adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2016年ニュージーランドで行われたWBOヘビー級オリエンタル王座タイトルマッチ12回戦

王者ジョセフ・パーカーvs.ソロモン・ハウモノの一戦です

これはつまらん試合になるぞ…ジョセフ・パーカーvs.ジュニア・ファ予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はパーカーの9度目の防衛戦。パーカーはここまで無敗のコンテンダーでWBOで高くランキングされている期待の選手。コンテンダーのカルロス・タカムを大苦戦の末に判定で下しておりますな。

ハウモノはハードパンチャーのベテランコンテンダー。オーストラリアを主戦場としており日本で藤本京太郎をノックアウトして初黒星をつけております。OPBFのタイトルを保持しておりますな。

そしてこの試合は開始から前に出てくるハウモノにパーカーがハンドスピードを生かしてカウンターを合わせる展開に!そして3ラウンドには綺麗にカウンターを合わせて4ラウンドに右アッパーを喰らわせるとハウモノはダウン!ストップとなりました!

それではこの試合を振り返ります!

ルイスさん凡戦の末に負けていた…ジョセフ・パーカーvs.アンディ・ルイス

試合経過

1ラウンド

ハウモノは開始から前に出てきて頭を振ってくる。

パーカーはジャブをついてきて間合いをキープ。

そしてサイドに回って前にこられるとクリンチする。

そしてワンツーを伸ばして的確に顔を弾いてくる。

ハウモノはオーバーハンドを伸ばしてきて強引にくる。

しかしパーカーはよりハンドスピードが速く、ジャブを打つ。

そして動き出しを狙ってきてコツコツ顔を弾く!

2ラウンド

ハウモノはプレッシャーをかけてガードをガッチリと固める。

パーカーはジャブをついてきてすぐにサイドへ。

そして前にこられるとホールドして打ち合いはやらない。

パーカーはジャブをついてくるとそのままクリンチ。

そしてボディにジャブを当ててそのまま肩を押し付ける。

ハウモノはワンツーを打ち込んできてパーカーはワンツーを返す。

パーカーは出てきたところにワンツーとボディを合わせる。

モダンヘビー級のカリスマボクサー!アンソニー・ジョシュア!

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

3ラウンド

パーカーは左ボディを差し込んでスピードで圧倒。

そして動き出しにもジャブを当ててスキルを見せる。

ハウモノはワンツーを返すがパーカーに追いつけない。

前にくるとクリンチされてしまいなかなかやりにくい。

パーカーは出てくるところにアッパーを狙う。

そして間合いが詰まるとショートの右を打ち込む。

ハウモノは打たれても前にくるが左フックをまともにもらう。

4ラウンド

ハウモノは前に出てきてなかなか打たれ強い。

そしてロープに押し込もうとしてきてのしのし出てくる。

パーカーは右のリードを返してサイドへと回っていく。

そして間合いが近くなるとクリンチしてジャブを打つ。

そして中盤に右のショートアッパーをヒット!ハウモノはよろめいて背中からダウン!

ここはよく立ち上がったがストップがかけられました!

パーカーさん老雄をFlashストップ!ジョセフ・パーカーvs.ショーンデル・ウィンターズ

所感

これ全盛期やろ…

これパーカーの全盛期と言えるね。パーカーは世界タイトルマッチをやった頃から素晴らしいほどに試合がつまらなくなっているからな。

てゆーか彼は世界タイトルマッチが全て凡戦になるというある意味マジックのようなことを成し遂げている。ホワイトとの試合は良かったけどね。

まぁインサイドでの打ち合いは徹底的に拒否するし、打てば組み付いてくるからそうなるのかな。まぁつまらん試合をしててもニュージーランドの皆様は寛大やね。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

オセアニアのヘビー級戦士!ジョセフ・パーカー!

adsense
おすすめの記事