adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2020年2月29日テキサス州で行われたWBC世界フライ級タイトルマッチ

王者フリオ・セサール・マルティネスvs.ジェイ・ハリスの一戦です!!

いきなりしんどい相手やん…フリオ・セサール・マルティネスvs.ジェイ・ハリス予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はマルティネスの初防衛戦。前の試合でアリゾナ州にて元チャンピオンのクリストファー・ロサレスとの打ち合いを制したマルティネスさん。かなり勢いに乗っており怖いパンチャーですな。

ハリスはここまで無敗のヨーロッパチャンピオン。オリンピック銅メダリストのパディ・バーンズをノックアウトしており、元世界タイトルチャレンジャーのアンヘル・モレノも下しておりますな。

そしてこの試合はハリスが開始から間合いを取ってマルティネスがプレッシャーをかける展開に!マルティネスは終始パワーで圧倒して10ラウンドにボディでダウンさせるもののハリスも長いワンツーのフットワークを駆使して対抗。マルティネスが判定での初防衛に成功しました!

それではこの試合を振り返ります!

これは長期政権になりそうやぞ…クリストファー・ロサレスvs.フリオ・セサール・マルティネス

試合経過

1ラウンド

ハリスは間合いを取りジャブを飛ばして当て逃げ作戦。

マルティネスはプレッシャーを少しかけて左フックをスイングで出す。

ハリスは動き出しにジャブを当ててマルティネスは入り際にアッパーを狙う。

そして左ボディから顔面にコンビネーション、右ストレートでハリスは少しバランスを崩す。

ハリスはジャブをついて回るが早くも顔面が赤く腫れている。

マルティネスはアッパーを混ぜたコンビネーションを出してハリスは鼻血を出す。

ハリスは打ち終わりに左フックを出すがかなりハイペースな打ち合いとなる。

2ラウンド

マルティネスは左フックをガードに当ててパワーで押し込みにくる。

ハリスはワンツーをボディに当ててジャブを伸ばす。

マルティネスはロープに詰めると組みついてのアッパーを振る。

そして左ボディ、アッパーでワイルドなパンチを出して右アッパーでハリスは後方に下がる!

ハリスはワンツーを返すもののマルティネスはまぁ止まらない。

マルティネスは右フックを浅く当ててこれはかなり危険なパンチを振る。

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

3ラウンド

ハリスはサイドに回ってジャブをついて下がる。

しかし顔面がかなり腫れてきておりめちゃくちゃ苦しい。

ハリスは少し開き直ったようでコンビネーションをガードでも当てて打ち合いを挑む。

マルティネスは左フックを打ち込んでより重いパンチを返す。

ハリスは間合いを取りガードの上にワンツーを当てて来る。

マルティネスは左右ボディを当てるとハリスは少し嫌がる。

ラフなだけではないメキシカンファイター!フリオ・セサール・マルティネス!

4ラウンド

マルティネスはプレッシャーをかけてガードを高く上げる。

そしてガードの上に左右フックをあてて構わず手を出して来る。

ハリスの打ち終わりにアッパーを合わせてそこから左右ボディをつなげる。

ハリスはコンビネーションを出してそのままサイドに逃げる。

相打ちのジャブを当てるマルティネスは入り際にコンビネーションを狙う。

そしてインサイドでアッパーをコネクトして着実にダメージを与える。

ハリスは左目尻もカットして流血するなどかなりしんどい。

5ラウンド

マルティネスは打ち終わりにアッパーを返して被弾を気にしない。

ワンツーで踏み込まれるとワンツーを返してジャブで踏み込む。

ハリスはそれなりにうまいものの右ストレートを被弾して苦笑い。

そして左右フックをガードに当てられてマルティネスは踏み込みが速い。

ハリスは右ストレートを返してこれも当たるがマルティネスは怯まない。

6ラウンド

マルティネスはジャブをついてプレッシャーをかけて来る。

ハリスはしぶとく足を使ってフットワークはなかなか良い。

マルティネスはスイッチしてまたすぐにオーソドックスに戻す。

マルティネスはジャブをブロックして左右ボディを返す。

ハリスは右クロスを返すもののマルティネスは本当に効いてない。

中谷さん世界へ…中谷潤人vs.ギエメル・マグラモ予想

7ラウンド

マルティネスはサウスポーできて左フックで踏み込む。

さらにコンビネーションの左右フックを放つ。

そしてハリスのジャブに合わせた右をクリーンヒット!ハリスはふらつく!

マルティネスはロープに追い込んでコンビネーションを見せストップを狙う。

ハリスは左フックを返すがジャブを被弾してしまう。

8ラウンド

マルティネスはジャブを出して右クロスを放りこむ。

さらに左右ボディをコネクトしてコンビネーションを放つ。

ハリスは左フックをカウンターで返してガッツはある。

マルティネスはボディから飛び込んでコンビネーションを出す。

そして大きな左を出して追いかけてハリスもジャブを返す。

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

9ラウンド

ハリスはジャブをついて下がってなんとか間合いを取る。

マルティネスはコンビネーションの左右フックを出してくる。

ハリスはワンツーを伸ばしてリーチの差を生かしたい。

マルティネスはジャブを飛ばして顔面を弾いてくる。

ハリスは鼻血をまた出してしまい右ストレートを被弾する。

そしてマルティネスは左フックからのコンビネーションでふらつかせるがハリスもクリンチでしのぐ!

本当にお疲れ様…モルティ・ムザラネvs.八重樫東

10ラウンド

左目がかなり腫れているハリスは左ボディを被弾してダウン!

よく立ってきたがマルティネスは左フックを出してプレッシャーをかける。

しかしハリスもワンツー、左フックを返して対抗。

マルティネスの動き出しに左フックを当てるもののハリスはガードを下げてボディを嫌がる。

ハリスはコンビネーションでボディを返してめちゃくちゃ頑張る。

11ラウンド

ハリスは下がるものの左目のまぶたがめちゃくちゃ腫れている。

マルティネスは左フックを浅く当ててハンドスピードが速い。

マルティネスは優位を確信してるのかそこまで出てこない。

ハリスはワンツーとジャブをついてマルティネスはボディを狙う。

マルティネスは左ボディをリードに使うがハリスは懸命にガード。

12ラウンド

2人はグローブを合わせてかなりリスペクト溢れる試合。

ハリスはジャブをついてなんとかしようと試みている。

マルティネスはスタスタと歩いてきて決して足は速くない。

しかし被弾を覚悟でワンツーを打ち終わりに返してくる。

ハリスは射程圏内に入るととにかく手を出して頑張り抜いて試合は終わる。

判定は118-109.115-112.116-111でマルティネス!

ちなみに僕は119-108でマルティネスでした!

マイペースなチャンピオン…アーテム・ダラキアンvs.ジョスベール・ペレス

所感

タフやったな…

ハリスとの試合はやはりタフだった。この試合はマルティネスの勝ちで問題ないと思うけどハリスのガッツがかなり映える形だったのではないかな。

マルティネスは回転力も高いけどやはり打ち合ってナンボ。ハリスのように間合いを取る相手との相性はよくないししんどい試合になりましたな。

試合間隔の短さもあると思うけどマルティネスはこんなものではない。ハマったときの強さはこんなもんじゃないし、まだ爆発的な試合が見たいな。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

アジアに降り立つ攻防分離のロードウォーリアー!モルティ・ムザラネ!

adsense
おすすめの記事