adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2018年ベローナで行われたWBO世界スーパーウェルター級タイトルマッチ

王者サダム・アリvs.ハイメ・ムンギアの一戦です!!

これ苦戦するんとちゃうかな…ハイメ・ムンギアvs.ツレアノ・ジョンソン予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はアリの初防衛戦。前回の試合でミゲール・コットの引退試合で判定勝ちしてタイトルを奪うというなかなかの空気の読めなさぶりを発揮したアリはテクニシャンでウェルター級を主戦場としてますな。

ムンギアはメキシカンのハードパンチャーで22歳のうら若きコンテンダー。ここまで無敗で来ておりますがミドル級チャンピオンのゲンナジー・ゴロフキンの相手候補になるなど評価は高いですな。

そしてこの試合は開始から体格に勝るムンギアがアリをパワーで圧倒!初回に2度ダウンさせて2ラウンドにもダウンさせるなど一気にペースを掌握。アリは大きなダメージを負い、4ラウンドに左フックでダウンさせられるとそのままストップとなりました!

それではこの試合を振り返ります!

アローテイさん負けてレフェリーにも怒られる・・・ハイメ・ムンギアvs.パトリック・アローテイ

試合経過

1ラウンド

アリはジャブをついてきてガードを高く上げる。

ムンギアはめちゃくちゃ体格がデカくてワンツーを伸ばす。

そして出てきて左フックをボディ、顔面に返すとアリは膝をつくダウン!

ムンギアはワンツーを打ち込んで左アッパーをコネクト。

アリは相当効いたようで足元がふらふらになる。

そしてムンギアはコンビネーションを打ち込んで右フックを打ち込むとアリは押し倒されるようにダウン!これは厳しい試合に!

2ラウンド

アリはジャブをついてサイドへと回って当て逃げ作戦。

さらに左フックを返してスピードはかなりある。

しかしムンギアはパンチに脅威を感じないようで前に出てきて左ボディ、クロスを打ち込む。

ムンギアはワンツーを打ち込んでショートのパンチを打つ。

そして左右フックを打ち込んで強引にワンツーを打ち込む。

さらに右フックを当てて左右フックをガードの外からねじ込むとアリは終了間際につんのめるダウン!

必ず打ち返すラスベガスの誇り高きグラディエーター!ジェシー・バルガス!

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

3ラウンド

ムンギアはガードの上から左フックを当ててくる。

アリはカウンターのフックを狙って大きく間合いを取る。

そして出てくるところに右を合わせてサイドに回る。

ムンギアはプレッシャーをかけてきてどんどん前にくる。

アリはジャブを合わせてきてこのラウンドはよく機能している。

4ラウンド

ムンギアはコーナーに詰めてくるとワンツーからのボディ。

そしてプレッシャーをかけてきてどんどん前にくる。

アリはスペースがなくなり、パワーに相当な差がある。

そしてロングの左フックをムンギアが当てるとアリは転がるようにダウン!すぐに立ち上がったもののレフェリーが即座にストップしました!

モラレス直伝ジャブ…ハイメ・ムンギアvs.ゲイリー・オサリバン

所感

殺されるとこやったな…

まず言っておくと、アリはスーパーウェルター級の選手ではない。スーパーライト級とかでもおかしくないくらい小さいし、体格的なハンデは確かにあった。

それでもムンギアは強かった。単純にこの試合は火力が違ったなと思うし、アリはムンギアを止めることが全くできなくて押し潰されてしまったな。

まぁアリはそもそもが打たれ弱くてバルガスにもノックアウト負けしている。昨年にもノックアウトされてしまったし一発屋になってしまったな。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

メキシコが生んだティファナの巨兵…ハイメ・ムンギア!!

adsense
おすすめの記事