adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2020年12月20日に南アフリカで行われる予定のIBF世界フライ級タイトルマッチ

王者モルティ・ムザラネvs.ジェイソン・ママの一戦を予想します!

ソース画像を表示

本当にお疲れ様…モルティ・ムザラネvs.八重樫東

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はムザラネの4度目の防衛戦ですね!

両者の紹介

モルティ・ムザラネについて

ムザラネは1982年生まれの38歳。南アフリカ出身の強打者で39勝26KO、2敗という戦績を持つエリートファイターですな。ムザラネは昨年大晦日でマカオにて坂本を相手に初防衛に成功。昨年にも黒田雅之を判定、八重樫東をノックアウトで下しており、3度連続で日本人チャレンジャーを迎えてましたな。

ムザラネはさらに2度IBF世界フライ級王座に就いた実力者。始めの王座はジョン・リル・カシメロやゾラニ・テテらを相手に防衛に成功。かつてはアメリカでノニト・ドネアに挑んだ経験もあり、大いに苦戦させています。

さらに1度目の王座防衛戦では全ての試合で相手をKO。敵地であっても防衛に成功してきたタフガイであり、今回の防衛戦でも敵地であることはなんら影響しないと考えられます。

ちなみに2度目の王座もマレーシアでパッキャオの前座で獲得したもの。36歳という年齢もあってスタミナ的には陰りが見えてきたがまだまだ世界のトップを張れる実力を持ちますな。

選手としての特徴はとにかく固いガードが特徴的なファイター。ガードを固めて前進して射程距離に入るとコンビネーションをねじ込んでくる。しかもこの1発1発が重く、ガードの外から飛んでくるフックと間を割るアッパーはかなり強烈ですね。

攻防分離型であるが、下がる相手をジグザグに追い詰めていく頭の良さもあり、徐々に自分の手数を増やして自分の土俵に引きずり込むのが上手い百戦錬磨の強者です。

ムザラネは百戦錬磨やからな…モルティ・ムザラネvs.坂本真宏

ジェイソン・ママについて

ママは1997年生まれのフィリピン人で23歳。フィリピンのジェネラルサントスシティの出身であり、スマッシャーのニックネームを持つパンチャーですね。

ここまでのレコードは15勝8KO無敗。アマチュアの頃から活躍しており2015年のフィリピンユース大会で優勝。国際大会でも結果を残してますな。

ここまでのキャリアではWBOオセアニアのユースタイトルを獲得。IBFのシルクロードトーナメントを優勝しており無敗のままきておりますが12ラウンドの試合は初めてですな。

選手としての特徴はガードをガッチリと高く上げて前にくると射程圏内に入ってワンツーを振り回してくるパンチャー。腕を振り回す位置からどんどん打ち込みますね。

しかし接近戦は目に見えて苦手。ムザラネほどのタフさとプレッシャーをかけられる相手とはやっておらず、この試合が真のテストになる。ムザラネをロングレンジに押し込めるかどうかの試合だな。

後半落ちたムザラネさん…モルティ・ムザラネvs.ムハンマド・ワジーム

試合予想

今回の試合ですがムザラネの8ラウンドKO勝ちでいきたいと思います!

相性的にムザラネが負けることは考えにくい。あえて、ムザラネのスタミナが怪しい8ラウンドにしたけどもっと早いラウンドになる可能性も十分ある。

ムザラネがやらないといけないのはとにかく間合いを詰めてやりにくくさせること。プレッシャーをかけてスペースを奪ってボディから攻めてスタミナを奪いたい。

そうしてママの足を止めてボディを打ち込んでのコンビネーションで捕まえたい。ブレークダウンする作戦でママはだんだん耐えられなくなり、中盤に一気に崩れると思う。

ムザラネがいやらしいところはパンチがとにかく硬い。だからこそブレークダウンできるし、そこんじょそこらの相手では勝てない。この人はタフだしな。

だからママには相当苦しい試合になる。打てばすぐにサイドに回る試合を12ラウンドやれないと勝てることはまずない。どこかで捕まるんだろうなぁ。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

アジアに降り立つ攻防分離のロードウォーリアー!モルティ・ムザラネ!

adsense
おすすめの記事