adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2013年ブエノスアイレスで行われたWBC世界ミドル級タイトルマッチ

王者セルヒオ・マルティネスvs.マーティン・マレーの一戦です!

オールイングリッシュなのに防御型2人かよ…ビリー・ジョー・サンダースvs.マーティン・マレー予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はマルティネスの初防衛戦。アルゼンチンのレジェンドであるマルティネスはダイヤモンド王者からフリオ・セサール・チャベス・ジュニアを下して正規チャンピオンに復帰してきたベテランですな。

マレーはWBA暫定チャンピオンでタイトルを捨ててマルティネスに挑んできた無敗のイングランドのファイター。ディフェンスに優れたファイターで敵地ドイツにてシュトルムと引き分けておりますな。

そしてこの試合は開始からマルティネスが踊るようなステップワークでマレーを幻惑してリード!しかしマレーは中盤以降プレッシャーを強めてマルティネスは失速!8ラウンドにはダウンさせられる苦闘の末マルティネスが僅差判定で切り抜けました!

それではこの試合を振り返ります!

哀しみのマルティネス。膝がダメだったな…セルヒオ・マルティネスvs.ミゲール・コット

試合経過

1ラウンド

マルティネスはサウスポースタンスで左回りしてくるを

そしてサイドに回ってジャブをコツコツついてくる。

マレーはガードを高く上げるもののワンツーをボディに打たれる。

マルティネスは早くも両ガードを下げてきて自信満々。

マレーは出てくるところにワンツーを伸ばしてくる。

2ラウンド

マルティネスは左ストレートを出してガードに当てる。

そしてジャブをついてきてマレーもジャブをコツンと当てる。

マルティネスは動き回ってワンツーをボディに打ち込む。

そしてジャブを外してジャブをガードの上に当ててワンツーを打ち込む!

マレーはしっかりガードしてるが攻め手にはかける。

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

3ラウンド

マレーはジャブをついてガードをガッチリと固める。

マルティネスは左ストレートをボディに伸ばしてスピードはやはり凄い。

そして出てきたところに右フックを狙ってくる。

マルティネスはガードを下げてとても変則的な構え。

そして左ストレートをついてきてマレーはボディを返す。

波打つプエルトリコのコンビネーションパンチャー ミゲール・コット

4ラウンド

マルティネスはガードの外からのフックを打ち込んでくる。

そしてガードの上にワンツーを打ち込んでサイドへ。

マレーはプレッシャーをかけてきてインサイドでフックを打ち下ろす。

しかしマレーはローブローを放ってしまい、アクションは中断!

マルティネスは再開するとジャブをついて下がり、出てきたところに左クロスを合わせる!

5ラウンド

マルティネスはサイドに回ってワンツーをガードに打つ。

マレーはプレッシャーを強めてきて接近してくる。

しかしガードの隙間からの左がきて、マルティネス右ストレートをスウェーで外す。

マルティネスは踊ろようなステップワークでガードの上からフックを打つ。

しかしマレーは右を打ち込んで結構当たっている。

6ラウンド

マルティネスはジャブをついてすぐにサイドへ。

マレーは動き出しにジャブをついてきてこれがよく当たる!

そして前に来るとワンツーを打ち込んでクリンチしてくる。

マルティネスはやりにくそうで、少し元気がなくなる。

マレーはワンツーに相打ち覚悟でワンツーを合わせる。

イギリス人対決はヒートアップ…ジョージ・グローブスvs.マーティン・マレー

7ラウンド

マルティネスは左クロスを打ち込んでガードに当てる。

そしてすぐにサイドに回って動きはとても捉えにくい。

マレーは前に来るものの左ボディをカウンターで被弾。

中盤2人は偶然のバッティングで頭が当たってマルティネスの右目上がカット!流血する。

マルティネスはワンツーをガードの上に当てて振り回してくる。

8ラウンド

マルティネスはガードの上にジャブを当ててサイドへ。

そしてガードの下からアッパーを狙ってすぐに下がる。

マレーは前に出てきて前に来るとボディを打ち込む。

そして中盤に右クロスを当てるとマルティネスは後方にダウン!

マルティネスは手を出して難を逃れるがリズムは崩れている。

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

9ラウンド

マルティネスはガードの上にワンツーを当てて間合いをキープ。

そしてバッティングをアピールしてスタンスを広く取る。

マレーは踏み込んでのワンツーを放り込んでくる。

さらに前に出てくると左ボディを差し込んでくる。

マルティネスはジャブをついてくるが余裕は消えている。

ウィリアムスさんワンバウンド…セルヒオ・マルティネスvs.ポール・ウィリアムス

10ラウンド

マルティネスはサイドに回って出てくるところにアッパーを狙う。

しかしマレーは左右ボディを打ち込んで頭も当ててくる。

そしてプレッシャーをかけてきてショートの右で顔を軽く弾く!

マルティネスは目に見えて押し込まれて押し倒される。

これはスリップとされるもののすぐに右を被弾してしまう。

11ラウンド

マルティネスは左ストレートをガードに当てて下がる。

そしてワンツーを当てて押し返して前に出てくる。

マレーは前に来られると下がって、この辺りは弱気。

マルティネスはワンツーをボディに打ち込んで巻き返してくる。

そして打ち終わりにジャブを返してここに来て持ち直す。

12ラウンド

マルティネスはジャブをついてきてサイドに回る。

しかしマレーは右クロスを返してマルティネスはバテている!

マレーはマルティネスのジャブにワンツーをかぶせる。

マルティネスは前に来られるとクリンチして苦しい。

ステップワークは健在だが動くところに右をもらう。

判定は3人ともに115-112でマルティネス!

ちなみに僕は114-113でマルティネスでした!

ジンジルクさんマラビジャに歯が立たず セルヒオ・マルティネスvs.セルゲイ・ジンジルク

所感

終焉やね…

この試合を見た時にマルティネスの衰えはよくわかりましたね。とにかく後半のバテ方と集中力の欠如が凄くて、カウンターの右をよくもらうようになった。

これではワールドクラスの中でもトップとは言えなくなるし、この試合の後にコットにけちょんけちょんにやられてしまったこともよくわかるよね。

まぁこんなに良い選手は遅咲きなのがもったいなかった。この時すでにアラフォーなわけだし、もっと活躍してほしい選手ではあったんだけどね。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

スーパースリックなサウスポー!ビリー・ジョー・サンダース!

adsense
おすすめの記事