおりWBAにはこれまたレジェンドの4階級制覇チャンピオンのローマン・ゴンサレスが君臨ですな。

このうちのゴンサレスとエストラーダが統一戦が期待されておりこれからの交渉の結果によりますが、ゴンサレスが多額のファイトマネーを求めていることがネックとなっているようで今のネゴシエーションは難航しておりますね。

"コーチのロブレスととてもハードにトレーニングしてきたよ。世界ランキングを手にするためにとてもよく準備をしている。フォーカスしてるし世界に示す準備はできている。なぜ俺がボクシングでトッププロスペクトなのかをね。ロサンゼルスのファイター同士のグレートな試合になるよ。世界タイトルマッチのように感じている。"

ほほう。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

意地の張り合いやな…井岡一翔vs.田中恒成予想

adsense
おすすめの記事