adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2020年12月16日にドミニカで行われる予定のWBO世界ミニマム級タイトルマッチ

王者ウィルフレド・メンデスvs.アレクシス・ディアスの一戦を予想します!

メンデスさんパナマにてしっかり勝利・・・ウィルフレド・メンデスvs.ガブリエル・メンドサ

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はメンデスの3度目の防衛戦ですね!

両者の紹介

ウィルフレド・メンデスについて

メンデスは1996年生まれの24歳。プエルトリコのカグアス出身で現在はトルヒロでアルトにお住まいとのことですな。サウスポーのやりにくいタイプです。

ここまでのレコードは16勝6KO1敗。唯一敗れたのはベテランのレイナン・ベナビデスのみでかなりグイグイ前に出てくるベナビデスにスペースを奪われてダウンを喫した末に敗退。WBAフェデラテンタイトル獲得に失敗してますな。

これまでのキャリアでは昨年同じく一度負けただけのアクセル・ベガを判定で下してNABOタイトルを獲得。WBOのランキングを上げて5月に防衛。世界への挑戦を地元で迎えましたな。

そしてビック・サルダールに地元で挑んだ試合では左フックのカウンターでダウンを奪われながらもアウトボクシングを貫いて判定勝ち。世界タイトルの獲得に成功して今回が初防衛戦となりますな。

アラゴンとの試合では優位に進めていたもののダウンさせられてピンチに。しかし負傷判定となり微妙な判定でなんとか切り抜けておりますな。

前回の試合ではパナマへと遠征。ベテランコンテンダーのガブリエル・メンドサをノックアウトしており、世界タイトルマッチで初めてのノックアウトをマークしています。

選手としての特徴はサウスポーの構えからだらりとガードを下げて相手が入ってくるところに思いっきり右フックを叩き込む嫌なタイプ。さらに間合いが詰まると左右フックを振り回すためかなりやりにくいですな。

ただこの選手はガードが低い割には目があまり良くないので被弾が多い。ヘッドスリップでかわそうとするもののパンチをもらうことが多く接近戦でも手が出せずにクリンチすることが多いですな。

凡戦だけどプエルトリコには価値のあるベルト…ビック・サルダールvs.ウィルフレド・メンデス

アレクシス・ディアスについて

ディアスは1987年生まれの33歳。ベネズエラのマチケスの出身で現在もベネズエラを主戦場としてプロのキャリアを進めている珍しい選手ですな。

ここまでのレコードは25勝17KO2敗。2015年に敵地タイにてWBA暫定チャンピオンだったノックアウト・CP・フレッシュマートに挑んでノックアウト負け。元IBFチャンピオンのホセ・アルグメドにもノックアウト負けしてますな。

選手としての特徴はミニマム級としては長身の164センチの身長と172センチのリーチを生かしたアウトボクサー。ロングレンジを得意としていて遠い間合いからワンツートフックを出してきますな。

もちろん弱点は接近戦で、至近距離になるとほとんど手が出せなくなります。しかしメンデスも接近戦が苦手なことからどちらがスピードで勝るかの試合になるかな。

なんで踏み込んじゃったのかな…ウィルフレド・メンデスvs.アクセル・アラゴン

試合予想

今回の予想ですがドローでいきたいと思います!

多分この試合はつまらん試合になる。アウトボクサー同士だし、多分この2人の組み合わせだと噛み合わない。採点の難しい試合になるかな。

イメージはジャーメイン・テイラーとコーリー・スピンクスの試合みたいな感じ。どちらもロングレンジでアウトサイドからのパンチを狙ってくる展開だな。

どちらもカウンターパンチャーに近いし、仕掛けるのもあまりしない。強いて言うならメンデスの方がスピードがあるかなと思うのですがこちらも決め手はない。

パワーならディアスの方が上なんだけどこちらもメンデスをフィニッシュできるとは思えない。ディフェンスとフットワークはメンデスが上だからな。

うん。想像できない。つまらん試合になることはわかるけど結末はなかなか出てこない。ほとんど膠着状態になって終わるのではないかな。メンデスは日本に来てもらいたいけどね。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

メヒコの小さな天才!リカルド・ロペス!

adsense
おすすめの記事