adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。今日は2019年10月26日にイギリスで行われたWBA.IBF世界スーパーライト級王座統一戦

WBA王者レジス・プログレイスvs.IBF王者ジョシュ・テイラーの一戦です!!

こーれはマジでどうなるかわからんぞ…ジョシュ・テイラーvs.レジス・プログレイス予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はお互いの初防衛戦。プログレイスはここまで無敗のサウスポーな強打者。トーナメントでは全く苦戦することなく駒を進めてきておりイギリスにまで乗り込んできましたな。

テイラーはスコットランド出身のスイッチヒッター。ここまで無敗でかなり運動量の激しい選手ですな。手数とフットワークが止まらない回転力が持ち味でアグレッシブさで勝ります。

そしてこの試合はテイラーが速い踏み込みでプログレイスをインサイドに押し込む展開に!プログレイスはインサイドでフックを被弾して後半強烈な左で目を腫らせたものの一歩及ばずテイラーが判定勝ち!トーナメント優勝を果たしました!

それではこの試合を振り返ります!

テイラーはやはり地力がすごいな…ジョシュ・テイラーvs.ビクトール・ポストル

試合経過

1ラウンド

テイラーはサウスポーでスタートしてお互いまだ見合う。

テイラーはジャブが速く、踏み込んでの右フックも速い。

テイラーは左フックをインサイドで当ててプログレイスの間合いに踏み込めている。

プログレイスはジャブを出すが左のタイミングを図っている。

2ラウンド

テイラーはもみ合いで離れ際に左アッパーを見せて来る。

プログレイスは左右ボディを返してジャブを返してくる。

テイラーはプレッシャーをかけてインサイドでボディを当てる。

テイラーは右フックをボディにねじ込んでなかなか手数が多い。

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

3ラウンド

テイラーはジャブをついて離れて戦い方に緩急をつけて来る。

プログレイスはテイラーのスピードが意外だったようだが左アッパーを当てて来る。

テイラーはインサイドでのフックがうまく、プログレイスは手数と細かいヒットで負けている。

プログレイスは間合いが作れなくなっておりフラストレーションも溜まって来た。

スコットランドのスイッチサイクロン!ジョシュ・テイラー!

4ラウンド

プログレイスはジャブを多く放ち、だんだんアウトプットが増える。

テイラーはジャブをトリプルで当ててガードの低いプログレイスに当たる。

プログレイスはワンツーの左を当ててこれはかなり重い。

そしてもみ合いでは顔面にエルボーを当ててプログレイスに間合いを与えない作戦。

さらにサイドへの動きも速く、プログレイスはかなりやりにくそう。

5ラウンド

プログレイスは右ガードを低く構えて前に来る。

テイラーはジャブをボディ、アウトサイドから左フックをねじ込んでくる。

そして肩を押し付けてインサイドではフックをねじ込む。

プログレイスはこの間合いでも左右アッパーを放って来てこれは重い。

プログレイスもジャブを返してテイラーも左を返す。

6ラウンド

テイラーは頭を下げて右ボディをねじ込んで前に来る。

プログレイスはジャブが鋭く近づかれる前にガードに当てる。

インサイドではプログレイスが左右ボディからアッパーを返して来る。

テイラーはインサイドで左右フックを当てて相手の頭でも構わず打って来る。

そしてどんどん前に出て離れ際に左フックを当ててプログレイスもかなり嫌な顔をしてイライラしている。

俺今日からラミレスのファンになるかも笑笑モーリス・フッカーvs.ホセ・ラミレス 試合後のコメントもあり!

7ラウンド

テイラーは右フックを当ててそのままコンビネーションで追いかけて来る。

テイラーはオーソドックスに構えて間合いを大きく取り始める。

しかしすぐにサウスポーに戻してプログレイスのフックはしっかりブロック。

そしてインサイドで左フックを叩き込んでジャブを放つなど回転力に差が出て来る。

8ラウンド

テイラーはジャブをついてプログレイスは反応しきれない。

プログレイスはより重い左をガードの上に当てて来てテイラーは少し顔が腫れている。

プログレイスは鼻血を流しておりガードの上でもワンツーを当てて来る。

テイラーは後半に頭を押さえつけての右フックなどかなりなりふり構わない。

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

9ラウンド

テイラーは前にガンガン出てスペースを潰すが左目がかなり腫れている。

プログレイスは目を狙っているが間合いを詰められてしまう。

テイラーは左ストレートを出すとクリンチしてプログレイスは嫌がる。

もみ合いではテイラーが強く、インサイドで左フックをねじ込む。

プログレイスは押し合いでも負けておりフィジカル面でも差が出て来る。

プログレイスさんまさかの楽勝で決勝へ…レジス・プログレイスvs.キリル・レリク 試合後のコメントもあり!

10ラウンド

プログレイスは右フックを出して下がりサイドに回る。

テイラーは頭を下げて右ボディを当ててプログレイスは嫌がっている。

プログレイスは間合いができるとワンツーをガードに当てて左がめっちゃ重い。

テイラーが踏み込むと頭が当たるがテイラーが左ストレートを離れ際にヒットさせる。

プログレイスはスペースをもらえずだんだん苦しくなって来ている。

11ラウンド

プログレイスはジャブをついて左ボディストレートを出して来る。

テイラーは間合いを詰めるとクリンチしてこのラウンドは少し休んでるように見える。

テイラーは目の上をカットして流血。かなり泥臭い試合となる。

テイラーは右アッパーを当ててインサイドでは勝るがプログレイスも入り際に左を出して来る。

12ラウンド

テイラーは潜り込んで左右ボディを当ててまた元気になって来る。

めっちゃ目が腫れて来たテイラーだが右フックをアッパーに返して来る。

目が見えていないであろうテイラーは間合いを詰めてプログレイスは左フックを目に放つ。

プログレイスが左を当てるとテイラーは一瞬ロープに後退。しかしテイラーはインサイドで左右フックを返して来る。

判定は114-114.115-113.117-112の2-0でテイラー!

ちなみに僕は117-111でテイラーでした!

おいおいバランチュクさん思ってたより強いやん…ジョシュ・テイラーvs.イバン・バランチュク 試合後のコメント、プログレイスのコメントもあり!

所感

おめでとうテイラー…

この試合はテイラーの勝ちだったと思います。プログレイスは完全にペースを乱されていたし、後半にタイミングを掴んでたけど遅きに失したと思います。

しかしテイラーは運動量が激しい笑笑。インサイドの打ち合いならスーパーライト級でもダントツに強いなぁ。ラミレスとの試合は危険な試合になりそう。以下はコメントです。

テイラー"みんな今日ベストな俺を見れたよね。公園に散歩にしに行くようなイージーな試合だったよね。いい試合だったしプログレイスにはリスペクトを送りたいね。でもベストな方が勝ったし俺が勝つことはわかっていた。彼は頭の動きも良かったしパンチも強かった。彼に勝てることはわかってたよ。彼の名前とパワーが評判を高くしてたけどね。ラミレス、早くやろうよ。どこにいるんだよ?早くやろう。"

プログレイス"接戦だったし、より強い奴が勝ったわけだからそれはクールだよ。俺は追いついたと思ってたしタイミングも合ってたけど彼が勝ったんだ。俺は何の言い訳もするつもりはない。俺もこの試合を楽しめたしね。願わくばリマッチをやりたい。"

テイラー性格悪いな笑笑。まぁプログレイスに勝つなんてあまりみんな思ってなかったからな。ただこの2人の組み合わせだとテイラーが勝つかなとはギリギリ思ってたよ。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

カリフォルニアの左フッカー!ホセ・ラミレス!

adsense
おすすめの記事