adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は1987年にロサンゼルスで行われたWBC世界スーパーライト級タイトルマッチ

王者レネ・アルレドンドvs.ロジャー・メイウェザーの一戦です!!

偉大な親父が3階級制覇…ロジャー・メイウェザーvs.フリオ・セサール・チャベス2

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はアルレドンドの初防衛戦。ツータイムチャンピオンであるアルレドンドはメキシコのハードパンチャー。浜田剛に初回ノックアウト負けしたもののリマッチでノックアウト仕返してますな。

メイウェザーは元スーパーフェザー級チャンピオンのエリートファイター。ロックリッジにノックアウト負けした後ウィテカーにも判定負けしましたがウィテカーをダウンさせておりまだまだ健在でしたな。

そしてこの試合はメイウェザーが開始からスピードでアルレドンドをリード!アルレドンドも優れたパワーで肉薄したものの6ラウンドに痛烈な右フックをもらうとダウン!追撃で2度ダウンさせられて最後は前のめりになりストップ!メイウェザーが2階級制覇となりました!

それではこの試合を振り返ります!

硬いコンビネーション…ロジャー・メイウェザーvs.ビニー・パジェンサ

試合経過

1ラウンド

アルレドンドは前に出てきてプレッシャーをかける。

メイウェザーはサイドに回ってフットワークが速い。

さらに踏み込んでワンツーを出してきてこれは長い。

アルレドンドは右ストレートを放り込んでくる。

メイウェザーはワンツーからの左フックを放ってめちゃくちゃパンチが切れる。

2ラウンド

メイウェザーはスルスルと下がって右ボディを打ち込む。

さらに右オーバーハンドをボディに出して間合いが長い。

アルレドンドはジャブを返してワンツーを打ち返す。

メイウェザーはジャブを動き出しに当てて緊迫感のある試合。

さらに踏み込んで長い右を当てて顔を軽く弾く。

左の剛腕を持つ狼男…レジス・プログレイス!

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

3ラウンド

メイウェザーはジャブをボディに当てて下がる。

そして右クロスを放ってきてハンドスピードがある。

アルレドンドは左右フックを振り回してメイウェザーはダッキング。

メイウェザーはジャブをついてきてワンツーをボディへ。

アルレドンドはスピード負けで手が出せない。

4ラウンド

アルレドンドはプレッシャーをかけたいが前に来れない。

メイウェザーはカウンターをちらつかせてスルスル下がる。

そして前に来られるとジャブを狙ってくるいやらしいボクシング。

そしてボディに遠い間合いからコツコツパンチを当てる。

アルレドンドは足が遅くてメイウェザーに追いつけない。

激戦のメイウェザー…ロジャー・メイウェザーvs.ハロルド・ブレージャー

5ラウンド

アルレドンドはじりじり前に出てきて右ストレートを狙う。

メイウェザーは入り際に右アッパーを狙ってくる。

そしてサイドに回って動き出しにコツンとジャブを当てる。

メイウェザーはジャブをロングで出して出てくる。

アルレドンドのジャブは読まれており、スウェーされる。

6ラウンド

メイウェザーはワンツーをボディにコネクトしてくる。

アルレドンドはプレッシャーをかけて巻き返しに来る。

メイウェザーはクリンチしながら右アッパーを打ち込む。

そしてアルレドンドが前にきたところにメイウェザーは右フックのカウンター!アルレドンドは顎が跳ね上がってダウン!

よく立ってきたがかなりふらついており右ストレートをもらって膝から後方にダウン!

メイウェザーは右ストレートをトリプルで打ち下ろすとアルレドンドは前のめりにダウン!関係者が駆け寄る強烈なノックアウトでメイウェザーが2階級制覇しました!

メイウェザーの超絶カウンター炸裂!! フロイド・メイウェザー・ジュニアvs.リッキー・ハットン

所感

ブラックやなぁ…

メイウェザーの叔父なんですけど、やはりセンスは一族なんだろうな。ロジャーの場合は少し規律がなかったけどセンスとスピードはすごい。

アルレドンドはかなりパワーはあるけどもスピードと反応が違うかったな。メイウェザーは打たれて弱いけど反射神経はかなり優れてますからね。

しっかし最後のカウンターは強烈だった。初めのダウンでストップされるべきだったと思うし最後のダウンは間違いなく余計だったなぁ。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

ハバナのキッド・ブラスト!ランセス・バルテレミー!

adsense
おすすめの記事