adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2020年9月19日にラスベガスで行われたスーパーライト級ノンタイトルマッチ10回戦

ホセ・ベドラサvs.ハビエル・モリナの一戦です!

ペドラサキツいかもよ…ホセ・ペドラサvs.ハビエル・モリナ予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はベドラサの今年2戦目。オリンピアンでありスーパーフェザー級とライト級でタイトルを獲得した2階級制覇チャンピオンですな。スーパーライト級にて3階級目を狙っておりますな。

モリナはカリフォルニアのコンテンダー。北京オリンピックの代表でありやりにくさを武器としておりますな。前回の試合ではコンテンダーのアミール・イマムを下しており勢いがありますな。

そしてこの試合は開始からカウンターを狙うモリナにペドラサはカウンター返し!モリナに先に出させる展開にして中盤にはフックでダメージを負わせるなどしてスキルを見せての大差判定勝ち!オリンピアン対決を制しました!

それではこの試合を振り返ります!

応援したくなるペドラサ…ホセ・ペドラサvs.ホセ・セペダ

試合経過

1ラウンド

ペドラサはジャブをボディについてジリジリ出てくる。

そしてワンツーを打ち込んでモリナはアッパーで迎撃。

ペドラサは下がってすぐにジャブを打ち込んでフェイントをかける。

モリナは出てこられるとなかなか鋭い右を出す。

さらにワンツーをボディに当ててカウンター作戦。

2ラウンド

ペドラサはジャブをついてきてアグレッシブにくる。

モリナは動き出しにジャブを狙って右を出してくる。

そしてペドラサがジャブを打つと必ずリターンを返す。

ペドラサはやりにくそうで、右ストレートを打ち込む。

そして右ボディを打ち込んで無闇に攻め込まない。

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

3ラウンド

ペドラサはジャブを打って踏み込むがモリナは右フックをガードに当てる。

ペドラサは左右ボディを打ち込んで頭が当たる。

モリナは動き出しに逆にジャブをもらってしまう!

そしてモリナは左目上からバッティングで流血する。

ペドラサは調子ついてきてジャブを出して手数を増やす。

ウクライナの最高傑作にして超精密なハイテク!!ワシル・ロマチェンコ!

4ラウンド

モリナはワンツーを打ち込んでカウンター作戦をやめる。

ペドラサは動き出しにワンツーを当ててまた頭が当たる。

さらにペドラサは出てくるところに左ボディを打ち込む。

ペドラサはプレッシャーをかけてきてモリナもジャブを返す。

さらにモリナは出てくるところに右アッパーを狙う。

5ラウンド

ペドラサはジャブをボディについてコツンと当ててくる。

さらにワンツーの右をオーバーハンドで当てる!

モリナは打ち返すもののパワーが少し足りない。

モリナは右クロスとショートを当ててペドラサは右ボディ。

ペドラサはサウスポーにスイッチして下がる展開になる。

6ラウンド

ペドラサは左ストレートをボディへと伸ばしてくる。

さらにボディを狙ってきてモリナもボディを打ち返す。

モリナはジャブを返して右を当てるが手数が少ない。

ペドラサは右アッパーを喰らって鼻血を出している。

ペドラサは下がりながらいきなりの左ストレートを浅く当てる。

うまい。うまいぞベドラサ…ホセ・ペドラサvs.アントニオ・ロサダ

7ラウンド

モリナは少し前に出てきてジャブをついてくる。

ペドラサはステップワークを駆使して左右ボディ。

さらに動き出しにジャブを当ててスキルを見せる。

ペドラサは下がって左右フックをガードの外からヒット!モリナは動きが止まる!

ペドラサは左右ボディを打ち込んでロープに詰めてストップを狙いにくる!

8ラウンド

ペドラサはサウスポースタンスでジリジリ前にくる。

モリナはスタンスを広く取ってるがまだ回復しきってない。

ペドラサは深追いせずに間合いをとり、カウンターを狙う。

そしてモリナが前にくるとジャブをコツンと当てる。

ペドラサは左ボディストレートを打ち込んでワンツーを返す。

ペドラサさんよく頑張ったな…ワシル・ロマチェンコvs.ホセ・ペドラサ

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

9ラウンド

ペドラサは前に出てきてジャブをボディについてくる。

モリナはジャブを返してくるが状況を打開できない。

ペドラサはワンツーを返してきて左ストレートをボディへ。

モリナはプレッシャーをかけてきてなんとかしようとはしている。

ペドラサは左ストレートを踏み込んで当てて動き出しにジャブを当てる。

10ラウンド

ペドラサは下がってジャブをたまにコツコツつく。

モリナは出てくるものの決定的にパワーがない。

さらに出てきてもコンビネーションを放てないので中途半端。

ペドラサは中盤深くダッキングしてフックを打ち込む!

さらにボディを打ち込んで試合を支配してゴングが鳴る。

判定は98-92が2人、99-91が1人の3-0でペドラサ!

ちなみに僕は99-91でペドラサでした!

デービスさんスターとなる…ガーボンタ・デービスvs.ホセ・ペドラサ

所感

良いねぇペドラサ…

ペドラサのアグレッシブさと無闇に責めないところが今回の勝利をもたらしたポイントでしたね。セペダとの試合の時なら負けてたんじゃないかな。

カウンターを狙ってくる相手に有効なのは相手に先に手を出させること。ペドラサは序盤これができていたし、モリナが前に来ざるを得ない展開にして見せましたな。

まぁここまでやれるなら世界タイトルマッチもやって良いと思う。後数試合は挟むことになるんだろうけど、できたらセペダにリベンジして試合してほしいな。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

カリフォルニアの左フッカー!ホセ・ラミレス!

adsense
おすすめの記事