adsense
adsense
pickup

WBO世界ウェルター級チャンピオンのテレンス・クロフォードさん。先日元IBFチャンピオンのケル・ブルックとの試合を4ラウンドノックアウトで制しておりましたがプロモーターのボブ・アラムがクロフォードなら対戦が期待されるWBC.IBFチャンピオンのエロール・スペンスをブルックをノックアウトした同じラウンドでノックアウトできると話してますな。

もぅ〜ヒヤヒヤさせないでくれよ…テレンス・クロフォードvs.ケル・ブルック

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

クロフォードはライト級、スーパーライト級、ウェルター級でタイトルを獲得してきた無敗の3階級制覇チャンピオン。スイッチヒッターとして知られておりパウンド・フォー・パウンドランキングでも常にトップとしてランクされております。

キャリアの中では3階級制覇チャンピオンのリッキー・バーンズ、元3階級制覇チャンピオンのユリオルキス・ガンボア、後にライト級チャンピオンになるレイムンド・ベルトラン、WBCスーパーライト級チャンピオンだったビクトール・ポストル、IBF.WBAスーパーライト級チャンピオンで無敗だったジュリウス・インドンゴ、無敗でWBOウェルター級チャンピオンだったジェフ・ホーン、無敗で元WBAスーパーライト級暫定チャンピオンだったホセ・ベナビデス、元スーパーライト級統一チャンピオンのアミール・カーンを下してきておりますな。

クロフォードはブルックとの試合では前半にブルックにリードされてジャブと右をもらってしまい、珍しく右目を腫らせるなどらしくない姿を見せておりましたが4ラウンドに入ってすぐに出てきたところに右フックを合わせてダウンさせるとそのままコンビネーションでストップしましたな。

"エロールはクロフォードをできるだけ長く避けようとするよ。クロフォードに勝てないことがわかってるだろうからね。ブルックとの試合のパフォーマンスを見たよね。クロフォードなスペンスをブルックも同じラウンドでノックアウトできるよ。"

取りなそうとしてるなぁ。

俺的現代のパウンドフォーパウンド テレンス・クロフォード

続いてスーパーライト級コンテンダーでミゲール・バスケスとの試合を控えているルイス・リッツォンさん。無観客試合でやることでプレッシャーが下がったと話しておりますな。

スーパーライト級はWBO.WBC統一王者にホセ・ラミレスが君臨しておりIBF王者のジョシュ・テイラーとWBA王者のレジス・プログレイスの2人は10WBSSトーナメントの決勝で激突してテイラーが僅差判定勝ちで王座統一。この3人は全員無敗でWBAレギュラー王座決定戦にはマリオ・バリオスとバトイー・アクメドフの試合が昨年9に行われておりバリオスが何とか判定勝ち。ダイレクトリマッチとなっておりなかなかに熱い階級になっておりますな。ちなみにラミレスさんはWBC指名挑戦者で元王者のビクトール・ポストルに僅差判定勝ちしてその後にWBO指名挑戦者のジャック・カタオールが控えてる感じですね。

"ストップを狙いに行くことはないけど試合の様子を見ておくよ。対戦相手は変わったけどやることは何も変わらない。土曜の夜の試合にフォーカスしているよ。全ての試合に勝たないといけないし、相手のレベルは関係ないよ。世界タイトルマッチをやりたいし、世界チャンピオンやみんなに勝てると思う。"

なかなかやるやないか。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

パペットマスター再生…ルイス・リッツォンvs.ミゲール・バスケス

adsense
おすすめの記事