adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2020年2月29日にテキサス州で行われる予定のWBC世界フライ級タイトルマッチ

王者フリオ・セサール・マルティネスvs.ジェイ・ハリスの一戦を予想します!

自適やなぁ…アーテム・ダラキアンvs.ジョスベル・ペレス予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はマルティネスの初防衛戦ですね!

両者の紹介

フリオ・セサール・マルティネスについて

マルティネスは1995年生まれの25歳。メキシコのメキシコシティ出身でセルヒオ・マルティネスとフリオ・セサール・チャベスを足して二で割ったような名前ですね笑笑。

ここまでの戦績は15勝12KO1敗。フライ級ではかねてからかなり評価の高い選手として有名でトレーナーにはカネロ・アルバレスとオスカー・バルデスを指導しているエディ・レイソノが付いていますな。

ここまでのキャリアでは地域タイトルの獲得はありません。しかし敗れた試合はデビュー戦のみでこの試合までノーコンテストを挟んで9連続KO勝利中と勢いではかなりありますな。

世界タイトル前の試合では元IBFフェザー級王者のリー・セルビーの弟であるアンドリュー・セルビーとWBC指名挑戦者決定戦に出場。メキシコで迎えたこの試合でリードされていたものの5ラウンドに強烈な左ボディ一発でセルビーを沈めましたな。

そして8月にロマチェンコとキャンベルの試合のアンダーカードでWBC王者のチャーリー・エドワーズに挑戦。ボディ攻撃でエドワーズをダウンさせたもののダウン後の攻撃でノーコンテストになってしまいましたな。

その後エドワーズがタイトルを返上して元チャンピオンのクリストファー・ロサレスの決定戦。的確なパンチを当ててブレークダウンして9ラウンドストップ。見事にタイトルを獲得しましたな。

選手としての特徴はガードを高く上げて前進して間合いが詰まると思いっきりワンツーを打ち込んでくる強打者。相手を追いかけ回してボディにもスイングしてきますな。

ただ追い足はあまりないです。セルビーはアウトボクサーながらあまり足が使えないタイプだったので打ち終わりに捕まえられたですな。ハリスは前に出てくるので間合いを押し込めるかどうかの試合になるかな。

これは長期政権になりそうやぞ…クリストファー・ロサレスvs.フリオ・セサール・マルティネス

ジェイ・ハリスについて

ハリスは1990年生まれの29歳。イギリスのウェールズ出身のアマチュアトップファイターとして有名でイングランドを主戦場に試合をしておりますな。

ここまでのレコードは17勝9KO無敗。ランキングをコツコツと上げてきている選手で今回が初めての世界タイトルマッチとなりますね。無難にキャリアを進めています。

キャリアの中ではコモンウェルスタイトル、IBFインターコンチネンタルタイトル、ヨーロピアンタイトルを獲得。ノックアウトパンチャーではないものの判定で勝つのは上手いですね。

WBCチャンピオンのチャーリー・エドワーズに挑んだアンヘル・モレノを判定で下しており、前回の試合ではオリンピック銅メダリストのパディ・バーンズをボディでノックアウトするなどボディ打ちを得意としておりますな。

選手としての特徴はガードを高く上げて中間距離からワンツー、左ボディを叩きつけてくる選手。ワンパターンな攻撃が多いものの右はかなり力任せに振ってくるので破壊力はあります。

マルティネスよりも間合いが長いのでおそらくはハリスがリングを回ることになる。マルティネスのプレッシャーから逃げられるスタミナとディフェンスをより向上させる必要があるかな。

本当にお疲れ様…モルティ・ムザラネvs.八重樫東

試合予想

今回の予想ですがマルティネスの10ラウンドKO勝ちでいきたいと思います!

多分この試合はマルティネスも苦戦することになる。マルティネスはリーチが短いし足が使えてリーチが長く、当て逃げしてくる相手には苦戦する傾向にあるからな。

それが顕著に出たのはアンドリュー・セルビー戦。セルビーの間合いに四苦八苦していたものの1発のパワーと打ち出しに必ずパンチを合わせる怖さを見せて最後は一撃で決めましたな。

マルティネスがやるべきことは相打ちでもいいからとにかく顔面、ボディにパンチを当てること。そうすればロサレスとの試合のようにプレッシャーをかけて押し込めると思いますね。

ハリスがやらないといけないのはサイドへの動き。マルティネス相手にはあっては離れての当て逃げ作戦が機能する。でもまっすぐ下がると追いつかれるから頭を使って逃げないといけない。

マルティネスの方がパワーに勝るし、最終的にはブレークダウンしてストップすると思います。中盤以降マルティネスがプレッシャーを強めて右クロス、ジャブ、ボディで削ってストップかな。

しかしハーンもかなりいやらしいマッチメイクをする笑笑。マルティネスの敵なのか味方なのかよくわからないけど、マルティネスにとって相性の良い相手とやらせるつもりはないのかな笑。

マルティネスはまだまだ駆け出しだから仕方ないけどこのような苦しくなる試合を乗り越えてチャンピオンとして強くなって欲しいな。できればアンヘル・アコスタとの試合をやってもらいたい。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ラフなだけではないメキシカンファイター!フリオ・セサール・マルティネス!

adsense
おすすめの記事