adsense
adsense
pickup

元WBA.WBC世界ウェルター級チャンピオンのキース・サーマンさん。2年前にマニー・パッキャオとの試合で初黒星を喫して以来リングに上がっておりませんが負傷していた拳も癒えて準備を終えたとしており、イライラしていて早くパンチを打ちたいとカムバックを熱望しておりますな。

目まぐるしいわお前ら…キース・サーマンvs.ショーン・ポーター

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

サーマンはセンスの高いボクサーでハードパンチャー。ロバート・ゲレーロ、ダニー・ガルシアやショーン・ポーターなどを下してきておりますが拳の怪我があまりにも多いことが致命的な気はするな。

"俺は準備を終えた。イライラしてきたし早くパンチを打ちたいね。俺ができる唯一のことはできるだけ早くカムバックして俺の仕事をやることだ。俺はパフォーマンスを通じて俺のことを色々悪く言ってる人たちに俺がやれることを見せないとならない。俺のパフォーマンスでみんなにまだ俺が終わってないことを見せないとね。俺は試合で誰かを眠くさせたことなんて一度もないよ。リングに上がったらより良い試合ができると信じている。ポーターとスペンスの試合はポーターの頑張りでグレートな試合になった。でもスペンスとガルシアの試合はそんなに良くなかったよね。"

サーマンのカムバックは個人的には本気でしてもらいたいね。

センス抜群のワンタイム!!キース・サーマン!!

続いてライト級プロスペクトのアレックス・バルガスさん。ロングアイランド出身であり、ノックアウト記録を伸ばしてやると息巻いてますな。

ライト級はWBC.WBO.WBA.IBF統一王者にワシル・ロマチェンコを破ったテオフィモ・ロペスが君臨。彼はホンジュラス系のニューヨーカーでリオデジャネイロオリンピック代表のハードパンチャーですな。ロマチェンコとの試合では体格の優位性を生かしてロマチェンコのことをアウトサイドに押し込めて後半巻き返されたものの前半の貯金を守って4団体のベルトを獲得しましたな。

WBCには無敗の若手であるデビン・ヘイニーもおり、WBAには無敗の2歳級制覇チャンピオンのガーボンタ・デービスも君臨。ルーク・キャンベルを下したWBC暫定チャンピオンのライアン・ガルシアもおりボクシングの全ての階級を通じて最も若いプロスペクト達が多い階級となりますな。

"リングにカムバックできて嬉しいしチームのみんなとファミリーにチャンスをくれて感謝したいね。ニューヨークから多くの人がサポートするためにマイアミに来てくれるよ。だから良いパフォーマンスをしたいね。ハードパンチャーだとは言わないけどパンチなら打てるよ。サバイバルしてくるならKOは難しいね。"

ほう。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

役者が違うかなぁ…テオフィモ・ロペスvs.ジョージ・カンボサス・ジュニア予想

adsense
おすすめの記事