adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2013年に日本で行われたWBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ

王者三浦隆司vs.ダンテ・ハルドンの一戦です!!

内山さんジャブだけでボンバー回避…内山高志vs.三浦隆司

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合は三浦の2度目の防衛戦。ボンバーレフトと形容される強烈な左ストレートを武器に相手を押し込んでとにかく左を振り回すスタイルの三浦は怖い人笑笑。当たれば試合が終わる武器を持ってますね。

ハルドンはクレイジーのニックネームを持つ強打者。激闘王のミゲール・ローマンと痛みわけており前回の試合では前王者のガマリエル・ディアスを反則応酬の末にKO。世界初挑戦となりましたな。

そしてこの試合は三浦が開始から左右ボディを鬼のように効かせてハルドンを圧倒!ハルドンもよく踏ん張ったものの5ラウンドにコンビネーションでダウン!8ラウンドにはダメージは危険な水域となり9ラウンドにボディからのコンビネーションでダウンするとノーカウントでストップ!三浦が快勝をあげました!

それではこの試合を振り返ります!!

ディアスさん横倒しに…三浦隆司vs.ガマリエル・ディアス

試合経過

1ラウンド

三浦は開始から間合いを詰めて左を狙うがハルドンは振り払うようにワンツーを振る。

三浦は1分過ぎで左ボディをねじ込んでハルドンは思いっきり効く!

ハルドンは下がって三浦が左ボディからコンビネーション。身をかがめるハルドンは苦しく三浦は右ボディもねじ込む。

そして残り50秒でもワンツーに合わせた左ストレートでハルドンは後退!かなりボディが効いているがハルドンはなんとか打ち返してくる。

2ラウンド

三浦は前に出て左右フックで追いかけ回してくる。

ハルドンはワンツーを出してくるが明らかにボディが明らかに効いている。

ハルドンも中盤右ストレートを返してこれは重い。

ハルドンは左フックを入り際に合わせようとしており三浦は構わず間合いを詰めて左を連打してくる。

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

3ラウンド

三浦はガードの上からでも無理やり左を打ち込んでくる。

ハルドンは明らかに押し負けているものの打ち終わりに左右フックを返してくる。

三浦は左右ボディを打ち込んでハルドンも左右フックを大きく返す。

三浦は間合いを詰めて左ボディを打ち込み左フックを顔面に返してコーナーに詰める。

メキシコのよく動くサソリ!ミゲール・ベルチェット!

4ラウンド

三浦は間合いが詰まると左ボディを打ち込んでハルドンはかなり効いている。

ハルドンはガードを固めて右ボディを受けて顔が引きつる。

そして三浦は左ボディを返してハルドンも返すが効果がかなり違う。

三浦はガンガンプレッシャーをかけて左右ボディでコーナーに追い詰める。

ハルドンはめっちゃ苦しくボディを打たれるたびに身をかがめるがなんとか踏ん張っている。

5ラウンド

三浦は左右ボディを出して完全に押し込んで勝っている。

プレッシャーをかけられるハルドンはボディを受けて明らかに体が曲がる。

振り払うように左右のパンチを返すものの三浦は構わずガンガンくる。

中盤ハルドンはガードの低い三浦に右を当てるが三浦は組みつきながらの左フック、左右フックのコンビネーションで強引に迫って右フックを当てるとハルドンはなぎ倒されるようにダウン!!

厳しいハルドンはよく立ってきたがかなり効いている。

三浦はワンツーから踏み込んでハルドンは左フックをなんとか返す。

6ラウンド

ハルドンは開始早々入り際に左アッパーをもらってダウンしたもののこれはスリップを取られる。

フラフラのハルドンは足元がかなり怪しく気持ち的にも苦しい。

ハルドンは右ストレートを当てて打ち返してきて接近戦でもアッパーを放つ。

三浦はガードの外から左フックを出して左ボディを打ち込む。

頑張り屋さんのソーサはベルチェットにどこまで頑張るかな?ミゲール・ベルチェットvs.ジェイソン・ソーサ予想

7ラウンド

三浦は右ストレートをくぐって左ボディを差し込む。

ハルドンは頭をつけてくるが三浦は左アッパー、フックを当ててハルドンはクリンチ!

ハルドンは間合いを詰められると左アッパーを大きく返して左右フックを振り回す。

三浦は接近戦で左右ボディを打ち込んでさらに返しの左ストレート!ハルドンはかなりダメージが溜まってきた。

そして三浦は残り1分でコンビネーションをまとめるがハルドンはなんとかクリンチ。

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

8ラウンド

ハルドンは最後の力を振り絞って左ボディを思い切り振ってくる。

三浦は頭を振りながら近づいてハルドンは足を使って間合いを取る。

しかし右に合わせて左ストレートを三浦が打ち込んで接近戦で左アッパー、ボディで追い詰める。

三浦は左右ボディを打ち込んでハルドンは良く踏ん張っている。

残り1分で三浦は右アッパーで顔面をのけぞらせて頭をつけて右フックをテンプルに叩き込む。

そして左右ボディを打ち込んでいくとハルドンは自ら崩れ落ちるダウン!しかしこれはなんとなんとスリップの裁定…

ハルドンは鼻血もめちゃくちゃ出ておりマウスピースが出たところで三浦のワンツーをもらう。

9ラウンド

ハルドンはジャブを出してまだなんとか頑張ろうとしている。

三浦は鋭い眼光から前に出て左ストレートを狙って前にくる。

ハルドンは前にくるところに左アッパーを狙う。

そしてラウンド50秒に左右フックからの左フックを当てるとハルドンのマウスピースが飛んで腰砕けに!座り込みそうなハルドンに左右フックをねじ込み崩れ落ちたところでストップ!三浦が素晴らしい試合を見せてくれました!

頬骨砕くってやばすぎやろ…内山高志vs.ロイ・ムクリス

所感

止めてやれよ…

ちょっとこの試合は見ていて心配になりましたね。ハルドンのダメージが危険な水域に来ていたと思いますし8ラウンドには止められててもおかしくなかったと思います。

しかし三浦は試合になると怖い。試合前のインタビューではシャイっぽいのに試合になった時のキラーインスティンクトが半端ではないですねぇ。

三浦が見ていて面白いのはやはり爆発力と野性味あふれるボクシング。このような選手は最近あまりいないし見ていて殴り合いの原点を見せられてる気がしますよね。

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

これは大爆発必至やぞ…ガーボンタ・デービスvs.ユリオルキス・ガンボアの試合をテレビで見る方法は??これまでの経歴も紹介!

adsense
おすすめの記事