adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は1990年に後楽園ホールで行われたWBC世界ミニマム級タイトルマッチ

王者大橋秀行vs.ナパ・キャットワンチャイの一戦です!

マジでバケモノやないですか…大橋秀行vs.リカルド・ロペス

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合は大橋の初防衛戦。日本人の世界タイトル挑戦失敗記録を止めた救世主は柳には負けたものの前回の試合でストップ勝ちを収めて3度目のタイトル挑戦でついにタイトルを獲得しておりましたな。

ナパは元チャンピオンで井岡弘樹からタイトルを奪って行った日本でもお馴染みのファイター。タイのファイターで井岡とは三回試合をして最後にストップ勝ちを収めております。いわゆる古豪ですな。

そしてこの試合は大橋が2ラウンドにナパをダウンさせる幸先の良いスタート!しかし大橋はナパのやりにくさに翻弄されて目をカットするなど苦戦!手数の多さに惑わされたものの終盤ボディを効かせて判定を手繰り寄せました!

それではこの試合を振り返ります!

八重樫の後ろ姿に感動…井岡一翔vs.八重樫東

試合経過

1ラウンド

大橋はガードを固めて前に出てきて様子を見ている。

ナパはサウスポースタンスから踏み込んでフックをガードに当てる。

ナパはタイミングがワンテンポ遅れてパンチが出てくる。

大橋は前に出てくるが手数が少し少なく見える。

しかしワンツーを出してきてパンチの強さはかなりある。

2ラウンド

大橋は背が高く、ジャブをついて前に出てくる。

ナパはなかなかすばしっこくて詰められるとコンビネーションを返す。

そして手がよく出てきて手数で勝負を仕掛ける。

ナパはサイドに回ってきて動きを止めずに逃げる。

しかし大橋は左フックを相打ちで当ててナパは少しふらつく!

そして終盤に左アッパーの打ち終わりに右ショートを当てるとナパはダウン!これは効いた!

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

3ラウンド

大橋はプレッシャーをかけてきてジャブをついてくる。

ナパは左ストレートを出してきてフットワークを使う。

ナパはフェイントを織り混ぜてなかなかキャリアがある。

大橋はカウンターを狙って大きな左フックを狙ってくる。

さらに右リードを浅く当てて右ボディを打ち込んでくる。

ただのモンスターの弟ではないカウンターパンチャー!井上拓真!

4ラウンド

ナパはフットワークを使ってジャブをついて顔を弾く。

そしてサイドに回ってパンチを当てるのは上手い。

さらに左ボディを打ち込んでくるが大橋はものともしない。

ナパはジャブをコツンと当ててきてワンツーを打ち込む。

大橋はボディを返しているものの回転力はない。

5ラウンド

大橋はワンツーを伸ばしてきてプレッシャーをかける。

ナパはフットワークを駆使してアングルを変えてくる。

大橋は左フックを出してきて被弾しても前に来る。

ナパは常にサイドに動いてめちゃくちゃやりにくい。

大橋は左右フックを入り際に出すがダッキングされる。

6ラウンド

大橋は右ボディを打ち込んでスタミナを奪いにいく。

ナパは左ボディを返して行ってあの間合いを保ってくる。

大橋は右オーバーハンドからの左ボディを打ち下ろしてくる。

ナパは手数がかなり多くてやりにくそうに見える。

大橋は左フックを当ててくるがナパは顎をしっかりと引く。

こいつなんでパウンド・フォーパウンドじゃねぇんだよ…井上尚弥vs.エマヌエル・ロドリゲス 試合後のコメント、ドネアのコメントもあり!

7ラウンド

ナパはジャブを飛ばしてきてうるさい手数を出してくる。

大橋はガードを固めてまともにはもらわないがやりにくい。

左目が腫れている大橋は効いてはないが攻め手に欠ける。

大橋はプレッシャーをかけて良いパンチを当てるが単発。

ナパは応戦するものの右を食らって大橋も鼻血を出す。

8ラウンド

大橋はプレッシャーをかけてきて前に出てくる。

ナパは常にフットワークを使ってサイドに位置を変える。

さらに左ボディをストレートで打ち込んで大橋のボディを叩く。

大橋は右ストレートをコネクトしてるが少し浅い。

しかし右リードを当ててサウスポーにはよく当たる。

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

9ラウンド

ナパはかなり疲れており、インターバルで大量に水をかぶる。

そしてワンツーを打ち込んできてボディに左を出す。

大橋は右ボディを打ち込んでナパは顔色が変わる!

頭をつけての打ち合いとなるとアッパーとフックを打ち込む。

大橋はラッシュを仕掛けてこのラウンドはナパの足が止まる。

日本人の世界戦歴代最高の試合やろこれ…八重樫東vs.ポンサワン・ポープラムック

10ラウンド

大橋は前に出てきて被弾してもアッパーを打ち込む。

ナパは左ボディを差し込んでなかなかパンチはうまい。

大橋はプレッシャーをかけてきて右ストレートを踏み込んで当てる。

さらにロープに詰めての連打を見せてナパは明らかに効いている。

ボディが効いているナパは手を出してくるが少し緩い。

11ラウンド

大橋はジャブをついてきて落ち着いて体を押し付ける。

ナパは右アッパーからの左ストレートを打ち込む。

しかし大橋はダッキングしてジャブを動き出しに当てる。

ナパは明らかに動きが衰えており、足が止まっている。

大橋は手を出しているものの少し手数では負けている。

12ラウンド

ナパは飛び込んできて右フックを当ててくる。

大橋は頭を下げて左アッパーをコネクトしてくる。

そして下がりながらも左アッパーからのフックを決める。

ナパは左右アッパーを打ち込んできて顔を揺らしてくる。

大橋は終盤に右フックを当ててやはりパワーは優れている。

判定は117-112.116-112.116-110で大橋!

ちなみに僕は115-112で大橋でした!

アジアンモンスター対決は日本に軍配や( ̄ー ̄)井上尚弥vs.ジョン・リル・カシメロ予想

所感

苦しかったねぇ…

大橋の判定勝ちで文句はないんですけど少し打たれすぎていたな。ナパがもっとパンチがある相手なら危なかったと思うしだからこそロペスに負けたんだな。

やはりこの辺りは大橋のスタイル的には仕方ないけどパワーに頼りすぎていたな。ナパは対照的にスキルが高くて後半に落ちたのがもったいなかった。

中盤はナパが間違いなく取ってたかなと思うけど大橋は後半盛り返しましたね。パワーがあるのは武器だけどディフェンスも大事なんだよなぁ。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

世界を席巻するスーパーモンスター!井上尚弥!

adsense
おすすめの記事